Rchr
J-GLOBAL ID:201401015601638059   Update date: Oct. 24, 2023

Tsuchiya Yoshio

Tsuchiya Yoshio
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://y-tsuchiya7.wixsite.com/kseigyo
Research field  (4): Robotics and intelligent systems ,  Measurement engineering ,  Mechanics and mechatronics ,  Biomedical engineering
Research keywords  (5): Biomechanics ,  ロボット ,  軽労化 ,  人体計測 ,  matching of dot cloud data
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2022 - 2023 非侵襲的ウェアラブル心身的負担計測システム
  • 2021 - 2022 腰部負担可視化デバイスによる作業負担評価システムの開発
  • 2019 - 2021 Elucidation of low back pain factor by visualization of work load using new non-invasive measurement technology
  • 2016 - 2018 内部情報推定に基づく新たな非侵襲的計測技術と装着型装置による腰部負荷推定法の開発
Papers (17):
  • 田中 吉史, 田中 孝之, 土谷 圭央. 「軽労化」の深耕 : 作業員の身体能力評価と安全意識改革、および労災リスク調査. 建設機械 / 建設機械編集委員会 編. 2023. 59. 6. 51-60
  • 田中 吉史, 土谷 圭央. スマートスーツ採用による「軽労化」の深耕 : 作業員の身体能力評価と安全意識改革及び労災リスク調査-特集 安全対策・労働災害防止. 建設機械施工 = Journal of JCMA : 一般社団法人日本建設機械施工協会誌. 2022. 74. 9. 93-100
  • Michihiro Yoshida, Takayuki Tanaka, Yoshio Tsuchiya. Modeling Joint Stiffness Change by Pelvic Tightening Based on Pelvic Alignment. Biomechanics. 2022. 2. 2. 264-280
  • Mikami Hayato, Tsuchiya Yoshio, Tanaka Takayuki, Wada Chikamune. Selection and Evaluation of Appropriate Assist Force for Standing and Sitting Motion Assist Devices Using Residual Function. The Japanese Journal of the Institute of Industrial Applications Engineers. 2022. 10. 2. 82-89
  • 土谷圭央, 岸村厚志, 日下聖, 田中孝之. Wearable lumbar load estimation system and its visualizing application for long-term care industry. 地域ケアリング. 2022. 24. 9
more...
Patents (4):
Books (1):
  • 生体データ活用の最前線~スマートセンシングによる生体情報計測とその応用~
    サイエンス&テクノロジー株式会社 2017
Lectures and oral presentations  (69):
  • ウェアラブルデバイスを用いたアシストスーツ事前評価方法の提案
    (第23回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 2022)
  • スマートスーツ®採用による「軽労化®」の深耕-作業員の身体能力評価と安全意識改革及び労災リスク調査-
    (第20回建設ロボットシンポジウム 2022)
  • スマートスーツ®採用による「軽労化®」の深耕(その3)建設作業員の身体能力評価と安全意識改革及び労災リスク調査
    (2022年度日本建築学会大会学術講演会 2022)
  • スマートスーツ®採用による「軽労化®」の深耕(その2)建設作業員の身体能力評価と安全意識改革及び労災リスク調査
    (2022年度日本建築学会大会学術講演会 2022)
  • スマートスーツ®採用による「軽労化®」の深耕(その1)建設作業員の身体能力評価と安全意識改革及び労災リスク調査
    (2022年度日本建築学会大会学術講演会 2022)
more...
Education (3):
  • 2013 - 2018 Hokkaido University Graduate School of Information Science and Technology Division of Systems Science and Informatics
  • 2011 - 2013 Muroran Institute of Technology
  • - 2011 National Institute of Technology, Asahikawa College
Professional career (1):
  • 博士(情報科学) (北海道大学)
Awards (8):
  • 2023/02 - 産業応用工学会 論文賞 残存機能を活用した立ち座り動作支援機器における適正アシスト力の選定と評価
  • 2022/12 - 計測自動制御学会システムインテグレーション部門 SICE SI2022 優秀講演賞 ウェアラブルデバイスを用いたアシストスーツ事前評価方法の提案
  • 2021/12 - 計測自動制御学会システムインテグレーション部門 SICE SI2021 優秀講演賞 ねじりばねを用いた歩行アシスト装置による足趾離地への影響について
  • 2021/11 - 日本再生医療とリハビリテーション学会 JSRMR2021最優秀賞 ”着るレントゲン”センサースーツと骨盤ベルト型アシストスーツのアクティブコルセット
  • 2020/12 - 計測自動制御学会システムインテグレーション部門 SI部門研究奨励賞 X線画像解析に基づく腰部締付力による人体腰部の関節剛性変化のモデル化
Show all
Association Membership(s) (3):
THE JAPAN SOCIETY FOR PRECISION ENGINEERING ,  THE SOCIETY OF INSTRUMENT AND CONTROL ENGINEERS ,  THE JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page