Rchr
J-GLOBAL ID:201401072740616748   Update date: Jun. 06, 2024

KOTANI Etsuko

コタニ エツコ | KOTANI Etsuko
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
Research field  (4): Primary/secondary education and curricula ,  Primary/secondary education and curricula ,  Primary/secondary education and curricula ,  Primary/secondary education and curricula
Research keywords  (5): 社会科教育 ,  社会認識形成 ,  空間認識形成 ,  地図学習 ,  生活科教育
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2019 - 2023 Research on the Connection between Map Study in Social Studies and Living Environment Studies from the Perspective of the Formation of Concepts Supporting the Framework of Spatial Awareness
  • 2015 - 2018 概念形成の視点に基づく空間認識の枠組み作りによる小学校地図学習の改善に関する研究
Papers (14):
  • 小谷恵津子. 生活科での地図活用を通した空間認識形成と社会科との接続. 新地理. 2024. 72. 1. 1-22
  • 小谷恵津子. 生活科における地図活用の実態-「たんけん」を行う単元に着目した全国抽出調査の結果と改善に向けた考察-. 新地理. 2021. 69. 3. 51-64
  • 小谷恵津子, 大矢幸久. 生活科におけるより良い地図活用のあり方に関する一考察. 日本地理教育学会 入門期の地図活用研究グループ 研究報告書. 2021. 5-15
  • 小谷恵津子. 認識および表現の媒体としての機能に着目した地図活用による小学校社会科防災学習における学びの深まり. 社会系教科教育学研究. 2020. 32. 11-20
  • KOTANI Etsuko. Improvement of Map Study Lessons in Elementary Schools in Order to Instill Recognition of Scale:Through a Consideration of the Lesson Plans and Learning Content in Teaching about Scale. THE NEW GEOGRAPHY. 2017. 65. 2. 1-18
more...
MISC (12):
  • 小谷恵津子. 小学校地理教育の推進に向けた要点. 新地理. 2023. 71. 2. 49-51
  • 小谷恵津子. 場面別考える力をグッと高める発問スキル5まとめ・振り返りの場面-「深い学び」に至る問いの位置付けを. 教育科学 社会科教育. 2022. 757. 32-33
  • 統計・地図活用能力 情報の読み取りから「意味が分かる」指導に向けて. 社会科教育. 2021. 746. 16-19
  • 小谷恵津子. 小学校社会 指導と評価の一体化実現への三つのポイント-指導と評価を一体化!指導&評価計画作成と授業づくり. 社会科教育. 2020. 740. 26-29
  • 小谷恵津子. 地域・家庭と連携した活動を通した大学生の成長-「マミポコ・キッズ」の取り組み-. 教育研究. 2020. 1415. 14-17
more...
Books (22):
  • 小学社会
    日本文教出版 2024 ISBN:9784536181822
  • 楽しく学ぶ小学生の地図帳
    帝国書院 2024 ISBN:9784807166527
  • 初等社会科教育の理論と実践-学びのレリバンスを求めて-
    教育情報出版 2022 ISBN:9784909378521
  • 中学校社会 指導スキル大全
    明治図書出版 2022 ISBN:4184522335
  • 社会系教育実践学論集-子どもが探究する授業実践を目指して-
    帝国書院 2021
more...
Lectures and oral presentations  (26):
  • 生活科における地図活用の改善と社会科との接続
    (日本社会科教育学会第73回全国研究大会 2023)
  • 概念形成に着目した地図活用能力の系統性(2) -中学校社会科地理的分野における試案の作成-
    (日本地理教育学会第73回大会 2023)
  • 社会科との接続を視点とした生活科における地図活用の改善-「たんけん」を行う単元に着目して-
    (日本社会科教育学会第72回全国研究大会 2022)
  • 概念形成に着目した地図活用能力の系統性-小学校社会科における試案の作成-
    (日本地理教育学会第72回大会 2022)
  • 生活科における地図活用の実態と改善に向けての一考察-「たんけん」を行う単元に着目した全国抽出調査と教員へのインタビュー調査の分析結果をふまえて-
    (日本地理教育学会 第71回大会 2021)
more...
Professional career (1):
  • 博士(学校教育学) (兵庫教育大学)
Work history (6):
  • 2024/04 - 現在 玉川大学大学院 教育学研究科 教授
  • 2022/04 - 現在 玉川大学 教育学部教育学科 教授
  • 2019/04 - 2022/03 奈良教育大学大学院 非常勤講師
  • 2016/04 - 2022/03 畿央大学 教育学部現代教育学科 准教授
  • 2014/04 - 2016/03 畿央大学 教育学部現代教育学科 講師
Show all
Committee career (3):
  • 2022 - 現在 日本地理教育学会 評議員
  • 2021 - 現在 社会系教科教育学会 理事
  • 2017 - 現在 全国社会科教育学会 理事
Awards (3):
  • 2007/10 - 全国社会科教育学会 第3回研究奨励賞 概念探究型社会科における納得をともなう概念の獲得と経験-中学校地理的分野「人口から見た日本」の開発を通して-
  • 2001/08 - 日本教育会奈良県支部 平成13年度親と教師の体験手記 優秀賞 国際理解は自国・郷土の理解から
  • 2001/01 - 奈良県教育委員会 平成12年度教育研究論文 優秀賞 「学び方」を学ぶ選択教科「社会」-「調べて考えて体験する原始時代の技術」の実践を通して-
Association Membership(s) (6):
日本生活科・総合的学習教育学会 ,  鳴門社会科教育学会 ,  日本地理教育学会 ,  日本社会科教育学会 ,  社会系教科教育学会 ,  全国社会科教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page