Rchr
J-GLOBAL ID:201401068908614471   Update date: Feb. 13, 2021

Kenichi Nakayama

ナカヤマ ケンイチ | Kenichi Nakayama
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Other affiliations (1):
Homepage URL  (1): http://www.icc.ac.jp/nakayama/
Research field  (3): Japanese language education ,  Japanese linguistics ,  Linguistics
Research keywords  (5): コーパス ,  日本語教育 ,  語彙 ,  文法 ,  日本語
Papers (14):
  • 中山健一. 現代語誌 ある・もっている. 日本語学(特集 コーパスによる語史と現代語誌) 明治書院. 2020. 39. 2. 102-105
  • Kenichi Nakayama. Teaching Japanese Communicatively Using Textbooks based on Structural Syllabus: Japanese Language Education for International Residents II. 2019. 53. 173-195
  • Nakayama Kenichi. Japanese Language Education for International Residents in Ibaraki Prefecture I. 2018. 52. 123-143
  • 中山健一. 類義漢語「貧乏」と「貧困」の品詞と意味-コーパス調査にもとづいて-. 茨城キリスト教大学紀要. 2016. 50. 1-14
  • 許明子, 田中裕祐, 陳一吟, 中山健一, 古川雅子, 三木杏子. [報告] manabaを活用した中級文法クラスの実践報告-運用力向上を目指した文法クラスの実践を通して-. 筑波大学留学生センター日本語教育論集. 2015. 30. 221-239
more...
MISC (4):
  • 中山健一. 構造シラバスの教科書『みんなの日本語 初級』を用いて いかにコミュニカティブな活動を行うか. 2019年度 茨城キリスト教大学 日本語教育実習 実習先担当者懇談会. 2019
  • 中山健一. 日本語教育実習生の学び・気づきの過程ー実習記録の分析からー. 2018年度 茨城キリスト教大学 日本語教育実習 実習先担当者懇談会. 2018
  • 中山健一. 中級レベルで頻発する初級文法の誤用の要因. 2017年度 茨城キリスト教大学 日本語教育実習 実習先担当者懇談会. 2017
  • 中山健一. コーパスで生の日本語を分析する. 2016年度 茨城キリスト教大学 日本語教育実習 実習先担当者懇談会. 2016
Books (4):
  • 中上級実用日本語文法
    筑波大学グローバルコミュニケーション教育センター 2013
  • 大学生のための語彙論入門
    東京外国語大学大学院総合国際学研究院 グローバルCOEプログラム コーパスに基づく言語学教育研究拠点 2012
  • 論文執筆支援シリーズIV 外大生のための日本語研究ガイドブック 増補改訂版2010
    東京外国語大学大学院総合国際学研究院 グローバルCOEプログラム コーパスに基づく言語学教育研究拠点 2010
  • 論文執筆支援シリーズII 外大生のための日本語研究ガイドブック
    東京外国語大学大学院 地域文化研究科 グローバルCOEプログラム コーパスに基づく言語学教育研究拠点 2009
Lectures and oral presentations  (9):
  • 学習者オートノミーの育成をめざした上級読解作文授業
    (筑波大学CEGLOC日本語教育部門シンポジウム「未来志向の 日本語教育2.0」 2021)
  • 学生が自ら考え日本を理解することをめざした読解作文授業
    (筑波大学日本語・日本事情遠隔教育拠点 シンポジウム「未来志向の日本語教育」 2019)
  • 留学生センター補講コース中上級文法の実践
    (筑波大学日本語教育連合会シンポジウム 日本語教育への挑戦 2015)
  • 類義漢語の品詞性と意味-「貧乏」と「貧困」について-
    (第16回日本語文法学会 2015)
  • 初級から中級への縦のアーティキュレーションを考えた中級入門クラスの試み-意味のまとまりのある文章の理解・発信を中心に-
    (日本語教育学会2014年度 実践研究フォーラム 2014)
more...
Education (3):
  • Tokyo University of Foreign Studies
  • Tokyo University of Foreign Studies
  • Tokyo University of Foreign Studies Japanese Studies
Professional career (3):
  • 博士 学術 (東京外国語大学)
  • 修士 言語学 (東京外国語大学)
  • 学士 言語・地域文化 (東京外国語大学)
Work history (2):
  • - 現在 Ibaraki Christian University Department of Cross-Cultural Studies, College of Literature
  • - 現在 University of Tsukuba
Association Membership(s) (3):
THE SOCIETY FOR TEACHING JAPANESE AS A FOREIGN LANGUAGE ,  THE SOCIETY OF JAPANESE GRAMMAR ,  THE SOCIETY FOR JAPANESE LINGUISTICS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page