Rchr
J-GLOBAL ID:201401050120215391   Update date: Nov. 14, 2015

YAMADA Miyuki

ヤマダ ミユキ | YAMADA Miyuki
Affiliation and department:
Research field  (5): Safety engineering ,  Social systems engineering ,  Sociology ,  Politics ,  Architectural and city planning
Papers (16):
more...
MISC (19):
  • Miyuki YAMADA, Eiichi ITOIGAWA, Takao SATO, Michitaka UMEMOTO. THE STRUCTURE OF HABITATION IN THE GREAT EAST JAPAN EARTHQUAKE DISASTER AREA. The 1st Asian Conference on Urban Disaster Reduction. 2012
  • 川端寛文, 村上正浩, 志垣智子, 山田美由紀, 三牧純子, 守茂昭. 時代の潮流と防災まちづくりの基本構造. 時代の潮流を見据えた防災まちづくりのあり方に関する調査・研究中間報告書. 2010. 5-8
  • 山田美由紀. 街を歩く 埼玉県行田市 古代神秘の薫り残す、忍城と足袋のまち. マイホームプラン. 2002. 2002年3月号. 38-39
  • 山田美由紀. 街を歩く 埼玉県深谷市 渋沢栄一の志を受け継ぐレンガのまち. マイホームプラン. 2001. 2001年12月号. 14-15
  • 山田美由紀. 街を歩く 群馬県東村 村の魅力を住民の手で創り出す新しい試み. マイホームプラン. 2001. 2001年11月号. 32-33
more...
Books (1):
  • 子どもの参画と参画支援の方法
    学文社 2010
Lectures and oral presentations  (3):
  • 「子どもの地域参画活動の可能性を探る-子どもは参画型社会の担い手になりうるか-」パネリスト
    (日本子ども社会学会大会ワークショップ 2007)
  • 「地域における参画」研究報告
    (日本シンクタンク協議会シンポジウム-新たなる参画型社会の構築に向けて- 2004)
  • 「農村地域における高齢者の生活と住環境の実態-今後の居住環境整備に向けて-」研究報告
    (日本家政学会関東支部 1992)
Professional career (1):
  • 博士(工学) (筑波大学)
Committee career (7):
  • 2010/06 - 2011/03 地域安全学会 時代の潮流を見据えた防災まちづくりのあり方研究小委員会 委員
  • 2008/12 - 日本政策学生会議 政策フォーラム2008 都市政策分科会 コメンテーター
  • 2008/12 - 日本政策学生会議 政策フォーラム2008 教育分科会 コメンテーター
  • 2004/09 - 2004/11 日本シンクタンク協議会 地域社会における参画研究会 委員・主査
  • 2001/04 - 2004/03 日本建築学会 地震防災総合研究特別委員会(第III期)防災改善推進方策小委員会 委員
Show all
Association Membership(s) (6):
環境福祉学会 ,  THE SOCIETY FOR RISK ANALYSIS, JAPAN ,  THE CITY PLANNING INSTITUTE OF JAPAN ,  日本災害復興学会 ,  INSTITUTE OF SOCIAL SAFETY SCIENCE ,  ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page