Rchr
J-GLOBAL ID:201501000050316358   Update date: Jun. 16, 2021

DAICHI FUJIBAYASHI

フジバヤシ ダイチ | DAICHI FUJIBAYASHI
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Civil law
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2016 - 2019 発行会社の不実開示の抑止のための法的エンフォースメントの総合的研究
  • 2014 - 2016 上場会社の不実の情報開示に関する民事責任制度の総合的研究
  • 2013 - 2014 不実開示を行った上場会社の倒産手続きにおける投資者の損害賠償請求権と一般債権者の債権の利害調整
  • 2012 - 2014 D&O保険の意義に関する法的研究--証券訴訟を素材として--
  • 2008 - 2009 証券発行開示規制の再構築
Papers (18):
  • 藤林大地. 上場会社の経営者の健康状態等に関する情報の開示. 砂田太士ほか編『企業法の改正課題』. 2021. 483-496
  • コーポレート・ガバナンスに関する情報の不実開示に対する責任法制. 青山アカウンティング・レビュー. 2019. 9. 28-32
  • 不実開示に係る取締役等の「相当な注意」に関する序論的考察--昭和46年証券取引法改正時の学説を中心に--. 商事法務. 2018. 2165. 4-13
  • 平成二八年度会社法関係重要判例の分析〔下〕. 商事法務. 2017. 2141. 51-66
  • 平成二八年度会社法関係重要判例の分析〔上〕. 商事法務. 2017. 2140. 4-19
more...
MISC (22):
  • 藤林大地. 判例回顧と展望 商法 III 金融商品取引法. 法律時報. 2020. 92. 6. 130-135
  • 1933年証券法11条の民事責任の法定責任期間に対する衡平法上の進行停止の原則の適用の可否〔California Public Employees' Retirement System v. ANZ Securities, Inc., 582 U.S.__, 137 S.Ct. 2042 (2017)〕. アメリカ法. 2019. 2018-2. 326-330
  • 委託者の指示に基づかない信用取引と委託者の救済方法(最二小判平成4・2・28). 別冊ジュリスト〔商法判例百選〕. 2019. 243. 138-139
  • 有価証券届出書・目論見書の虚偽記載と社外監査役・元引受証券会社等の民事責任--FOI事件--東京高判平成30年3月23日資料版商事法務414号84頁. 金融・商事判例. 2019. 1558. 2-7
  • 粉飾上場における取引先協力者の責任および投資者の損害の評価--FOI・富士通事件--〔東京地判平成29年1月27日金融・商事判例1514号20頁〕. 法学セミナー増刊 速報判例解説 新・判例解説Watch. 2018. 22. 121-124
more...
Books (3):
  • スタンダード商法IV 金融商品取引法
    法律文化社 2021
  • 商法演習I 会社法
    成文堂 2020
  • プリメール会社法〔新版〕
    法律文化社 2016 ISBN:9784589037893
Lectures and oral presentations  (11):
  • 発行会社によるリスク情報の開示と民事責任
    (法の経済分析ワークショップ 2020)
  • 発行会社によるリスク情報の開示と民事責任
    (公益社団法人 商事法務研究会・商法研究会 2019)
  • 企業買収の対価の支払いと連邦倒産法546条(e)項の「譲渡」の意義 Merit Management Group LP v. FTI Consulting Inc., 138 S.Ct. 883 (Feb. 27, 2018)
    (神戸大学商事法研究会 2018)
  • 会社法をめぐる平成28年度重要商事判例の要点
    (経営法友会・月例会 2017)
  • 有価証券報告書等の虚偽記載と取締役の「相当な注意」の意義
    (公益社団法人 商事法務研究会・商法研究会 2017)
more...
Education (3):
  • 2008 - 2012 Doshisha University 法学専攻
  • 2006 - 2008 Doshisha University 法学専攻
  • 2003 - 2006 Doshisha University 法律学科
Professional career (1):
  • 修士(法学) (同志社大学)
Work history (3):
  • 2015/04 - 2021/03 西南学院大学法学部准教授
  • 2014/04/01 - 2015/03/31 西南学院大学法学部講師
  • 2012/04 - 2014/03 同志社大学法学部助教
Committee career (1):
  • 2018/09/18 - 2020/06/30 日本証券業協会 JSDAキャピタルマーケットフォーラム(第3期) 研究委員
Association Membership(s) (10):
法の経済分析ワークショップ ,  京都大学商法研究会 ,  神戸大学商事法研究会 ,  関西企業法研究会 ,  同志社大学監査制度研究会と関西支部監査実務研究会との共同研究会 ,  日本私法学会 ,  九州大学産業法研究会 ,  早稲田大学商法研究会 ,  公益社団法人商事法務研究会・商法研究会 ,  日本証券業協会 JSDAキャピタルマーケットフォーラム(第3期)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page