Rchr
J-GLOBAL ID:201401031097944408   Update date: Aug. 30, 2021

Haraguchi Shohei

ハラグチ ショウヘイ | Haraguchi Shohei
Homepage URL  (1): http://siesta.lostworks.net/
Research field  (2): Aesthetics and art studies ,  Literature - European
Research keywords  (7): イタリア文学 ,  音楽文芸 ,  音楽美学 ,  音楽学 ,  西洋音楽史 ,  イタリア ,  オペラ
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2012 - 2013 ダンヌンツィオとピッツェッティの共同制作に関する研究
Papers (4):
  • 原口昇平. I. ピッツェッティの音楽劇作法--G. ダンヌンツィオとの共同制作をめぐって. 東京藝術大学大学院. 2015
  • Shohei Haraguchi. Un'erorina desiderante. La figura della protagonista sul libretto dannunziano dell'opera lirica «Fedra». Research Bullentin, Institute of Italian Studies, Waseda University. 2014. 3. 117-144
  • Shohei Haraguchi. Recurrence in becoming: the motivic power in Pizzetti's I Pastori, text by d'Annunzio. 2012. 2. 121-131
  • Shohei Haraguchi. Il microcosmo di Ottorino Respighi: un’analisi ed interpretazione delle «Quattro liriche dal Poema Paradisiaco di Gabriele D’Annunzio». Tokyo University of the Arts. 2009
MISC (1):
  • 原口昇平. レスピーギ、夢想の設計. 東京・春・音楽祭--東京のオペラの森2016 公式プログラム. 2016. 91-91
Books (11):
  • CD アルバニアの花、コソヴォの花
    株式会社マーキュリー 2016
  • CD メノッティ『電話』・マリア・ローザに捧ぐ短詩集 ~子供のための12の小品
    株式会社マーキュリー 2015
  • CD くるおしきスペイン17世紀の歌
    株式会社マーキュリー 2015
  • CD モーツァルト、プーランク:2台・3台のピアノと管弦楽のための協奏曲
    株式会社マーキュリー 2015
  • CD ワーグナーとヴェルディの世界を、ヴァイオリンとピアノの二重奏で
    株式会社マーキュリー 2015
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • レスピーギ - 《ローマ3部作》を生んだ作曲家の知られざる素顔
    (東京・春・音楽祭 東京のオペラの森2016 2016)
  • イタリア・リート - G・ズガンバーティの歌曲をめぐって
    (日本音楽学会東日本支部例会 2015)
  • 歌曲を「読む」
    (二期会イタリア歌曲研究会 2014)
  • I. ピッツェッティ《牧人たち》の分析と解釈
    (日本音楽学会第62回全国大会 2012)
  • O. レスピーギ《G. ダンヌンツィオ『楽園詩篇』による4つの抒情詩》の分析と解釈
    (音楽史研究会 2011)
Education (4):
  • 2010 - 2015 Tokyo University of the Arts
  • 2012 - 2013 ボローニャ大学 芸術学科 音楽学専攻
  • 2007 - 2010 Tokyo University of the Arts
  • 2000 - 2005 Tokyo University of the Arts
Professional career (3):
  • 学士(音楽) (東京芸術大学)
  • 修士(音楽) (東京芸術大学大学院)
  • 博士(学術) (東京芸術大学大学院)
Work history (2):
  • 2014/04 - 2015/03 Tokyo University of the Arts
  • 2011/04 - 2012/09 Tokyo University of the Arts
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page