Rchr
J-GLOBAL ID:201401056071936663   Update date: Aug. 10, 2021

Maki Norio

Maki Norio
Affiliation and department:
Research field  (1): Architectural and city planning
Papers (225):
  • Yasushi Takeuchi, Norio Maki. Considerations on the transformation of the position of Jizo in Kyoto by analyzing newspaper articles. Japan Architectural Review. 2021. 4. 2. 368-381
  • 金玟淑, 有年秀介, 曽我部哲人, 大津山堅介, 松原龍, 渡辺竜之, 岸川英樹, 牧紀男. 復興まちづくりについて考える啓発ツールとしてボードゲームの効果ー事前復興ワークショップ参加者の追跡調査を通してー. 地域安全学会論文集. 2020. 37. 309-318
  • 山隈直人, 阪田弘一, 木多道宏, 岩佐明彦, 新井信幸, 牧紀男, 平田隆行. 建設実験に基づく被災地地元業者主体による規格型応急仮設住宅供給のための施工可能性の検討. 日本建築学会計画系論文集. 2020. 85. 776. 2129-2138
  • 曽我部 哲人, 牧 紀男. 阪神・淡路大震災被災地における長期的人口動態と超高層マンションによる都心回帰との関係性の分析. 都市計画論文集. 2020. 55. 3. 1107-1112
  • 白石英巨, 脇田祥尚, 牧紀男. 交通行動からみたプノンペンの空間構造とショップハウス街区の居住特性. 日本建築学会計画系論文集. 2020. 第85巻. 第772号
more...
MISC (136):
Books (36):
  • The 2011 Japan Earthquake and Tsunami: Reconstruction and Restoration Insights and Assessment after 5 Years
    Springer International 2018
  • Long term recovery from the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami Disaster
    Advances in Natural Hazards Research 2015
  • 国際協力と防災:つくり・よりそう・きたえる(災害対応の地域研究3)
    京都大学学術出版会 2015
  • 災害と住居
    国立民族学博物館編・世界民族百科事典 2014
  • 世界民族百科事典 国立民族学博物館編
    丸善出版 2014
more...
Lectures and oral presentations  (58):
  • 「南海トラフ地震にいかに立ち向かうか~人口減少時代に新しい防災の姿~」
    (防災委員研修会 2018)
  • 「地震のしくみと被害」「耐震診断と補強」
    (防災士研修講座 2018)
  • 「地震のしくみと被害」「耐震診断と補強」
    (防災士研修講座 2018)
  • 「地震のしくみと被害」「耐震診断と補強」
    (防災士研修講座 2018)
  • 「災害発生時の行政の担う役割」
    (乙訓自治研究会 2018)
more...
Awards (1):
  • 2019/11 - Reconstruction Design Conference 1st National Conference “Reconstruction Research Paper Award” Best Award
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page