Rchr
J-GLOBAL ID:201401065440014880   Update date: Jun. 12, 2018

Ito Satoru

イトウ サトル | Ito Satoru
Research field  (3): New fields in law ,  Legal theory and history ,  Public law
Research keywords  (2): 環境市民のための環境法 ,  市民のための税法学
Papers (34):
  • デルフィーヌ・コスタ. 翻訳 非訴訟的行政手続の法典化. 日本法学. 2017. 83. 2. 193-210
  • ITO, Satoru. The Relationship between Criminal Judgments on Tax Evasion and Tax Assessment. NIHON HOGAKU (JOURNAL OF LAW). 2016. 82. 2. 17-42
  • Changement de Gouvernement et Système fiscal. 2015. 52. 2. 73-98
  • フランスのグランド・リヨンを範とする小規模自治体の行税財政改革. 日本法学. 2014. 80. 2. 107-138
  • 伊藤悟. フランスのエコタックスに対するブルターニュの反乱. 札幌法学. 2014. 25. 2. 9-46
more...
MISC (4):
  • 伊藤悟. フランスの納税者憲章. 法と民主主義. 1992. 272. 32-34
  • 伊藤悟. 判例研究・賦課もれの場合の個人事業税の納期. 法と民主主義. 1985. 198. 39-42
  • 伊藤悟. 判例研究・個人住民税の非課税判定における「前年中の所得」の意義. 法と民主主義. 1982. 164. 49-52
  • 伊藤悟. 判例研究・固定資産評価審査委員会における口頭審理のありかた. 法と民主主義. 1980. 153. 42-45
Books (26):
  • 市民のための税法学
    八千代出版株式会社 2016
  • 市民のための税法学【2014年度版】
    札幌大学印刷教材 2014
  • 税金百名言
    中央経済社 2012
  • 環境市民のための環境法テキスト【2012年度版】
    札幌大学講義用印刷教材 2012
  • 納税者権利論の課題
    勁草書房 2012
more...
Lectures and oral presentations  (11):
  • 脱税刑事判決と課税判断との関係
    (日本大学法学部経営法学研究会・現代税法研究会 2016)
  • フランスのエコ・タックスに対するブルターニュの反乱
    (日本税法学会北海道東北支部会 2014)
  • 日本財政法学会第27回研究大会シンポジュウム司会
    (日本財政法学会第27回研究大会シンポジュウム 2009)
  • 循環型社会構築のための静脈産業・リサイクル産業税制のあり方
    (日本税法学会北海道東北支部会 2004)
  • フランスにおけるPACS課税-法律婚と事実婚の課税平等
    (日本税法学会北海道東北支部会 2003)
more...
Education (1):
  • - 1985 Nihon University
Professional career (1):
  • 法学修士 (日本大学大学院法学研究科)
Work history (7):
  • 2014/04/01 - Nihon University College of Law
  • 2013/04/01 - 2014/03/31 フランス共和国リヨン第三大学法学部 税財政研究センター 客員教授
  • 2006/04/01 - 2014/03/31 Sapporo University Faculty of Law
  • 2005/04/01 - 2006/03/31 Rakuno Gakuen University Faculty of Environment Systems
  • 1998/04/01 - 2005/03/31 Rakuno Gakuen University Faculty of Environment Systems
Show all
Association Membership(s) (9):
日本租税法学会 ,  日本公法学会 ,  憲法理論研究会 ,  日本法社会学会 ,  日本財政法学会(理事) ,  フランス行政法研究会 ,  日本租税理論学会(理事) ,  日本税法学会(理事) ,  日本民主法律家協会(理事)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page