Rchr
J-GLOBAL ID:201401083723738971   Update date: Sep. 01, 2022

Fukuhara Noriko

フクハラ ノリコ | Fukuhara Noriko
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Homepage URL  (1): http://www.rh.med.tohoku.ac.jp/
Research field  (1): Hematology and oncology
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2021 - 2024 未治療低腫瘍量濾胞性リンパ腫に対するリツキシマブ早期介入に関するランダム化比較第III相試験
  • 2020 - 2022 眼内悪性リンパ腫に対するブルトンキナーゼ阻害剤を用いた中枢再発予防法による医師主導多施設共同治験
  • 2014 - 2017 高齢者多発性骨髄腫患者に対する至適な分子標的療法の確立と治療効果および有害事象を予測するバイオマーカーの探索的研究
Papers (168):
  • Tetsuro Ochi, Tohru Fujiwara, Koya Ono, Chie Suzuki, Maika Nikaido, Daichi Inoue, Hiroki Kato, Koichi Onodera, Satoshi Ichikawa, Noriko Fukuhara, et al. Exploring the mechanistic link between SF3B1 mutation and ring sideroblast formation in myelodysplastic syndrome. Scientific reports. 2022. 12. 1. 14562-14562
  • Dai Maruyama, Shinsuke Iida, Ryunosuke Machida, Shigeru Kusumoto, Noriko Fukuhara, Nobuhiko Yamauchi, Kana Miyazaki, Makoto Yoshimitsu, Junya Kuroda, Norifumi Tsukamoto, et al. Final analysis of randomized phase II study optimizing melphalan, prednisolone, bortezomib in multiple myeloma (JCOG1105). Cancer science. 2022
  • Masahiro Miyazaki, Satoshi Ichikawa, Yasushi Onishi, Noriko Fukuhara, Eijiro Furukawa, Koichi Onodera, Hisayuki Yokoyama, Ryo Ichinohasama, Hideo Harigae. Long-term remission of primary refractory ALK-positive anaplastic large cell lymphoma after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH. 2022
  • Koya Ono, Tohru Fujiwara, Kei Saito, Hironari Nishizawa, Noriyuki Takahashi, Chie Suzuki, Tetsuro Ochi, Hiroki Kato, Yusho Ishii, Koichi Onodera, et al. Congenital sideroblastic anemia model due to ALAS2 mutation is susceptible to ferroptosis. Scientific reports. 2022. 12. 1. 9024-9024
  • 田中 悠也, 小野寺 晃一, 木葉 大地, 諸田 直哉, 道又 大吾, 小野 浩弥, 猪倉 恭子, 市川 聡, 福原 規子, 大西 康, et al. Peritoneal lymphomatosisによって腹部コンパートメント症候群を来したB細胞性リンパ腫の1例. 臨床血液. 2022. 63. 5. 491-492
more...
MISC (171):
  • 福原 規子. 【CAR-T細胞療法の現在と将来展望】治療成績 濾胞性リンパ腫. 医学のあゆみ. 2021. 277. 10. 897-900
  • 福原 規子. 【支持療法・副作用対策/非ホジキンリンパ腫】非ホジキンリンパ腫 濾胞性リンパ腫. 腫瘍内科. 2021. 27. 4. 403-406
  • 渡邊 裕文, 藤島 史喜, 三浦 豪, 國吉 真平, 佐藤 聡子, 福原 規子, 笹野 公伸. 髄外造血に関連した半月体形成性糸球体腎炎. 日本病理学会会誌. 2021. 110. 1. 353-353
  • 横山寿行, 櫻井一貴, 橋本和貴, 古川瑛次郎, 齋藤慧, 八田俊介, 猪倉恭子, 小野寺晃一, 市川聡, 福原規子, et al. The impact of KIR-ligand mismatch on the efficacy of GVHD-prophylaxis in cord blood transplantation. 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集. 2021. 43rd
  • 久保龍大, 大西康, 橋本和貴, 櫻井一貴, 猪倉恭子, 古川瑛次郎, 小野寺晃一, 市川聡, 福原規子, 藤原亨, et al. A case of adult T-cell leukemia/lymphoma receiving mogamulizumab monotherapy preceding URBMT. 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集. 2021. 43rd
more...
Books (1):
  • 白血病リンパ腫骨髄腫今日の診断と治療
    中外医学社 2011
Lectures and oral presentations  (260):
  • 完全房室ブロックを契機に診断に至ったびまん性大細胞型B細胞リンパ腫心臓浸潤の1例
    (第224回日本内科学会東北地方会 WEB)
  • 同種造血幹細胞移植後の菌血症に対しバック法で採取した顆粒球輸血を行った 2 症例
    (第 119 回日本輸血・細胞治療学会東北支部例会 WEB)
  • S-5 当科における臓器移植後リンパ増殖性疾患の経験 (優秀演題口演)
    (第61回日本リンパ網内系学会総会(WEB))
  • CD45かつCD30陽性のため悪性リンパ腫と鑑別を要した未分化神経内分泌腫瘍の1例
    (第223回日本内科学会東北地方会 WEB)
  • 血球貪食症候群を伴い発症したTCR陰性末梢性T細胞リンパ腫、非特定型の一例
    (第132回日本血液学会東北地方会 福島(WEB))
more...
Education (2):
  • - 2008 Tohoku University
  • - 1999 Tohoku University
Professional career (1):
  • 医学博士 (Tohoku University)
Association Membership(s) (10):
日本輸血学会 ,  日本造血幹細胞移植学会 ,  日本癌学会 ,  日本リンパ網内系学会 ,  米国血液学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  米国臨床腫瘍学会 ,  日本血液学会 ,  日本内科学会 ,  日本人類遺伝学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page