Rchr
J-GLOBAL ID:201401077210569562   Update date: Aug. 17, 2021

TOYA Hiroshi

TOYA Hiroshi
Affiliation and department:
Research field  (3): Sociology/history of science and technology ,  History of thought ,  Philosophy and ethics
Research keywords  (14): Hans Jonas ,  ギュンタ-・アンダース ,  ハンナ・アーレント ,  マルティン・ハイデガー ,  哲学 ,  倫理学 ,  哲学対話 ,  未来倫理学 ,  テクノロジー ,  環境倫理 ,  生命倫理 ,  intergenerational ethics ,  technology ,  討議倫理
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2019 - 2019 地層処分をめぐる住民との対話を促進させる手法の研究
  • 2014 - 2016 世代間倫理をめぐるハンス・ヨナスと討議倫理の思想の研究
Papers (16):
  • 戸谷洋志. 生命の、あるいは子どもの実存 : ハンス・ヨナスの倫理思想における実存主義の影響について. 立命館大学人文科学研究所紀要. 2019. 118. 191-211
  • 戸谷洋志. テクノロジーと想像力--アンダースとヨナスにおける技術論の比較. 人文. 2018. 17. 29-44
  • 戸谷洋志. 未来の複数性への責任 : ハンス・ヨナスにおける「出生」の概念の受容. 公共研究. 2018. 14. 226-245
  • 戸谷洋志. ヨナスにおける近代的な自然像の分析について - 責任原理の予備的考察. 倫理学年報. 2018. 67. 219-232
  • 戸谷洋志. 反ハイデガー的転回の後で ハンス・ヨナスにおけるヒトクローニングの実存的批判. Zuspiel. 2017. 1. 110-119
more...
MISC (15):
  • 戸谷洋志. ハンス・ヨナスと反出生主義. 現代思想. 2019
  • 戸谷洋志, 森岡正博. 生きることの意味を問う哲学. 現代思想. 2019
  • 戸谷洋志. 反出生主義. 現代思想. 2019
  • 戸谷洋志. 結ぶ技術. しししし. 2017. 1. 85
  • 戸谷洋志. よくわかる!はじめてのELSI講座. 生命科学連携推進協議会. 2017
more...
Books (5):
  • ハンス・ヨナス 未来への責任:やがて来る子どもたちのための倫理学
    慶応義塾大学出版会 2021
  • 原子力の哲学
    集英社 2020
  • 僕らの哲学的対話 棋士と哲学者
    イーストプレス 2018
  • ハンス・ヨナスを読む
    堀之内出版 2018
  • Jポップで考える哲学 自分を問い直すための15曲
    講談社 2016
Lectures and oral presentations  (18):
  • ハンス・ヨナスの暴力性について
    (『現代思想』11月号にまつわるシンポジウム 2019)
  • 自己啓発時代の協働と哲学
    (2019)
  • 保育の責任・教育の責任--ハンス・ヨナスの倫理学における教育思想
    (2019)
  • 科学技術のELSIにおける哲学対話の意義
    (哲学プラクティス連絡会 2019)
  • 反ハイデガー的転回のあとで --ヨナスにおけるヒトクローニングへの実存主義的批判
    (ハイデガー『存在と時間』2017 2017)
more...
Education (3):
  • 2013 - 2019 大阪大学大学院 博士後期課程
  • 2011 - 2013 大阪大学大学院 博士前期課程
  • 2007 - 2011 Hosei University Department of Philosophy
Work history (6):
  • 2019/04 - 2021/03 大阪大学国際共創大学院学位プログラム推進機構 特任助教
  • 2018/04 - 2020/03 Gakushuin University Faculty of Letters
  • 2018/10 - 2019/03 Otemon Gakuin University Institute of Liberal Arts
  • 2016/10 - 2018/09 大阪大学大学院 医の倫理と公共政策学教室 特任研究員
  • 2016/05 - 2016/09 Gakushuin University
Show all
Committee career (2):
  • 2019/09 - 現在 実存思想協会 幹事
  • 2015/08 - 2017/08 ASLE-J/文学環境学会 院生組織代表
Awards (3):
  • 2021/03 - 株式会社エネルギーフォーラム 第41回「エネルギー・フォーラム賞」 優秀賞
  • 2015/11 - 白山市 明烏敏賞 「原子力をめぐる哲学ーードイツ現代思想を中心に」
  • 2015/04 - 中外日報社 涙骨賞 奨励賞 「人類の存続への責任と『神の似姿』-ヨーナスの責任倫理の基礎付けをめぐって」
Association Membership(s) (7):
HEIDEGGER-FORUM IN JAPAN ,  アーレント研究会 ,  JAPANESE SOCIETY FOR SCIENCE AND TECHNOLOGY STUDIES ,  Asle-Japan ,  Japanese Association for the Contemporary and Applied Philosophy ,  The Kansai Phirosophical Association ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR ETHICS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page