Rchr
J-GLOBAL ID:201401082182215290   Update date: Dec. 04, 2020

Kinoshita Mayumi

キノシタ マユミ | Kinoshita Mayumi
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (2): Educational psychology ,  Social psychology
Research keywords  (6): パーソナリティ ,  同期性 ,  身体動作 ,  集団討論 ,  抑うつ ,  思考スタイル
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2000 - 2002 抑うつ者の経験的-合理的情報処理に関する研究
  • こころの栄養としての砂糖-砂糖摂取によるストレス低減の検討-
Papers (1):
MISC (14):
  • Mayumi Kinoshita. Arousing good discussion : Visualizing of turn-taking in the interactive group conversation. 高崎経済大学論集. 2018. 60. 4. 309-318
  • Mayumi Kinoshita. Modification of the naive theory on economics by knowledge transfer promotion task and its individual differences : interaction with the information-processing styles. 高崎経済大学論集. 2017. 59. 2. 1-15
  • Naitou Mayumi. Educational Effects of Learning Through Discussion (2):Utterances Control functions of verbal and non-verbal behavior by listeners. 高崎経済大学論集. 2015. 58. 3. 47-54
  • Naito Mayumi. Effects of Discussion-Centered Learning(1): Motivational and Understanding Changes Indicated in The Direction of Communication. 2013. 56. 1. 15-26
  • 足立 にれか, 高比良 美詠子, 内藤 まゆみ. Outsourcing meals: How do female students interpret their use of eating-out and catering meals?. Memoirs of Taisho University Faculty of Buddhist Studies, Faculty of Human Studies, Faculty of Literature, Faculty of Communication and Culture. 2011. 96. 190-178
more...
Books (9):
  • 心と付き合うための心理学
    北樹出版 2019 ISBN:9784779306068
  • 青年期発達百科事典 第2巻
    丸善出版 2014
  • 地方公立大学の未来
    日本経済評論社 2010 ISBN:9784818820920
  • 地域政策を考える : 2030年へのシナリオ
    勁草書房 2009 ISBN:9784326301782
  • 児童心理学の進歩2008年版
    2008 ISBN:9784760899487
more...
Lectures and oral presentations  (11):
  • P2-48 社会的価値と起業意識の関連 : Schwartzの価値モデルによる検討
    (日本パーソナリティ心理学会大会発表論文集 2009)
  • 事例で学ぶ心理・調査データの解析1 階層的重回帰分析(SPSS)
    (お茶の水女子大学21世紀COEプログラム「ジェンダー研究のフロンティア」「誕生から死までの人間発達科学」共催 「2日でわかるパネル・データ分析」 2006)
  • 嫌なことが起きても「うつ」にならないのはどんな人か -状況要因とパーソナリティの交互作用が抑うつに及ぼす影響-
    (ワークショップ「縦断研究による因果関係の推定-縦断調査データの分析方法-」 2005)
  • 抑うつからの回復-合理的思考の効果とその過程-
    (日本心理学会第69回大会小講演 2005)
  • インターネットを介した癒し : その効果と今後の展望 (特集 こころと癒し : 第27回研究会・第4回全国大会) -- (分科会 コミュニケーションと癒し)
    (癒しの環境 2004)
more...
Education (4):
  • 1999 - 2002 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科(博士後期課程)
  • 1997 - 1999 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科(博士前期課程)
  • 1993 - 1997 Ochanomizu University
  • 1990 - 1993 北海道立旭川東高等学校
Professional career (1):
  • 博士(人文科学) (お茶の水女子大学)
Work history (5):
  • 2016/04 - 現在 Takasaki City University of Economics Faculty of Economics
  • 2008/04 - 2016/03 Takasaki City University of Economics Faculty of Economics
  • 2005/04 - 2008/03 Takasaki City University of Economics Faculty of Economics
  • 2002/04 - 2005/03 日本学術振興会 PD
  • 2000/01 - 2002/03 日本学術振興会 DC2
Committee career (6):
  • 2018/04 - 現在 高崎健康福祉大学高崎高等学校 学校評議員
  • 2016/02 - 現在 日本パーソナリティ心理学会 常任編集委員
  • 2012/10 - 現在 日本パーソナリティ心理学会 理事
  • 2017/06 - 2020/03 群馬県教育委員会 群馬県教員育成協議会委員
  • 2007/09 - 2011/09 日本パーソナリティ心理学会 常任編集委員
Show all
Association Membership(s) (5):
JAPANESE ASSOCIATION OF THE SOCIOLINGUISTIC SCIENCES ,  JAPAN SOCIETY OF PERSONALITY PSYCHOLOGY ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY ,  THE JAPANESE SOCIETY OF SOCIAL PSYCHOLOGY ,  THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page