Rchr
J-GLOBAL ID:201401097419317022   Update date: Oct. 17, 2023

Tanizaki Takashi

タニザキ タカシ | Tanizaki Takashi
Affiliation and department:
Research field  (5): Safety engineering ,  Social systems engineering ,  Web and service informatics ,  Soft computing ,  Mathematical informatics
Research keywords  (4): 数理計画 ,  サービス工学 ,  組合せ最適化 ,  スケジューリング
Research theme for competitive and other funds  (23):
  • 2023 - 2024 木材製品の梱包台数または仮置ラック数の最小化アルゴリズムの研究 Step2
  • 2023 - 2024 製造最適化技術の開発
  • 2022 - 2023 木材製品の梱包台数または仮置ラック数の最小化アルゴリズムの研究
  • 2022 - 2023 製造最適化技術における基本技術の調査・事前検討
  • 2021 - 2022 最適スケジューリング技術の開発
Show all
Papers (98):
  • 伊藤 華菜, 橋本 聖也, 稲富 峰憲, 古川 昭仁, 黒川 哲明, 中川 繁政, 谷崎 隆士, 藤原 匠之介. 輸送設備干渉を回避する生産計画問題に対する並列メタヒューリスティクスの適用. 第66回自動制御連合講演会論文集. 2023. 645-650
  • 福山 歩武, 谷崎 隆士. 食品製造工程におけるデータ駆動型制御システムの実験的検討. スケジューリング・シンポジウム2023 講演論文集. 2023. 158-161
  • 藤原 匠之助, 谷崎 隆士. 2台の干渉する搬送設備を有する生産ラインにおける散布探索法+パス間再結合法を用いたスケジューリングアルゴリズム. スケジューリング・シンポジウム2023 講演論文集. 2023. 56-60
  • 有野 正英, 谷崎 隆士. 加工木材製造工場における梱包作業場と仮置きラックの最適容量設計. スケジューリング・シンポジウム2023 講演論文集. 2023. 40-43
  • Takashi Tanizaki. Hardness Control of Automotive Seat Materials Using a Hybrid Design Method of Machine Learning and Optimization. Procedia CIRP. 2023. 118. 3-8
more...
MISC (28):
  • 谷崎 隆士, 片岡 隆之, 柴田 瑞穂, 中村 一美, 山元 翔, 新村 猛. 〈令和3年度活動報告〉サービス工学研究センター活動報告. 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Annual Report of Fundamental Technology for Next Generation Research Institute, Kindai University 12 45-50 2022年12月. 2022
  • 谷崎 隆士. 天井クレーンの最適運用システム. 公益財団法人計算科学振興財団 FOCUS 事例集. 2022. 12. 26-27
  • 谷崎 隆士, 片岡 隆之, 柴田 瑞穂, 中村 一美, 山元 翔, 新村 猛. 〈令和2年度活動報告〉サービス工学研究センター活動報告. 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Annual Report of Fundamental Technology for Next Generation Research Institute, Kindai University. 2021. 12. 45-50
  • 谷崎 隆士, 片岡 隆之, 柴田 瑞穂, 中村 一美, 山元 翔. 〈令和元年度活動報告〉サービス工学研究センター活動報告. 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Annual Report of Fundamental Technology for Next Generation Research Institute, Kindai University. 2020. 11. 51-55
  • 谷崎 隆士, 片岡 隆之, 柴田 瑞穂, 中村 一美, 山元 翔. 〈平成30年度活動報告〉サービス工学研究センター活動報告. 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Annual Report of Fundamental Technology for Next Generation Research Institute, Kindai University. 2019. 10. 53-58
more...
Patents (6):
  • プレカットラインの制御データ生成装置とプレカットシステム
  • 情報交換装置及び電子鍵管理システム
  • 生産計画方法及びシステム、並びに鉄鋼製品生産計画方法及びシステム
  • データ処理装置
  • 鋳込-圧延操業計画作成方法及びその装置
more...
Books (11):
  • Advance in Production Management Systems Production Management Systems for Responsible Manufacturing, Service, and Logistics Futures, IFIP Advances in Information and Communication Technology Vol.691
    Springer 2023
  • Advances in Production Management Systems Artificial Intelligence for Sustainable and Resilient Production Systems, IFIP Advances in Information and Communication Technology Vol.632
    Springer 2021
  • Advances in Production Management Systems Towards Smart and Digital Manufacturing, IFIP Advances in Information and Communication Technology Vol.592
    Springer 2020
  • Service Engineering for Gastronomic Sciences An Interdisciplinary Approach for Food Study
    Springer 2020
  • Advances in Production Management Systems The Path to Intelligent, Collaborative and Sustainable Manufacturing, IFIP Advances in Information and Communication Technology Vol.513
    Springer 2017
more...
Lectures and oral presentations  (114):
  • 輸送設備干渉を回避する製造計画問題に対する並列メタヒューリスティクスの適用
    (日本鉄鋼協会 2023年秋季(第186回)講演大会 2023)
  • 反復局所探索を用いた加工木材の梱包形成アルゴリズム
    (第11回近畿大学大学院院生サミット2023 in Hiroshima 2023)
  • プレカット材製造工場の梱包作業場と仮置きラックの設計法
    (第11回近畿大学大学院院生サミット2023 in Hiroshima 2023)
  • データの急激な変動に対応可能な飲食店来店客数の予測手法とその分析
    (日本経営工学会第49回学生論文発表大会予稿集(オンラインZoom) 2023)
  • 干渉する搬送設備を持つ生産プロセスにおける外挿パス生成法を用いたスケジューリングアルゴリズム <優秀研究発表賞>
    (日本経営工学会第49回学生論文発表大会予稿集(オンラインZoom) 2023)
more...
Education (3):
  • 2002 - 2005 京都大学大学院 情報学研究科 システム科学専攻 博士後期課程
  • 1982 - 1984 京都大学大学院 工学研究科数理工学専攻 修士課程
  • 1978 - 1982 Kyoto University Faculty of Engineering
Professional career (1):
  • 博士(情報学) (京都大学)
Work history (4):
  • 2023/10 - 現在 岡山大学大学院 環境生命自然科学研究科 非常勤講師
  • 2009/04 - 現在 Kindai University Faculty of Engineering
  • 2008/09 - 2020/03 Kyushu Institute of Technology School of Computer Science and Systems Engineering
  • 1984/04 - 2009/03 住友金属工業(株)(現 日本製鉄(株))
Committee career (32):
  • 2023/05 - 現在 日本経営システム学会 組織委員会 委員
  • 2023/04 - 現在 日本オペレーションズ・リサーチ学会 理事
  • 2023/02 - 現在 FAオープン推進協議会 学術委員
  • 2022/08 - 現在 サービス学会 出版委員会 査読委員
  • 2020/03 - 現在 日本オペレーションズ・リサーチ学会 中国・四国支部支部長
Show all
Awards (4):
  • 計測自動制御学会2008年度計測自動制御学会 学会賞(技術賞)
  • スケジューリング学会 2007年度スケジューリング学会賞(技術賞)
  • 日本鉄鋼協会 計測・制御・システム研究賞
  • 関西経営システム協会 第12回懸賞事例 貢献賞
Association Membership(s) (6):
THE OPERATIONS RESEARCH SOCIETY OF JAPAN ,  JAPAN ASSOCIATION FOR MANAGEMENT SYSTEMS ,  Society for Serviceology ,  JAPAN INDUSTRIAL MANAGEMENT ASSOCIATION ,  スケジューリング学会 ,  THE JAPAN SOCIETY OF LOGISTICS SYSTEMS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page