Rchr
J-GLOBAL ID:201401077559593835   Update date: Sep. 18, 2021

Kenichi Ishibashi

イシバシ ケンイチ | Kenichi Ishibashi
Affiliation and department:
Research field  (1): Pharmaceuticals - health and biochemistry
Research keywords  (5): 脂質生化学 ,  インスリン抵抗性 ,  糖尿病 ,  脂肪細胞 ,  脂肪酸
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2019 - 2022 トランス脂肪酸が天然の脂肪酸とは異なる機序で起こす細胞機能障害に関わる因子の解明
  • 2019 - 2020 トランス構造を持つ脂肪酸の体への蓄積と疾患発症との関係を調べるためのプラットフォームの構築
  • 2017 - 2019 飽和脂肪酸とトランス脂肪酸による脂肪毒性の発現の違いや共通性を生み出す分子の解明
Papers (24):
  • Y. Takeda, K. Ishibashi, Y. Kuroda, G. Atsumi. Exposure to stearate activates the IRE1α/XBP-1 pathway in 3T3-L1 adipocytes. Biol. Pharm. Bull. 2021. in press
  • K. Ishibashi, G. Atsumi. Extracellular Elaidate, a Trans Fatty Acid, Tends to be Incorporated into Triglycerides and Incorporated Elaidate is Released by Lipolysis. BPB Reports. 2021. 4. 4. 120-123
  • Kenichi Ishibashi, Yoshihiro Takeda, Lisa Nakata, Fumihiko Hakuno, Shin-Ichiro Takahashi, Gen-ichi Atsumi. Elaidate, a trans fatty acid, suppresses insulin signaling for glucose uptake in a manner distinct from that of stearate. Biochimie. 2020. 177. 98-107
  • An examination of searching methods from a database for Japanese articles on clinical studies involving essential oils. Journal of Japanese Society of Aromatherapy. 2020. 19. 30-36
  • Ishibashi K, Nihei K, Atsumi G. Examination of efficient method for searching articles of clinical study using essential oil (Part2). Journal of Japanese Society of Aromatherapu. 2019. 18. 7-13
more...
MISC (1):
  • 石橋賢一. 細胞内に存在する脂肪酸結合タンパク質はアディポカインとしての一面を示す. ファルマシア. 2014. 50. 3. 73-82
Books (1):
  • Effect of Trans Fatty Acid on Insulin Responsiveness and Fatty Acid Composition of Lipid Species of 3T3-L1 Adipocytes
    IntechOpen 2018
Lectures and oral presentations  (65):
  • ステアリン酸による脂肪細胞でのIRE1α/XBP-1経路の活性化
    (日本薬学会第138年会 2018)
  • マクロファージ共培養下での脂肪細胞由来マイクロパーティクルの 血液凝固亢進作用の変化
    (日本薬学会第138年会 2018)
  • ゆず精油で繰り返し刺激された脂肪細胞の変化について
    (日本薬学会第138年会 2018)
  • エライジン酸がインスリンシグナルとリン脂質の脂肪酸組成に与える影響の解析
    (Conbio2017 2017)
  • ゆず精油が脂肪細胞のインスリン応答性に与える影響について
    (第20回 日本アロマセラピー学会 学術総会 2017)
more...
Works (3):
  • グローバルCOEプログラム「免疫システム統御治療学の国際教育研究拠点」 リサーチアシスタント
    2012 - 2013
  • 学生優秀口頭発表賞受賞(日本薬学会第133年会)
    2013 -
  • グローバルCOEプログラム「免疫システム統御治療学の国際教育研究拠点」 リサーチアシスタント
    2011 - 2012
Education (3):
  • 2010 - 2013 Chiba University
  • 2008 - 2010 Chiba University
  • 2004 - 2008 Teikyo University
Professional career (1):
  • 博士(医薬学) (千葉大学)
Work history (1):
  • 2013/04 - 現在 Teikyo University Faculty of Pharma-Science
Committee career (1):
  • 2019/04 - 現在 日本アロマセラピー学会 評議員
Awards (1):
  • 2019/11 - 日本アロマセラピー学会 学会奨励賞
Association Membership(s) (4):
JAPANESE SOCIETY OF AROMATHERAPY ,  日本脂質生化学会 ,  日本生化学会 ,  日本薬学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page