Rchr
J-GLOBAL ID:201401026996801427   Update date: Apr. 22, 2021

Kuramoto Ryosuke

クラモト リョウスケ | Kuramoto Ryosuke
Affiliation and department:
Research field  (1): Cultural anthropology and folklore
Research keywords  (5): 東南アジア ,  宗教 ,  ミャンマー ,  仏教 ,  文化人類学
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2018 - 2022 宗教組織の経営プロセスについての文化人類学的研究
  • 2016 - 2020 東南アジア大陸部宗教研究の新パラダイムの構築
  • 2015 - 2018 宗教組織の経営についての比較民族誌的研究
  • 2014 - 2018 <宗教=社会複合マッピング>からよむ大陸部東南アジア仏教徒社会の動態と変容
  • 2014 - 2016 都市誌の可能性を探る:ヤンゴン、バンコク、コロンボを事例とした総合的地域研究の模索と比較の試み
Show all
Papers (18):
  • 藏本 龍介. 「善行」が想像/創造する組織:ミャンマーのダバワ瞑想センターを事例として. 文化人類学. 2021. 85. 4. 730-749
  • 藏本 龍介. 序(特集:社会を想像/創造する贈与:インド系宗教の現代的展開から). 文化人類学. 2021. 85. 4. 659-671
  • 藏本 龍介. 組織の人類学に向けて. 南山大学人類学研究所 研究論集. 2019. 6. 1-19
  • KURAMOTO, Ryosuke. Monks’ Lives Shaped by Food: A Case Study in Myanmar. Religious Studies in Japan. 2018. 4. 47-64
  • 藏本 龍介. 「食」が形づくる出家生活. 宗教研究. 2016. 90. 2. 29-54
more...
MISC (12):
  • 藏本龍介. 寺院と出家. 東南アジア文化事典. 2019. 232-233
  • 藏本 龍介. 【書評】McDaniel, Justin Thomas. Architects of Buddhist Leisure: Socially Disengaged Buddhism in Asia’s Museums, Monuments, and Amusement Parks. International Journal of Asian Studies. 2019. 16. 2. 147-150
  • 藏本 龍介. 【書評】山本信人監修・宮原暁編著『東南アジア地域研究入門2 社会』. 東南アジア:歴史と文化. 2018. 47. 87-91
  • 藏本 龍介. 【書評】矢野秀武『国家と上座仏教ータイの政教関係』. 東南アジア研究. 2018. 55. 2. 402-405
  • 藏本 龍介. 【書評】「阿曽村邦昭・奥平龍二編『ミャンマー: 国家と民族』」. パーリ学仏教文化学. 2016. 30. 117-125
more...
Books (12):
  • 転換期のミャンマーを生きる:「統制」と公共性の人類学
    風響社 2020
  • お金:お金に振り回されない生き方 (サンガジャパンVol.34)
    2019
  • 宗教と開発の人類学 : グローバル化するポスト世俗主義と開発言説
    春風社 2019 ISBN:9784861106514
  • 非営利組織の経営に関する文化人類学的研究(南山大学人類学研究所 研究論集 6号)
    南山大学人類学研究所 2019
  • Mapping Buddhist Cultures among Theravadin in Time and Space
    CIAS, Kyoto University 2017
more...
Lectures and oral presentations  (16):
  • Attempts at “Homelessness”: the nonreciprocal relationship between monks and lay people in modern Myanmar
    (AAS(Association for Asian Studies) 2020)
  • How can we envision:the Anthropology of Buddhism?
    (SEASIA(Southeast Asian Studies in Asia) at Academia Sinica 2019)
  • 「すべてを与えると、すべてが手に入る」:ミャンマー「自然法」瞑想センターを事例として
    (第53回日本文化人類学会 2019)
  • 現代ミャンマーの僧院生活
    (龍谷大学アジア仏教文化研究センター2018年度第2回国際シンポジウム「文献学上の持律生活と現在の持律生活」 2018)
  • ミャンマーにおける出家者の開発実践の変遷と行方
    (第52回日本文化人類学会 2018)
more...
Education (3):
  • 2005 - 2013 The University of Tokyo Interdisciplinary Cultural Studies
  • 2003 - 2005 The University of Tokyo Interdisciplinary Cultural Studies
  • 1999 - 2003 The University of Tokyo The Department of Interdisciplinary Cultural Studies (Senior Divison)
Professional career (1):
  • 博士(学術) (東京大学)
Work history (9):
  • 2017/04 - 現在 The University of Tokyo Institute for Advanced Studies on Asia
  • 2019/09 - 2020/08 Visiting Scholar, Nanyang Technological University
  • 2015/04 - 2017/03 Nanzan University Faculty of Humanities
  • 2014/04 - 2016/03 Kyoto University Center for Southeast Asian Studies
  • 2013/04 - 2016/03 Kyoto University Center for Integrated Area Studies
Show all
Committee career (2):
  • 2018/05 - 現在 パーリ学仏教文化学会 理事(編集)
  • 2009/01 - 2010/12 東南アジア学会 総務委員
Awards (3):
  • 2016/08 - アジア太平洋フォーラム・淡路会議 第15回「アジア太平洋研究賞」(井植記念賞)(佳作)
  • 2016/02 - (公財)国際宗教研究所 第11回国際宗教研究所賞
  • 2015/05 - パーリ学仏教文化学会 2015年度パーリ学仏教文化学会賞(学術賞)
Association Membership(s) (6):
国際開発学会 ,  SOCIETY FOR THE STUDY OF PALI AND BUDDHIST CULTURE ,  THE JAPANESE ASSOCIATION FOR THE STUDY OF RELIGION AND SOCIETY ,  JAPANESE ASSOCIATION FOR RELIGIOUS STUDIES ,  JAPAN SOCIETY FOR SOUTHEAST ASIAN STUDIES ,  THE JAPANESE SOCIETY OF CULTURAL ANTHROPOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page