Rchr
J-GLOBAL ID:201401038691975873   Update date: Apr. 01, 2021

Nishimura Kaneyasu

ニシムラ カネヤス | Nishimura Kaneyasu
Affiliation and department:
Job title: 助教
Homepage URL  (1): http://labo.kyoto-phu.ac.jp/dips/
Research field  (4): Neuroscience - general ,  Pharmacology ,  Cell biology ,  Developmental biology
Research keywords  (11): 脳オルガノイド ,  ダイレクトリプログラミング ,  ES細胞 ,  iPS細胞 ,  Parkinson's disease ,  Neuropharmacology ,  Neural curcit formation ,  Cell fate determination ,  Dopaminergic neurons ,  Regenerative biology ,  Neuroregeneration
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2020 - 2024 脳内免疫環境変化の解析によるアルツハイマー病の病態解明と治療への応用
  • 2019 - 2022 中脳神経回路網の機能再生を目指した新規治療戦略の確立
  • 2019 - 2020 ダイレクトリプログラミングを用いた中脳ドパミン神経の運命決定制御法の開発
  • 2019 - ヒト多能性幹細胞技術とradiotheranosticsを融合させた神経再生研究基盤の構築
  • 2017 - 2017 発生原理再現による中脳ドパミン神経の運命決定の解析
Show all
Papers (36):
more...
MISC (9):
  • 西村 周泰. 【進捗報告】生体イメージング技術とiPS細胞技術の融合によるパーキンソン病の病態解明と新規診断・治療法の開発. 私立大学研究ブランディング事業「受容体特異的画像化技術を基盤とするがん放射線内用療法(radio-theranostics)研究拠点の形成」News Letter Vol. 2. 2020
  • 西村 周泰. 【プロジェクト紹介】生体イメージング技術とiPS細胞技術の融合によるパーキンソン病の病態解明と新規診断・治療法の開発. 私立大学研究ブランディング事業「受容体特異的画像化技術を基盤とするがん放射線内用療法(radio-theranostics)研究拠点の形成」News Letter Vol. 1. 2019
  • 西村周泰. 【寄稿】北欧スウェーデンの薬局と医療制度についてのご紹介. KPUニュース No. 199. 2019
  • 西村周泰. 【インタビュー記事】欧州で活動する日本人研究者. JSPSストックホルムニュースレター Vol. 58. 2018
  • 移植後のドパミン神経のシナプス形成を既存薬で促進することに成功 〜ヒトiPS細胞由来ドパミン神経移植の質的効果向上〜. ニュース・研究活動(京都大学iPS細胞研究所ホームページ). 2016
more...
Books (12):
  • 中脳ドパミン神経の機能再生治療法の開発
    北隆館 BIO Clinica 第36巻, 第4号, pp 87-89 2021
  • Novel therapeutic strategy of functional regeneration and repair of midbrain dopaminergic neuron system
    2020
  • アルツハイマー病治療薬開発標的としてのα7ニコチン受容体サブタイプの機能
    2019
  • パーキンソン病の再生医療の現状と展望
    北隆館 BIO Clinica, 第30巻, 第5号, pp 32-36 2015
  • iPS細胞を用いたパーキンソン病に対する細胞移植治療
    日本プラニングセンター, 難病と在宅ケア, 第49巻, 第9号, pp 873-877 2014
more...
Lectures and oral presentations  (24):
  • 低分子化合物を用いたシグナルコントロールによるヒト多能性幹細胞から黒質・線条体神経細胞の作製
    (第94回 日本薬理学会年会 2021)
  • 低分子化合物を用いたヒトiPS細胞から脳領域特異的神経細胞の誘導制御と応用法の提案
    (第10回 4大学連携研究フォーラム 2020)
  • 幹細胞技術を基盤とした神経変性疾患に対する再生創薬研究
    (第14回次世代を担う若手のための医療薬科学シンポジウム 2020)
  • インテグリンα5β1を介したヒトiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞移植におけるシナプス形成の促進
    (Neuro2019 2019)
  • ヒトiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞移植に対するエストラジオール誘導体の影響
    (第139回 日本薬学会年会 2019)
more...
Education (3):
  • 2005 - 2008 Kyoto Pharmaceutical University, Kyoto, Japan Ph.D.
  • 2003 - 2005 Kyoto Pharmaceutical University, Kyoto, Japan M.S.
  • 1999 - 2003 Kyoto Pharmaceutical University, Kyoto, Japan B.S.
Professional career (1):
  • PhD
Work history (7):
  • 2018/07 - 現在 Kyoto Pharmaceutical University Division of Integrated Pharmacological Sciences Assistant professor
  • 2017/01 - 2018/06 Karolinska Institutet Department of Medical Biochemical and Biophysics Research coordinator
  • 2016/07 - 2016/12 Karolinska Institutet Department of Medical Biochemical and Biophysics Senior researcher
  • 2015/07 - 2016/06 Karolinska Institutet Department of Medical Biochemical and Biophysics Postdoctoral researcher
  • 2013/04 - 2015/06 Center for iPS Cell Research and Application (CiRA), Kyoto University Department of Clinical Application Postdoctoral Researcher
Show all
Committee career (5):
  • 2020/04 - 現在 日本薬学会薬理系薬学部会 若手世話人
  • 2020/01 - 現在 日本薬理学会 薬理学エデュケーター
  • 2019/08 - 現在 Frontiers in Neuroscience Guest Associate Editor
  • 2019/04 - 現在 日本薬学会医療薬科学部会 若手世話人
  • 2019/04 - 現在 日本薬理学会 学術評議員
Awards (2):
  • 2015/01 - The 18th Takeda Science Foundation Symposium on Bioscience Excellent Poster Award
  • 2014/03 - The 87th Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society Best presentation
Association Membership(s) (4):
THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR REGENERATIVE MEDICINE ,  THE JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOCIETY ,  THE JAPAN NEUROSCIENCE SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page