Rchr
J-GLOBAL ID:201401055162998894   Update date: Mar. 03, 2021

Itizo Omori

オオモリ イチゾウ | Itizo Omori
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
  • 中央大学  政策文化総合研究所   客員研究員
Research field  (1): Philosophy and ethics
Research keywords  (7): 宗教思想 ,  環境倫理学 ,  福祉の哲学 ,  ケアリング ,  倫理学 ,  教育哲学 ,  カント
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2020 - 2022 グローバルシティズンシップ教育の多元主義的理念の解明ーカント教育学を手がかりにー
  • 2018 - 隠されたアンチノミーとその解決-カントにおける文化の進歩と道徳について-
  • 2009 - 2011 The international cooperative study of Kant's philosophy and contemporary significance of theory of peace in East Asia
Papers (11):
  • “The Hidden Antinomy”- On development of human culture and ethics in Kant’s Philosophy. Hosei University. 2017
  • 大森一三. 文化と消費の哲学-『消費社会の神話と構造』と文化批判を巡って-. 『総合研究』. 2015. 第28号. 50-70
  • The Antinomy of Independence in Kant's "Theory and Practice". 2015. 71. 31-45
  • The Meaning of "Moralization" and its Range in Kant's Theory of Education : The Relationship between "the Cultivation of Reason" and "Cosmopolitan Education". 教育哲学研究. 2013. 107. 79-96
  • Autonomy and Culture in Kant's philosophy : The Possibility of the critical theory of culture in Kant's philosophy. 法政哲学. 2012. 8. 1-12
more...
MISC (6):
  • 大森 一三. 【図書紹介】『QOLって何だろう 医療とケアの生命倫理』小林亜津子著 ちくまプリマー新書 二〇一八年. 法政哲学 = HOSEI TETSUGAKU : BULLETIN OF HOSEI SOCIETY FOR PHILOSOPHY. 2020. 16. 89-89
  • 大森 一三. 東京地区例会 ≪未成熟-成熟≫をめぐるパラドクスとその解決 : ハーマン、ルソー、カントの比較と「啓蒙」の翻訳史的観点を手がかりに. 比較思想研究. 2019. 46. 153-156
  • 大森 一三. 書評 相原博『カントと啓蒙のプロジェクト 『判断力批判』における自然の解釈学』法政大学出版局、二〇一七年 啓蒙のプロジェクトの補完に向けて. 法政哲学. 2019. 15. 61-64
  • 大森一三. 書評 広瀬悠三著『カントの世界市民的地理教育--人間形成論的意義の解明』. 日本カント研究. 2018. 19. 181-185
  • 大森 一三. <書評> 『自由の秩序 : カントの法および国家の哲学』 を読む. 法政哲学 = 法政哲学. 2015. 11. 39-40
more...
Books (5):
  • 暴力 : 手すりなき思考
    法政大学出版局 2020 ISBN:9784588011269
  • アジア的融和共生思想の可能性 (中央大学政策文化総合研究所研究叢書26)
    中央大学出版部 2019 ISBN:4805714255
  • 文化の進歩と道徳性--カント哲学の「隠されたアンチノミー」
    法政大学出版局 2019 ISBN:4588150995
  • 哲学の変換と知の越境: 伝統的思考法を問い直すための手引き
    法政大学出版局 2019 ISBN:4588130269
  • 新・カント読本
    法政大学出版局 2018 ISBN:4588150898
Lectures and oral presentations  (6):
  • 倫理的共同体における宗教の役割
    (比較文明学会第109回研究例会 2019)
  • 《未成熟ー成熟》をめぐるパラドクスとその解決ーハーマン、ルソー、カントの比較と「啓蒙」の翻訳史的観点を手掛かりに
    (比較思想学会東京地区2017年度第1回個人研究発表 2017)
  • 文化と消費の哲学
    (杉並区教育委員会後援 高千穂大学総合研究所シンポジウム「21世紀における哲学的思考の射程-政治・経済・文化を結んでー」 2014)
  • カントの「教育論」における「道徳化」の意味とその射程ー「性格の確立」における「理性の開化」に注目して
    (教育哲学会第55回大会 2012)
  • カント教育論における「自由」と「開化」のアンチノミー
    (日本カント協会第35回大会 2010)
more...
Education (4):
  • 2008 - 2013 Hosei University of Humanities
  • 2004 - 2007 Hosei University of Humanities
  • 2000 - 2004 Hosei University Department of Philosophy
  • 1997 - 2000 千葉県立磯辺高等学校
Professional career (1):
  • 博士(哲学) (法政大学)
Work history (8):
  • 2020/04 - 現在 Urawa University
  • 2020/04 - 現在 東京学芸大学 教育学部 特任准教授
  • 2019/04 - 現在 Hosei University of Humanities, Graduate School
  • 2019/04 - 現在 Chiba University Faculty of Education
  • 2018/10 - 現在 Chuo University The Institute of Policy and Cultural Studies
Show all
Committee career (4):
  • 2020/10 - 現在 The Japan society for the Comparative Society of Civilization Director
  • 2017/03 - 現在 比較文明学会 事務局長
  • 2011/07 - 2014/03 日本ディルタイ協会 幹事
  • 2011/04 - 2012/03 法政哲学会 事務局次長
Awards (2):
  • 2019/11 - The Japan Society for the Comparative Study of Civilisations JSCSC Award, 2019.
  • 2011/06 - 法政哲学会第二十一回泰本賞
Association Membership(s) (6):
比較文明学会 ,  日本ディルタイ協会 ,  JAPANISCHE KANT-GESELLSCHAFT ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR ETHICS ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR THE PHILOSOPHY OF EDUCATION ,  比較思想学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page