Rchr
J-GLOBAL ID:201501001431460923   Update date: Jun. 22, 2020

SEISHI MIYASHITA

ミヤシタ セイシ | SEISHI MIYASHITA
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (1): characteristics and development of contemporary local policies, formation of autonomous and sustainable local communities, rural-urban interchange, autonomous development of industrial policies, earthquake disaster reconstruction
Papers (46):
  • 宮下聖史. 地方創生政策の特徴・問題点と”よいコミュニティ”にもとづくこれからの地域づくり. 信州自治研. 2018. 321. 8-17
  • 宮下聖史. 小規模町村の創造的地域づくり-第23回全国小さくても輝く自治体フォーラムin訓子府町の議論を通じて-. 住民と自治. 2018. 666. 45-46
  • 宮下聖史, 相川陽一. 地域おこし協力隊のキャリア形成と新しいコミュニティづくり-長野県地域おこし協力隊員と自治体担当者へのアンケート調査から-. 豊かな高齢社会の探究(公益財団法人ユニベール財団 調査研究報告書). 2018. 26. 全25
  • 宮下聖史, 相川陽一. 地域おこし協力隊の受入れをめぐる市町村の動向-長野県地域おこし協力隊員と自治体担当者へのアンケート調査から(下)-. 研究所だより、長野県住民と自治研究所. 2018. No.140
  • 宮下聖史, 相川陽一. 地方移住の動機と暮らし向き、定住意思-長野県地域おこし協力隊員と自治体担当者へのアンケート調査から(上)-. 研究所だより、長野県住民と自治研究所. 2018. No.139
more...
Books (1):
  • 縮小社会と地域社会の現在-地域社会学が何を、どう問うのか-
    ハーベスト社 2008
Lectures and oral presentations  (8):
  • 「地方創生」時代における暮らしと学び
    (2018年度立命館大学社会システム研究所 公開学術シンポジウム「人づくりと地域づくり、当事者としての大学の役割を考える」 2018)
  • 自律×地域社会学 飯田・下伊那郡の事例から-「平成の大合併」と「地方創生」
    (立命館大学社会システム研究所 プロジェクト公開セミナー「地域の自律の意味を考える」 2018)
  • 地域支援者のキャリア形成と移住・定住の条件-長野県内で活動する地域おこし協力隊への調査を手がかりに-
    (第91回日本社会学会大会 2018)
  • 組合員アンケート集約と分析結果について
    (和歌山中央医療生活協同組合 第30回組合員・職員活動交流集会 2018)
  • 地域おこし協力隊の実態と課題-県内協力隊員と自治体担当者への調査より-
    (長野県住民と自治研究所 第11回地域再生研究会 2018)
more...
Works (1):
  • 地域の自律の意味を考える
    2018 - 2019
Education (1):
  • - 2011 Ritsumeikan University Applied Sociology Major
Professional career (1):
  • Doctor of Philosophy in Sociology (Ritsumeikan University)
Awards (1):
  • 2009/05 - 地域社会学会 第2回地域社会学会奨励賞(論文の部門)
Association Membership(s) (2):
地域社会学会 ,  日本社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page