Rchr
J-GLOBAL ID:201401075555408046   Update date: Sep. 14, 2021

Aoki Toshiaki

アオキ トシアキ | Aoki Toshiaki
Affiliation and department:
Research field  (1): Civil engineering (planning and transportation)
Research keywords  (3): 環境心理学 ,  社会心理学 ,  都市計画
Papers (43):
  • 青木俊明, 金子侑生. 防潮堤建設を巡る地域紛争の構造とその鎮静化- 宮城県気仙沼市鮪立地区を対象として. 都市計画論文集. 2021
  • Hiroshi, NONAMI, Shoji, OTOMO, Go, SAKAMOTO, Yutaka, TASHIRO, Toshiaki AOKI. Superior Legitimization of a Concerned Party in NIMBY Problem as a Moral Dilemma: Case of Geological Disposal Facility of High-level Radioactive Waste. Journal of Environmental Information Science. 2021
  • 野波 寛, 坂本 剛, 大友章司, 田代 豊, 青木俊明. NIMBY問題における道徳基盤とマクシミン原理の影響:地層処分場の決定権をめぐる当事者の優位的正当化. 実験社会心理学研究. 2021
  • 野波 寬, 大友 章司, 坂本 剛, 田代 豊, 青木 俊明. NIMBY問題で当事者に対する優位的正当化が抑制されるとき-地層処分場を焦点とした「誰がなぜゲーム」における将来世代の呈示-. リスク学研究 , SRA-0331. 2021. 30. 3. 161-175
  • 鈴木 温, 吉川 涼介, 平沼 克, 青木 俊明. 地縁・歴史的要因が地方部の居住継続性に与える影響. 土木学会論文集D3(土木計画学). 2020. 76. 5. I_557-I_567
more...
Books (6):
  • 紛争・正義・暴力の心理学
    北大路書房 2016
  • 市民生活行動学
    土木学会出版会 2015
  • 東北大学高等教育開発推進センター編 高等教育ライブラリ3「東日本大震災と大学教育の使命」
    東北大学出版会 2012
  • Pro-social Behavior and Fairness Studies: A Review and Perspective, In. Ohbuchi, K. & Asai, N. (Eds.), Inequity, discrimination, and conflict in Japan: ways to social justice and cooperation. Melbourne
    Trans Pacific Press 2011
  • Consensus-building in Japanese Public Development: The Application of Fairness Theory and the Creation of a New Field of Research,In. Ohbuchi, K. (Ed.), Social Justice in Japan: Concepts, Theories and Paradigms. Melbourne
    Trans Pacific Press 2007
more...
Lectures and oral presentations  (144):
  • A Study on Diffusion Process of Community Bike in Japan: A Case Study of DATE Bike
    (Proceedings of EASTS, PP. 3219 2021)
  • 居住地の自然災害リスクの種類に応じた居住継続意識構造に関する研究
    (土木計画学研究発表会・講演集, No.1084, Vol. 63 2021)
  • NIMBY事業の受容協議における住民質疑の内容分析
    (土木計画学研究発表会・講演集, P235, Vol. 63 2021)
  • NIMBY施設をめぐる住民説明会の雰囲気が住民の協議参加意欲に与える影響
    (土木計画学研究発表会・講演集, P203, Vol. 63 2021)
  • カラー舗装がドライバーに与える安全運転促進の効果分析
    (令和2年度 土木学会東北支部技術研究発表会講演概要集,IV-13 2021)
more...
Professional career (1):
  • 情報科学 (Tohoku University)
Committee career (38):
  • 2021/06 - 現在 青葉通駅前エリアあり方検討協議会 委員
  • 2021/04 - 現在 宮城県 行政評価委員会 政策評価部会 委員
  • 2019/09 - 現在 宮城県 交通安全施設整備合理化等検討会 委員
  • 2019/07 - 現在 仙台市 交通政策推進協議会 委員
  • 2016/10 - 現在 山形県 山辺町都市再生整備計画事後評価委員会 委員長
Show all
Association Membership(s) (7):
The International Association of Applied Psychology ,  The Japanese society of social psychology ,  the Japanese psychological association ,  Eastern Asia Society for Transportation Studies ,  The city planning institute of Japan ,  東北ソーシャル・キャピタル研究会 ,  土木学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page