Rchr
J-GLOBAL ID:201401017796747941   Update date: Nov. 15, 2017

Kogirima Atsushi

コギリマ アツシ | Kogirima Atsushi
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/60594869.ja.html
Research field  (1): Education - general
Research keywords  (13): サポート校 ,  フリースペース ,  フリースクール ,  PIAAC ,  監事監査 ,  内部監査 ,  compitency ,  skills ,  外国人学校 ,  代案学校 ,  就学義務 ,  学校外教育施設 ,  韓国
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2012 - 2015 韓国・米国の最新動向を踏まえた学校外教育施設の制度設計試論
Papers (6):
  • 小桐間徳. 学校外教育施設の特徴を踏まえた評価の視点 -フリースクール等に関する全国調査の結果を踏まえて-. スクール・コンプライアンス研究. 2016. 4. 46-56
  • 小桐間徳. 外国籍の子供の教育を受ける権利と千葉における実践研究の成果. 外国人児童生徒の教育等に関する国際比較研究報告書. 2015. 43-54
  • 小桐間徳. 大学を設置する学校法人における監事監査及び内部監査の機能強化に向けた試案. スクール・コンプライアンス研究. 2015. 3. 68-77
  • Atsushi Kogirima. Social Outcomes Characteristics of Japan and Other Countries as Indicated by the PIAAC Results. NIER Research Bulletin. 2014. 143. 73-86
  • 小桐間徳. インターネット情報のリテラシーと学習ニーズ. 生涯学習の学習需要の実態とその長期的変化に関する調査研究. 2013. 219-233
more...
MISC (4):
  • 小桐間徳. PISA2012調査国際結果 ~日本の生徒の学力は着実に向上している~. 中等教育資料. 2014. 936. 14-17
  • Atsushi Kogirima. The trend in the system of international schools in South Korea and its implication for Japan. NIER Research Bulletin. 2014. 143. 239-248
  • 小桐間徳. OECD国際成人力調査(PIAAC)の調査結果 ~日本及びOECD諸国の成人スキルの現状~. 文部科学広報. 2014. 170. 19-28
  • 小桐間徳. OECD国際成人力調査(PIAAC)の調査結果が示すもの. 社会教育. 2013. 809
Books (5):
  • 保育者・小学校教員のための教育制度論-この1冊で基礎から学ぶ (JSCP双書No.3)
    教育開発研究所 2017 ISBN:4873804760
  • 生徒指導とスクール・コンプライアンス-法律・判例を理解し実践に活かす
    学事出版 2015 ISBN:4761921706
  • PISA2012年問題解決能力調査 -国際結果の概要-
    国立教育政策研究所 2014
  • 成人スキルの国際比較 -OECD国際成人力調査(PIAAC)報告書-
    明石書店 2013 ISBN:4750339016
  • 教育改革の動向と学校図書館
    八千代出版 2012 ISBN:4842915706
Lectures and oral presentations  (2):
  • 学校外教育の位置付け -就学義務との関係を中心に-
    (日本スクール・コンプライアンス学会公開シンポジウム 2015)
  • 国際学力調査から見えるもの -PIAACを中心に-
    (日本スクール・コンプライアンス学会第2回大会 2014)
Work history (5):
  • 2014/04 - 現在 National Institute for Educational Policy Research
  • 2014/04 - 現在 Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University
  • 2012/10 - 2014/03 National Institute for Educational Policy Research of Japan Department of International Education and Cooperation
  • 2010/07 - 2012/09 National Institute for Educational Policy Research National Institute for Educational Policy Research
  • 1992/04 - 2010/07 Ministry of Education,Culture,Sports,Science and Technology
Association Membership(s) (1):
日本スクール・コンプライアンス学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page