Rchr
J-GLOBAL ID:201401078139321275   Update date: May. 07, 2024

Ooshima Makoto

オオシマ マコト | Ooshima Makoto
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Local studies ,  Economic policy ,  Public economics, labor economics
Research keywords  (6): 経済政策論 ,  Regional Policy ,  Private Finance Initiative ,  New Public Management ,  Local Public Finance ,  Public Finance
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2023 - 2025 PPP 手法を用いた公的不動産マネジメントによるまちづくりの研究
  • 2022 - 2023 水道PFI方式の効果と課題に関する研究
  • 2022 - サスティナブルな「都市と暮らし」を科学する
  • 2019 - 2020 水道型PFI事業に関する事業性の効果と課題および事業スキームの制度設計の考案について
  • 2018 - 2019 水道PFI事業の事例分析および制度設計に関する研究
Show all
Papers (31):
  • 大島誠. 夕張市における水道PFI方式の導入時評価の在り方と課題そしてVFMの留意点について. 地方財政. 2024. 63. 2. 220-247
  • 大島誠. 横浜市における下水道PFI事業の「継続性」の特徴と留意点について. 日本地域政策研究. 2022. 29. 48-56
  • Ooshima Makoto. The Effectiveness and Limitations of the PFI for a Water Utility: Case Study of the Kawai Purification Plant Reconstruction Project in Japan. Journal of Japanese Management. 2022. 6. 2. 17-31
  • 大島誠. 事業終了後における改良土PFI事業の検証について-横浜市下水道局改良土プラント増設・運営事業を事例に. 下水道協会誌. 2021. 58. 707. 86-91
  • 大島 誠. 水道PFI方式の有効性と限界-川井浄水場再整備事業を事例に. 地方自治研究. 2021. 36. 1. 66-78
more...
MISC (17):
  • 大島 誠. 公営企業の経営戦略、法適用化、広域連携の取組、経営分析手法等に関する調査報告書. 2020
  • 大島 誠. 環境配慮型PFI方式における事業スキームの構築と制度設計に関する研究. 平成30年度 助成研究等報告書(公益財団法人横浜学術教育振興財団). 2019. 1-4
  • 大島 誠. PFI型ESCO事業における財政・環境効果と複数事業化について~埼玉県熊谷地方庁舎ほかエコオフィス化改修事業を事例に~. 日本地方財政学会第 25 回全国大会報告要旨. 2017. 38-39
  • 大島 誠. PFI型ESCO事業におけるVFMに関する諸課題について-埼玉県浦和地方庁舎ESCO事業を事例に. 日本地域政策学会第15回全国研究【大阪】大会. 2016. 66-67
  • 大島 誠. ESCO事業を用いた環境配慮型PFI方式の制度設計に向けて-横浜市下水道局整備・運営事業を素材に. 大会報告要旨閲覧システム <日本財政学会全国大会 第72回大会>. 2015
more...
Books (3):
  • サスティナブルな「都市と暮らし」を科学する
    朝倉書店 2023
  • 公私分担と公共政策
    日本経済評論社 2008
  • Nippon 2002 Business Facts&Figures
    財団法人日本貿易振興会 2002
Lectures and oral presentations  (31):
  • まちづくり視点での公的不動産有効活用において民間力の活用は進化したか
    (日本不動産学会シンポジウム 2023)
  • 水道事業の民営化を EBPMの観点から考える! (『脱炭素への架け橋』合計3回、企画監修 / 大島 誠)
    (横浜市立大学みなとみらい特別講座(共催/横浜市温暖化対策本部 主催/横浜市立大学地域貢献センター 後援/横浜市政策局) 2023)
  • 戸塚駅西口再開発事業におけるPFI方式の効果と課題について (『街の顔・魅力的な駅周辺地域を考える~地域経済や街のにぎわいの観点から~』中西正彦監修)
    (横浜市立大学アドバンスト・エクステンション講座 2019)
  • 戸塚駅西口再開発事業におけるPFI方式の効果と課題について
    (日本地方自治研究学会関東部会 2019)
  • PFI型ESCO事業における財政・環境効果と複数事業化について~埼玉県熊谷地方庁舎ほかエコオフィス化改修事業を事例に~
    (日本地方財政学会第 25 回大会 2017)
more...
Professional career (1):
  • 博士(経済学、論文博士) (横浜国立大学)
Work history (3):
  • 2024/04 - 現在 横浜市立大学 学術院国際総合科学群(人文社会科学系列) 教授
  • 2015/04 - 2024/03 Yokohama City University
  • 2013/04 - 2015/03 Yokohama City University
Awards (4):
  • 2023/04 - 横浜市立大学 国際教養学部長賞
  • 2021/09 - 日本地方自治研究学会 日本地方自治研究学会賞 <論文の部> 受賞対象論文:「水道PFI方式の有効性と限界-川井浄水場再整備事業を事例に」(2021)単著『地方自治研究』第36巻第1号、pp.66-78.
  • 2019/03 - 横浜市立大学 国際総合科学部長賞
  • 2010/05 - 日本地方財政学会 日本地方財政学会賞 佐藤賞<論文の部> 受賞対象論文:「病院PFI方式の導入過程、その効果と限界、そして、財政健全化法への影響-近江八幡市立総合医療センターを事例に」(2009)単著『地方財政』第48巻第1号、pp.135-163.
Association Membership(s) (4):
NIPPON URBAN MANAGEMENT AND LOCAL GOVERNMENT RESEARCH ASSOCIATION ,  THE JAPAN ASSOCIATION OF REGIONAL POLICY ,  JAPAN ASSOCIATION OF LOCAL PUBLIC FINANCE ,  THE JAPAN INSTITUTE OF PUBLIC FINANCE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page