Rchr
J-GLOBAL ID:201401084430627012   Update date: Sep. 09, 2021

YORINAO YORINAO

シタオカ ヨリナオ | YORINAO YORINAO
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (2): Museology ,  Cultural properties
Research keywords  (6): 環境教育 ,  第四紀テフラ ,  被熱温度推定 ,  旧石器時代 ,  年代測定 ,  古文化財科学
Research theme for competitive and other funds  (37):
  • 2009 - 現在 中国泥河湾地域における旧石器遺跡の年代測定
  • 2019 - 2023 亜熱帯の高起伏衝突変動帯における地殻変動-気候変動-斜面変動関係史の解明
  • 2018 - 2023 古代西アジアをめぐる水と土と都市の相生・相克と都市鉱山の起源
  • 2021 - 2023 光ルミネッセンス「温度計」の確立と高確度化による焼成考古遺構と遺物の被熱温度推定
  • 2018 - 2022 東アジア新石器文化の実年代体系化による環境変動と生業・社会変化過程の解明
Show all
Papers (120):
  • 下岡順直・中野英之. 地層剥ぎ取り標本を活用した柱状図作成の室内実習プログラムの試み. 地球環境研究. 2021. 23. 115-120
  • 及川 穣・下岡順直・小林謙一. 広島県三次市下本谷遺跡最高所地点の年代学的検討-後期旧石器時代石器群と火山灰,OSL年代測定による遺跡形成過程の理解にむけて-. 中央史学. 2021. 44. 57-72
  • Nitta, H., Saito, T., Shitaoka, Y. Recent eruption history inferred from eruption ages of the two latest lava flows using multi-dating at Yokodake Volcano, Japan. Earth Planets and Space. 2020. 72
  • 長野県大町市,鹿島川流域に埋没する黒曜岩礫の岩石学的研究. 2020
  • 下岡順直・早田 勉・青木かおり・若井明彦. 浅間板鼻褐色軽石群(As-BP Group)の岩石記載と放射性炭素年代. 地球環境研究. 2020
more...
MISC (10):
  • 萩平遺跡A地点隣接地出土焼石の熱ルミネッセンス年代測定、萩平遺跡A地点隣接地の発掘記録. 2021
  • 下岡順直・小林謙一. 大日野原遺跡における光ルミネッセンス法を用いた土器資料の被熱温度推定. 大日野原遺跡第4次発掘調査. 2020. 5. 87-89
  • 下岡順直. 光ルミネッセンス法を用いた焼土の被熱温度推定. 青谷上寺地遺跡15. 2020. 36-39
  • 下岡順直. ルミネッセンス法による蓑毛小林遺跡で検出された地床炉跡の熱履歴分析. 公益財団法人かながわ考古学財団年報. 2020. 26. 135-142
  • 下岡順直. Gina L. BARNES and SODA Tsutomu 編著「TephroArchaeology in the North Pacific」(書評). 文化財科学. 2019. 79. 51-52
more...
Books (2):
  • 環境のサイエンスを学ぼう-正しい実験・実習を行うために
    2016
  • 『吉備塚古墳の調査』奈良教育大学文化財コース編
    2006
Lectures and oral presentations  (141):
  • 三ヶ月型砂丘堆積物のルミネッセンス年代測定(速報)
    (第37回ESR応用計測研究会・2020年度ルミネッセンス年代測定研究会・第45回フィッション・トラック研究会(オンライン大会) 2021)
  • 2020年北町遺跡共同調査の記録
    (第34回東北日本の旧石器文化を語る会オンライン大会 2020)
  • 磁気探査における古地磁気学・岩石磁気学的情報
    (地球電磁気・地球惑星圏学会第148回総会及び講演会(2020年秋学会)Zoom meetingによるオンライン開催 2020)
  • メソポタミア古代都市を飲み込む砂丘の移動を解明する:三ヶ月型砂丘堆積物のOSL年代測定
    (日本地球化学会第67回オンライン年会 2020)
  • 光ルミネッセンス法を用いた縄文土器資料の焼成温度推定
    (日本文化財科学会第37回大会(オンライン大会) 2020)
more...
Professional career (1):
  • 博士(文学) (奈良大学大学院)
Work history (3):
  • 2021/04 - 現在 Rissho University
  • 2020/04 - 2021/03 Rissho University Faculty of Geo-Environmental Science Department of Environment Systems Associate Professor
  • 2014/04 - 2020/03 Rissho University Faculty of Geo-Environmental Science Department of Environment Systems Assistant Professor
Committee career (3):
  • 2020/04 - 現在 日本第四紀学会 編集委員
  • 2018 - 現在 日本旧石器学会 幹事(会誌委員)
  • 2019/04 - 2019/08 日本地学教育学会 学術奨励賞審査委員長
Awards (3):
  • 日本文化財科学会第6回奨励論文賞
  • 2013年度日本地学教育学会学術奨励賞教育実践優秀賞
  • 2012年度日本地学教育学会学術奨励賞優秀論文賞
Association Membership(s) (11):
日本アイソトープ協会 ,  日本環境教育学会 ,  日本地球惑星科学連合 ,  関西環境教育学会(旧 日本環境教育学会関西支部) ,  日本地学教育学会 ,  宮城考古学会 ,  日本考古学協会 ,  日本第四紀学会 ,  日本旧石器学会 ,  日本文化財科学会 ,  日本環境教育学会関西支部
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page