Rchr
J-GLOBAL ID:201401059393464910   Update date: Aug. 02, 2021

Tsutsumi Hiroyuki

ツツミ ヒロユキ | Tsutsumi Hiroyuki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): https://sites.google.com/site/hiroyukitsutsumihomepage1/
Research field  (2): Human geoscience ,  Solid earth science
Research keywords  (6): 活断層 ,  変動地形 ,  古地震 ,  テクトニクス ,  物理探査 ,  海溝型巨大地震
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2019 - 2022 奈良盆地東縁断層帯における重点的な調査観測
  • 2017 - 2019 アフガニスタンの活断層分布図の作成と首都カブールの地震危険度評価
  • 2016 - 2016 地震断層データと強震波形記録に基づく2016年熊本地震の震源過程とトレンチ掘削調査による布田川断層の活動履歴の解明
  • 2012 - 2014 東北地方太平洋沖地震に誘発された内陸活断層地震の地形学的・古地震学的研究
  • 2011 - 2011 誘発された内陸活断層地震の発生履歴から読み解く海溝型超巨大地震の再来周期
Show all
Papers (76):
more...
MISC (56):
  • Cosmo Kajii, Hiroyuki Tsutsumi. Late Quaternary activity of the Kikugawa fault zone based on tectonic geomorphic analyses. The Harris Science Review of Doshisha University. 2021. 62. 2. 26-32
  • 中西利典, 奥野 充, 山﨑圭二, ホン ワン, 藤田奈津子, 中村俊夫, 堀川義之, 佐藤鋭一, 木村治夫, 堤 浩之. 島原半島北部の唐比低地における湿地堆積物の形成過程. 名古屋大学年代測定研究. 2021. 5. 38-43
  • 中西利典, 堤 浩之, 山﨑圭二, 鳥井真之, Bariso, E., Rivera D. J., Lim R., Daag, A., Wang, H., 奥野 充. フィリピン・ルソン島中部のパイタン湖で得られたコア試料の変形構造ーSSDSによる大地震の再来間隔の評価ー. 月刊地球. 2021. 号外70. 24-31
  • Shnizai, Z, Tsutsumi, H. Active faults and seismic hazard in the Kabul basin, Afghanistan. The Harris Science Review of Doshisha University. 2020. 61. 96-107
  • 後藤秀昭, 石村大輔, 堤 浩之. 1:25,000都市圏活断層図鈴鹿西縁断層帯とその周辺「彦根東部」「御在所山」解説書. 国土地理院技術資料D1-No. 870. 2018. 1-14
more...
Books (4):
  • 活断層詳細デジタルマップ(新編)
    東京大学出版会 2018
  • 地形の辞典
    朝倉書店 2017
  • インダス-南アジア基層世界を探る
    京都大学学術出版会 2013
  • 活断層詳細デジタルマップ
    東京大学出版会 2002
Professional career (1):
  • Ph. D. (Oregon State University)
Work history (4):
  • 2017/04 - 現在 Doshisha University Faculty of Science and Engineering, Department of Environmental Systems Science
  • 2003/04 - 2017/03 Kyoto University Graduate School of Science
  • 1997/10 - 2003/03 Kyoto University Graduate School of Science
  • 1996/04 - 1997/09 Kochi University
Awards (2):
  • 2015 - 日本地質学会小藤文次郎賞
  • 2008 - 日本地震学会論文賞
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page