Rchr
J-GLOBAL ID:201401081497756012   Update date: Dec. 03, 2020

Jung Okhee

チョン オクヒ | Jung Okhee
Affiliation and department:
Job title: 講師
Research field  (1): Tourism studies
Research keywords  (2): 地域研究 ,  観光地理学
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2006 - 現在 観光による地域変化に関する研究
  • 2006 - 現在 農村地域における観光活動に関する研究
  • 2004 - 現在 住民主導型観光事業の形態に関する研究
  • 2019 - 2022 スマート・ツーリズムにみる観光の変容
  • 2017 - 2020 移住者増加による観光業の発展とコミュニティの再編-韓国済州島舊左邑を事例にして
Show all
Papers (9):
  • 鄭 玉姫. 国家イメージが観光地イメージと行動意図に及ぼす影響-日韓大学生を対象として-. 立教大学観光学部紀要. 2018. 20. 54-66
  • Jung Okhee. The Operation and the Significance of Care Farms of Mixed Farming Region in the Netherlands. Rikkyo University Bulletin of Studies in Tourism. 2017. 19
  • 鄭 玉姫. 韓国南海島文巷漁村体験村における体験型漁業の運営システム. 観光研究. 2017. 28. 2
  • 鄭 玉姫. 韓国・慶尚南道南海島における観光体験村の経営. 立教大学観光学部紀要. 2016. 18
  • 鄭 玉姫. 韓国・釜山市甘川における文化村の展開と観光. 立教大学観光学部紀要. 2015. 17
more...
Lectures and oral presentations  (4):
  • 韓国・済州島における移住者の増加と観光
    (東北アジア観光学会 2018)
  • 韓国・済州島における移住者増加からみた観光施設の立地分布
    (日本地理学会 2018)
  • Tourism Management through Community Participation in Munhang Settlement, Namhae lsland, Korea
    (The 33rd International Geographical Congress 2016)
  • 韓国・慶尚南道文巷集落における体験観光の運営
    (第30回日本観光研究学会 全国大会 2015)
Education (4):
  • - 2011 Rikkyo University
  • - 2006 Nagasaki International University
  • - 2004 Nagasaki International University
  • - 2001 韓国釜山女子大学
Professional career (2):
  • 修士(観光学) (長崎国際大学)
  • 博士(観光学) (立教大学)
Work history (4):
  • 2019/04 - 現在 Hamamatsu Gakuin University Faculty of Modern Communication Studies
  • 2013/04/01 - 現在 Jiyugaoka Sanno College
  • 2014/04/01 - 2019/03/31 RIKKYO UNIVERSITY College of Tourism Department of Culture and Tourism Studies Assistant Professor
  • 2015/04/01 - 2018/03/31 Teikyo University
Committee career (1):
  • 2014/06 - 2019/05 日本観光研究学会 総務委員会 幹事
Association Membership(s) (5):
日本地理空間学会 ,  東北アジア観光学会 ,  韓国観光学会 ,  日本地理学会 ,  日本観光研究学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page