Rchr
J-GLOBAL ID:201401053808388620   Update date: Nov. 24, 2020

Kondo Keiko

コンドウ ケイコ | Kondo Keiko
Affiliation and department:
Research field  (1): Structural biochemistry
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2018 - 2020 テロメアの伸長抑制に関わるTLS蛋白質による四重鎖核酸認 識の構造基盤解明
  • 2015 - 2018 転写抑制とテロメア長短縮に寄与するTLS蛋白質ー非コード核酸相互作用の解析
Papers (24):
more...
MISC (71):
  • Sakai Y, Lin MI, Hiyama A, Yonezawa Y, Kondo K, Nagata T, Katahira M. リグニン・多糖複合体分解に関与する白色腐朽菌由来グルクロノイルエステラーゼの速度論解析および添加剤耐性. 日本農芸化学会2020年度大会, 2020.3.25-28, 九州大学伊都キャンパス. 2020
  • Kondo K, Nguyen H, Wangsamihardja A, Kodaki T, Mikami B, Watanabe T, Nagata T, Katahira M. 選択的白色腐朽菌が産する溶解性多糖モノオキシゲナーゼの構造および活性の解析. 日本農芸化学会2020年度大会, 2020.3.25-28, 九州大学伊都キャンパス. 2020
  • Tokunaga Y, Nagata T, Kondo K, Katahira M, Watanabe T. リグニンオリゴマーモデルとセルラーゼ糖質結合モジュール間の相互作用を原子・分子レベルで可視化するためのNMR解析. 第70回日本木材学会大会, 2020.3.16-18, 鳥取大学. 2020
  • Kenneth TSK, Kondo K, Nagata T, Katahira M. Oxidative activity of four heterologously expressed fungal ligninolytic enzymes by Pichia pastoris. 第70回日本木材学会大会, 2020.3.16-18, 鳥取大学. 2020
  • Tokunaga Y, Nagata T, Kondo K, Katahira M, Watanabe T. 安定同位体標識リグニンオリゴマーモデルを用いたセルラーゼ糖質結合モジュールとの相互作用解析. 第402回生存圏シンポジウム 第16回持続的生存圏創成のためのエネルギー循環シンポジウム-マイクロ波高度利用と先端分析化学-・第9回先進素材開発解析システム(ADAM)シンポジウム-マイクロ波高度利用生存圏フラッグシップ共同研究-, 2019.12.18, 京都大学宇治キャンパス. 2019
more...
Lectures and oral presentations  (1):
  • NMR study for the recognition of non-coding RNA and DNA by TLS/FUS, a key regulator of the transcriptional repression of cyclin D1 and telomere shortening
    (International Symposium for NMR of Nucleic Acids 2017)
Professional career (1):
  • 博士(工学) (横浜国立大学)
Awards (1):
  • Young Investigator Award
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page