Rchr
J-GLOBAL ID:201401064571556860   Update date: Sep. 10, 2021

Hakozaki Masataka

ハコザキ マサタカ | Hakozaki Masataka
Affiliation and department:
Job title: プロジェクト研究員
Homepage URL  (1): https://www.facebook.com/profile.php?id=100014097372362
Research field  (2): Museology ,  Cultural properties
Research keywords  (7): 14C-spike ,  Oxygen Isotopic Dendrochronology ,  Paleoecology ,  Wood identification ,  Tree-ring oxygen isotope chronology ,  Radiocarbon dating ,  Dendrochronology
Research theme for competitive and other funds  (22):
  • 2021 - 2026 酸素同位体比年輪年代法の高精度化による日本列島の気候・生産・人口変動史の定量化
  • 2021 - 2026 汽水成年縞堆積物と年輪試料の複合解析による完新世の気候変化と高分解能編年の研究
  • 2020 - 2025 過去1万年間の太陽活動
  • 2020 - 2025 過去3万年の極端気候・極端災害史の精密編年に向けた新しい年輪年代法の基盤研究
  • 2021 - 2024 中世民家の年代研究
Show all
Papers (63):
  • En-Bi Choi, Masaki Sano, Jun-Hui Park, Yo-Jung Kim, Zhen Li, Takeshi Nakatsuka, Masataka Hakozaki, Katsuhiko Kimura, Hyun-Min Jeong, Jeong-Wook Seo. Synchronizations of tree-ring δ18O time series within and between tree species and provinces in Korea: a case study using dominant tree species in high elevations. Journal of Wood Science. 2020. 66. 1
  • 箱崎真隆. 樹木年輪の酸素同位体比に基づく環境変動復元の現在. 考古学ジャーナル. 2020. 743. 5-8
  • M. Hakozaki, F. Miyake, T. Nakamura. 775 and 994 14C events in the tree-rings of northern Japanese trees. Proceedings of EA-AMS 8 & JAMS-22. 2020. 89-90
  • 箱﨑真隆・小林謙一. 多古田低地遺跡出土丸木舟の樹種. 千葉県匝瑳市多古田低地遺跡-豊和 埋蔵文化財調査業務-,公益財団法人印旛郡市文化財センター発掘調査報告書第367集. 2020. 280-281
  • 箱﨑真隆・小林謙一・李貞・中塚武. 酸素同位体比年輪年代法と放射性炭素年代法に基づく多古田低地遺跡出土丸木舟の年代測定. 千葉県匝瑳市多古田低地遺跡-豊和 埋蔵文化財調査業務-,公益財団法人印旛郡市文化財センター発掘調査報告書第367集. 2020. 276-279
more...
MISC (4):
Books (6):
  • 第2章 年輪年代学の現在
    朝倉書店 2021 ISBN:9784254535686
  • 第十章 酸素同位体比クロノロジーの時空間的拡大と応用 コラム3 東アジアへの展開
    臨川書店 2021
  • 第十章 酸素同位体比クロノロジーの時空間的拡大と応用 第三節 年代決定への応用-東日本
    臨川書店 2021
  • 第十章 酸素同位体比クロノロジーの時空間的拡大と応用 第一節 マスタークロノロジーの構築
    臨川書店 2021
  • 第九章 酸素同位体比年輪年代法の開発 第三節 従来法からみた酸素同位体比年輪年代法の長所と短所
    臨川書店 2021
more...
Lectures and oral presentations  (103):
  • 静岡県裾野市茶畑山から発見された最終氷期の埋没木の樹種とAMS14C年代
    (日本第四紀学会・遠隔シンポジウム「陸域アーカイブから読む環境変遷と巨大災害:防災・減災に向けて」 2021)
  • Solar cycle around the onset of the Spoerer Minimum
    (AGU Fall Meeting 2020 2020)
  • 樹木年輪中炭素を用いたキャリントンSEP(Solar Energetic Particle)イベントの探査
    (第81回応用物理学会秋季学術講演会 2020)
  • 利根川流域の17世紀民家のスダジイについて
    (日本文化財科学会第37回大会 2020)
  • 東アジアにおける年輪酸素同位体比データの拡充とその利用による年代決定の可能性
    (日本文化財科学会第37回大会 2020)
more...
Education (3):
  • 2008 - 2012 Graduate school of Life Sciences, Tohoku University
  • 2005 - 2008 Graduate school of Education, Fukushima University
  • 2001 - 2005 Fukushima University
Professional career (1):
  • 博士(生命科学) (東北大学)
Work history (4):
  • 2019/04 - 現在 National Museum of Japanese History
  • 2015/09 - 2019/03 National Museum of Japanese History
  • 2014/04 - 2015/08 Nagoya University Center for Chronological Research.
  • 2012/04 - 2014/03 Center for Chronological Research, Nagoya University Postdoc
Committee career (9):
  • 2020/08 - 2021/07 日本第四紀学会 第四紀学会2020年度論文賞選考委員
  • 2017/02 - 2017/08 日本第四紀学会 日本第四紀学会2017年大会セッションコンビーナー
  • 2016/08 - 2017/06 日本AMS研究協会・日本樹木年輪研究会 第19回AMSシンポジウム・2016年度「樹木年輪」研究会共同開催シンポジウム実施委員
  • 2017/05 - 2017/05 日本植生史学会 第42回日本植生史学会談話会世話人
  • 2015 - 2015 XIX INQUA Congress Nagoya Organizing Committee
Show all
Awards (5):
  • 2017/08 - Japan Association for Quaternary Research Best Oral Presentation Award 2017 - Japan Association for Quaternary Research
  • 2016/11 - 日本植生史学会 第2回日本植生史学会優秀発表賞 年輪酸素同位体比にもとづく青森市石江遺跡群の古代〜中世の出土材の年輪年代測定
  • 2010/12 - 日本植物学会東北支部 第22回大会奨励賞(口頭発表)
  • 2010/11 - 日本植生史学会 第7回植生史学会奨励賞
  • 2009/03 - 日本生態学会 第56回日本生態学会大会ポスター賞優秀賞(遷移・更新分野)
Association Membership(s) (7):
日本樹木年輪研究会 ,  日本AMS研究協会 ,  JAPAN ASSOCIATION FOR QUATERNARY RESEARCH ,  JAPAN GEOSCIENCE UNION ,  JAPANESE SOCIETY FOR SCIENTIFIC STUDIES ON CULTURAL PROPERTY ,  JAPANESE ASSOCIATION OF HISTORICAL BOTANY ,  ECOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page