Rchr
J-GLOBAL ID:201401017429340070   Update date: Aug. 10, 2021

Hirohata Kenji

ヒロハタ ケンジ | Hirohata Kenji
Affiliation and department:
Job title: 理学療法士技師長
Homepage URL  (1): http://www.tmd.ac.jp/med/spt/index.html
Research field  (2): Rehabilitation science ,  Sports science
Research keywords  (4): スポーツ科学 ,  スポーツ理学療法 ,  スポーツ医学 ,  理学療法学
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2020 - 2023 膝ACL再建術後選手の競技復帰基準となる新たな跳躍能力指標の標準化に向けた研究
  • 2020 - 2021 国内学生・社会人アスリートにおける片脚ジャンプ能力の基準データ構築に関する研究
  • 2017 - 2020 片脚ジャンプ着地中の運動力学的変数の非対称性に着目した膝損傷予防動作指導の開発
  • 2019 - 2020 前十字靭帯再建術後アスリートのスポーツ復帰の可否に影響する体組成特性
  • 2017 - 2019 膝ACL再建術後アスリートの片脚ホッピング動作能力に関する調査的研究
Show all
Papers (38):
  • Kenji Hirohata, Junya Aizawa, Takehiro Ohmi, Shunsuke Ohji, Kazuyoshi Yagishita. Characteristics of ground reaction force and frontal body movement during failed trials of single-leg lateral drop jump-landing task. Asia-Pacific Journal of Sports Medicine, Arthroscopy, Rehabilitation and Technology. 2021. 26. 8-14
  • Shunsuke Ohji, Junya Aizawa, Kenji Hirohata, Takehiro Ohmi, Sho Mitomo, Hideyuki Koga, Kazuyoshi Yagishita. Injury-related fear in athletes returning to sports after anterior cruciate ligament reconstruction - A quantitative content analysis of an open-ended questionnaire. Asia-Pacific journal of sports medicine, arthroscopy, rehabilitation and technology. 2021. 25. 1-7
  • Shunsuke Ohji, Junya Aizawa, Kenji Hirohata, Takehiro Ohmi, Sho Mitomo, Hideyuki Koga, Kazuyoshi Yagishita. The psychological readiness to return to sports of patients with anterior cruciate ligament reconstruction preoperatively and 6 months postoperatively. Physical therapy in sport : official journal of the Association of Chartered Physiotherapists in Sports Medicine. 2021. 50. 114-120
  • Junya Aizawa, Kenji Hirohata, Shunsuke Ohji, Takehiro Ohmi, Sho Mitomo, Hideyuki Koga, Kazuyoshi Yagishita. Correlations between isokinetic knee torques and single-leg hop distances in three directions in patients after ACL reconstruction. BMC sports science, medicine & rehabilitation. 2021. 13. 1. 38-38
  • Shunsuke Ohji, Junya Aizawa, Kenji Hirohata, Sho Mitomo, Takehiro Ohmi, Tetsuya Jinno, Hideyuki Koga, Kazuyoshi Yagishita. Athletic identity and sport commitment in athletes after anterior cruciate ligament reconstruction who have returned to sports at their pre-injury level of competition. BMC sports science, medicine & rehabilitation. 2021. 13. 1. 37-37
more...
MISC (5):
Books (11):
  • 運動器スポーツ外傷・障害の保存療法 下肢
    南江堂 2020 ISBN:9784524246397
  • 疾患別整形外科理学療法ベストガイド 下肢編
    中外医学社 2018 ISBN:449808330X
  • 内部障害に対する運動療法-基礎から臨床実践まで
    メジカルビュー社 2018 ISBN:4758319294
  • DVD. 膝ACL再建術前後の実践的アスレティックリハビリテーション ~受傷後・周術期の管理からスポーツ復帰までの段階的な理学療法と特異的トレーニング~
    ジャパンライム 2018
  • そのとき理学療法士はこう考える
    医学書院 2017 ISBN:4260030043
more...
Lectures and oral presentations  (43):
  • Correlation between reactive strength index during single-limb vertical continuous hopping and knee extensor maximal strength following anterior cruciate ligament reconstruction
    (2020)
  • ACL再建術後選手と健常選手における片脚垂直連続ホッピング中の反応筋力指数の非対称性 ~片脚ホップテストとの比較を含めた分析~
    (第6回スポーツ理学療法学会学術大会 2019)
  • 足関節の可動性低下・筋機能不全に対する理学療法
    (青森県理学療法士会西北五支部特別研修会 2019)
  • 膝スポーツ傷害後の再受傷予防と競技復帰に向けた応急管理と術前後アスレティックリハビリテーションの実践的技術
    (日本理学療法士協会 平成31年度理学療法士講習会 2019)
  • 膝スポーツ傷害後の再受傷予防と競技復帰に向けた応急管理と術前後アスレティックリハビリテーションの実践的技術
    (日本理学療法士協会 平成30年度理学療法士講習会 2019)
more...
Education (4):
  • 2018 - 現在 東京医科歯科大学大学院 医歯学研究科博士課程 医歯薬専攻
  • 2013 - 2015 University of Tsukuba
  • 2003 - 2007 Tokyo Metropolitan University of Health Sciences School of Physical Therapy
  • 1998 - 2001 滋賀県立長浜北高等学校 普通科
Work history (5):
  • 2020/04 - 現在 Tokyo Medical and Dental University
  • 2014/09 - 現在 Tokyo Medical and Dental University
  • 2010/03 - 2014/09 苑田会人工関節センター病院 リハビリテーション科 理学療法士
  • 2008/12 - 2010/02 竹の塚脳神経リハビリテーション病院 リハビリテーション科 理学療法士
  • 2007/04 - 2008/12 苑田第二病院 リハビリテーション科 理学療法士
Committee career (3):
  • 2021/04 - 現在 一般社団法人 日本スポーツ理学療法学会 評議員
  • 2018/06 - 現在 NECレッドロケッツ 理学療法士(非常勤)
  • 2019/04 - 2019/12 日本スポーツ理学療法学会 第6回学術大会準備委員
Awards (3):
  • 2020/05 - 第7回日本運動器理学療法学会学術大会 大会長賞 脊椎変性疾患術後患者における日本語版Lumbar Stiffness Disability Index の反応性
  • 2019/12 - 第6回日本スポーツ理学療法学会 学術大会長賞 ACL再建術後選手と健常選手における片脚垂直連続ホッピング中の反応筋力指数の非対称性
  • 2019/12 - 第31回(令和元年度)PTジャーナル 奨励賞 人工関節置換術後患者における日本語版Forgotten joint scoreの再現性と妥当性
Association Membership(s) (10):
International Association for Dance Medicine & Science ,  National Strengh and Conditioning Association ,  THE JAPANESE ORTHOPAEDIC SOCIETY FOR SPORTS MEDICINE ,  JAPANESE ORTHOPAEDIC SOCIETY OF KNEE, ARTHROSCOPY AND SPORTS MEDICINE ,  日本予防理学療法学会 ,  日本運動器理学療法学会 ,  日本スポーツ理学療法学会 ,  JAPANESE PHYSICAL THERAPY ASSOCIATION ,  JAPANESE SOCIETY OF CLINICAL SPORTS MEDICINE ,  日本理学療法士協会 産業理学療法部門
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page