Rchr
J-GLOBAL ID:201401087544739197   Update date: Aug. 31, 2020

Ohshima Naoki

オオシマ ナオキ | Ohshima Naoki
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Homepage URL  (2): https://www.sarl.jp/https://www.sarl.jp/
Research field  (2): Human interfaces and interactions ,  Intelligent robotics
Research keywords  (13): 行動変容 ,  ユーザインタフェース ,  ヒューマンインタフェース ,  インタラクションデザイン ,  テーブルトーク ,  コミュニケーション ,  擬人化 ,  ノンバーバル ,  Human-Robot Interaction ,  Human-Agent Interaction ,  social robotics ,  communication support ,  social robot
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2020 - 2023 高齢者・子供世帯間を結ぶ遠隔会話・共食の行動メカニズムの解明とQOL向上の検証
  • 2019 - 2022 一人暮らし高齢者の孤独を防ぐagent仲介型の遠隔コミュニケーション場の研究
  • 2017 - 2020 会話の場への参画を支援する会話ロボットの開発と評価分析
  • 2016 - 2019 Analizing Anticipation Mechanism of Reserved Participant in Multi-party Conversation and Its Application to Communication Robot's Behaviors
  • 2016 - 2017 家族の食事行動に基づくネットワークを介した促進行為場の生成と近似モデルの構築
Show all
Papers (29):
  • 板敷尚, 西脇裕作, 大島直樹, 岡田美智男. なぜスマート スピーカーはよそよそしいのか? ロボットとの親近感を生み出す代名詞の役割. ヒューマンインターフェース学会 論文誌. 2020. 22. 2. 65-76
  • Ryosuke Aoki, Kosuke Sato, Naoki Ohshima, Naoki Mukawa. Buzz-Buzz Chat: Encouraging Parent-Child Communication with Multiple-Agent Chats. The 31th Australian Computer-Human Interaction Conference (OzCHI 2019). 2019. 332-336
  • Ryosuke Mayumi, Naoki Ohshima, Michio Okada. Pocketable-Bones: A Portable Robot Sharing Interests with User in the Breast Pocket. 2019. 211-213
  • Toshihiko Isaka, Ryosuke Aoki, Naoki Ohshima, Naoki Mukawa. Study of socially appropriate robot behaviors in human-robot conversation closure. OzCHI '18: Proceedings of the 30th Australian Conference on Computer-Human Interaction. 2018. 519-523
  • 青木良輔, 草野孔希, 井原雅行, 望月崇由, 大島直樹, 武川直樹. 焦点シフト型ワークショッププログラム ~工学教育機関におけるデザイン思考とシステム思考の短期教育~. 電子情報通信学会論文誌D. 2018. J101-D. 6. 966-978
more...
MISC (5):
  • 板坂 優人, 大島 直樹, 岡田 美智男. 「あー」いえば「こー」いう! 人との共感的なインタラクションを生みだすロボット〈CULOT mini〉. エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2019論文集. 2019. 2019. 376-378
  • 湊本 耕己, 大島 直樹, 岡田 美智男. もうちょっと!その調子♪ あなたの支えで調和を生みだす音楽ロボット〈Tune-Born〉. エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2019論文集. 2019. 2019. 404-406
  • 巽 将司, 大島 直樹, 岡田 美智男. キミにとどけ!想いをカラダにのせて語ろうとするロボット〈Lumos〉. エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2019論文集. 2019. 2019. 459-461
  • OHSHIMA Naoki, YAMAGUCHI Yuta, DE SILVA P. Ravindra, OKADA Michio. Sociable Spotlight : A Methodology for Investigating Conversational Dynamics on Social Interaction. IEICE technical report. 2011. 111. 190. 33-38
  • OHSHIMA Naoki, OKAZAWA Kohei, OKADA Michio. TableTalkPlus : Interactive Contents and its Effects in mediating multiple party conversation. IEICE technical report. 2009. 109. 224. 5-10
Patents (2):
  • 会話補助装置、会話補助方法及びプログラム
  • コミュニケーションサーバ装置、コミュニケーション制御方法及びプログラム
Lectures and oral presentations  (80):
  • Weak Robot and Weak Human: Towards Building A Positive Environment Using Weak Robots Presence
    (Ecotic Workshop 2020 2020)
  • みんなで聞くよ!〈NAMIDA0 Home〉による共感的なコミュニケーションの構築
    (Human-Agent Interactionシンポジウム2020 2020)
  • もしもランプが生きていたら...:傍らに居る存在としての〈Lumos〉について
    (Human-Agent Interactionシンポジウム2020 2020)
  • 仲間に入る?多人数インタラクションを構成するロボットの身体配置について
    (Human-Agent Interactionシンポジウム2020 2020)
  • え?そっちなの?人と並んで歩くロボット〈Walking-Bones〉との視線を介したインタラクションについて
    (Human-Agent Interactionシンポジウム2020 2020)
more...
Education (4):
  • 2011 - 2014 Toyohashi University of Technology
  • 2009 - 2011 Toyohashi University of Technology
  • 2007 - 2009 Toyohashi University of Technology
  • 2002 - 2007 Nagano National College of Technology
Professional career (1):
  • Ph. D. (Toyohashi University of Tech.)
Committee career (8):
  • 2019/04 - 現在 日本知能情報ファジィ学会人間共生システム研究部会 幹事
  • 2015/04 - 現在 Human Agent Interactionシンポジウム 実行委員
  • 2019/06 - 2023/06 電子情報通信学会英文論文誌A編集委員会 英文論文誌編集委員
  • 2019/06 - 2023/06 電子情報通信学会和文論文誌A編集委員会 和文論文誌編集委員
  • 2020/06 - 2022/06 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)研究専門委員会 専門委員
Show all
Awards (19):
  • 2019/10 - Human Agent Interaction 2019 Best Poster Award Pocketable- Bones: A Portable Robot Sharing Interests with User in the Breast Pocket
  • 2019/09 - ヒューマンインタフェース学会 ヒューマンインタフェースシンポジウム2019優秀プレゼンテーション賞(W受賞) ときどきモノ忘れする〈Talking-Bones〉とそのインタラクションデザイン(4T-D5)
  • 2019/09 - ヒューマンインタフェース学会 ヒューマンインタフェースシンポジウム2019優秀プレゼンテーション賞 あのね、あのね - みんなでナイショばなしをするおしゃべりエージェント(4T-D3)
  • 2019/03 - Human-Agent Interaction シンポジウム2018 (HAI-2018) Outstanding Research Award 優秀論文賞 センシングした調理行動をネタに離れて暮らす親子を雑談でむすぶ複数のチャットボット~自動化システムによる2週間のユーザテスト~
  • 2019/02 - 東京電機大学 平成30年度東京電機大学研究・産官学連携貢献賞(団体部門)
Show all
Association Membership(s) (4):
電子情報通信学会 ,  日本認知科学会 ,  日本生態心理学会 ,  ヒューマンインタフェース学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page