Rchr
J-GLOBAL ID:201401051721517227   Update date: Feb. 25, 2021

Araki Takaharu

アラキ タカハル | Araki Takaharu
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://www.ec.kansai-u.ac.jp/user/arakit/index.htmlhttp://www.ec.kansai-u.ac.jp/user/arakit/index.html
Research field  (1): Statistical science
Papers (38):
  • 平田 沙織,, 荒木 孝治,, 柴 健次. 統合報告書が投資意思決定に及ぼす影響について-ESG格付けを通じた分析-. 一般財団法人 産業経理協会・産業経理. 2020. vol.80, No. 3, pp. 81-92
  • 荒木 孝治,, 刘 正阳. 日本と中国における抹茶レシピの嗜好の分析. 関西大学商学論集. 2020. 第65巻第1号, pp. 1-27
  • 荒木 孝治,, 橋本 紀子. 多数のゼロ消費費目を含む費目間ネットワークの分析. 関西大学商学会. 2017. 第62巻第3号 pp.1-17
  • 西岡 健一,, 荒木 孝治. 新たなビジネス創生システムの開発. 一般社団法人日本品質管理学会・品質. 2017. Vol. 47, No. 4,pp.17-24
  • ARAKI,Takaharu, SHIBA, Kenji. Hidden Thinking of High-school Students about Accounting Education. 2015. 第60巻第3号,pp.1-19
more...
MISC (3):
  • 荒木 孝治. 多変量解析法. (財)日本科学技術連盟. 2008. 第25章
  • 荒木 孝治. Excelで始める経済統計データの分析 計数値データの分析2 -基本的な分析と解析法-. (財)日本統計協会『統計』. 2002. 2002年9月号 pp.54-59
  • 荒木 孝治. ノンパラメトリック法. 日本科学技術連盟. 1992. 第9章
Books (50):
  • 回帰分析における変数選択の新しい方法
    日本規格協会・(一社)日本品質管理学会中部支部 産学連携研究会編 『開発・設計に必要な統計的品質管理-トヨタグループの実践事例を中心に-』 2015
  • データの活かし方を知る
    ミネルヴァ書房・『よくわかる現代経営 第4版』 2014
  • データの活かし方を知る
    ミネルヴァ書房・『よくわかる現代経営 第4版』 2014
  • 第96回 品質管理シンポジウム・ルポ「世界最高技術と日本品質を極める人材育成~持続可能な品質優位の経営~ Part 1」
    日本科学技術連盟 『クオリティマネジメント』 2013
  • 罰則付き回帰とデータ解析環境R
    オペレーションズ・リサーチ 2013
more...
Lectures and oral presentations  (7):
  • 平成27・28年度関西大学教育研究高度化促進費報告書ー文理融合型プロジェクトの推進による豊かな生活環 境の構築のための革新的な事業イノベーション創出-
    (2018)
  • スパースモデリングの方法
    (日本品質管理学会大160回シンポジウム 2016)
  • 『文理融合型プロジェクトの推進による食の革新のための事業イノベーション創出-活動報告』
    (2015)
  • 平成26年度関西大学教育促進費報告書『文理融合型プロジェクトの推進による食の革新のための事業イノベーション創出』
    (2015)
  • 平成23年度関西大学教育促進費成果報告書 産学連携によるRSI(ロボット・サイエンス拠点)の形成と新産業創出に貢献する分利融合型人材の育成
    (2013)
more...
Education (3):
  • - 1985 Osaka University
  • 1985 - Osaka University
  • - 1978 Kobe University of Commerce
Professional career (1):
  • 工学修士
Work history (3):
  • 2000/04 - Kansai University
  • 1991/04 - 2000/03 Kansai University
  • 1988/04 - 1991/03 Kansai University
Committee career (1):
  • 2003 - 2007 日本品質管理学会 理事
Awards (4):
  • 2016/11/09 - デミング賞委員会 2016年度 日経品質管理文献賞(開発・設計に必要な統計的品質管理-トヨタグループの実践事例を中心に-』一般社団法人日本品質管理学会 中部支部 産学連携研究会編,発行所:一般財団法人日本規格協会)
  • 2011/11/09 - デミング賞委員会 2011年度 日経品質管理文献賞(荒木孝治編著『フリーソフトウェアRによる統計的品質管理』『RとRコマンダーではじめる多変量解析』『RとRコマンダーではじめる実験計画法』)
  • 2010/11/10 - デミング賞委員会 2010年度 日経品質管理文献賞(日本品質管理学会中部支部産学連携研究会編『開発・設計における“Qの確保”-より高いモノづくり品質をめざして-』)
  • 2010/11/10 - デミング賞委員会 2010年度 日経品質管理文献賞((社)日本品質管理学会編『新版 品質保証ガイドブック』)
Association Membership(s) (4):
日本経営学会 ,  日本計算機統計学会 ,  日本統計学会 ,  日本品質管理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page