Rchr
J-GLOBAL ID:201501002470555326   Update date: Jul. 22, 2021

Aota Mami

アオタ マミ | Aota Mami
Affiliation and department:
Job title: PD
Homepage URL  (1): http://mamiaota.com
Research field  (1): Aesthetics and art studies
Research keywords  (14): 環境人文学 ,  アートプロジェクト ,  芸術祭 ,  自然美学 ,  美的経験 ,  アイドル ,  地域芸術祭 ,  ネイチャーライティング ,  日常美学 ,  環境倫理学 ,  美学 ,  美的判断 ,  分析美学 ,  environmental aesthetics
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2018 - 2021 人間環境の批評についての理論構築ー居住者・観光者の環境美学ー
  • 2017 - 2018 居住者と旅行者の美的経験における差異と交流--地域芸術祭を事例として
  • 2014 - 2017 自然の美的鑑賞における穏健な認知モデルの構築-環境倫理学との関わりを考慮して-
  • 『環境を批評する 英米系環境美学の展開』出版に関する助成
Papers (17):
  • 青田麻未. 「地域アート」の芸術的価値ーー環境美学の視点からーー. 美学. 2021. 72. 1. 25-36
  • 青田 麻未. 「イケメン」な女性アイドルーー工藤遥試論. ユリイカ2020年9月号「女オタクの現在ーー推しとわたし」. 2020. 266-274
  • 青田 麻未. 乱反射するいけばなの自然ーー小原流琳派調いけばなを事例として. フィルカル. 2020. 5. 1. 126-159
  • 環境美学における気候変動の問題. 現代思想. 2020. 48. 3. 144-153
  • 青田 麻未. 環境の時間変化と鑑賞ーー参与を伴う活動によるフレームの構築ーー. 美学. 2019. 70. 2. 1-12
more...
MISC (13):
  • 青田 麻未. 【書評】ミシェル・ド・セルトー『日常的実践のポイエティーク』(ちくま学芸文庫). ART RESEARCH ONLINE 2021年5月号 特集=制作学. 2021
  • 青田麻未. 『環境を批評する 英米系環境美学の展開』について. フィルカル. 2020. 5. 3. 246-255
  • #美学ラジオ 第1回「環境を美学する」篇 ゲスト:青田麻未【ナンバユウキ】. 2020
  • 青田麻未, 吉永明弘. 環境を美的に鑑賞するということ--環境美学と環境倫理学との対話. SYNODOS. 2020
  • 青田麻未. 環境美学のフィールドワーク ヘルシンキ滞在を通して. フィルカル. 2020. 5. 2. 350-359
more...
Books (3):
  • 美学の事典 = Encyclopedia of aesthetics
    丸善出版 2020 ISBN:9784621305423
  • 環境を批評する 英米系環境美学の展開
    春風社 2020 ISBN:9784861106989
  • 里山という物語
    勉誠出版 2017
Lectures and oral presentations  (26):
  • What Do We Appreciate in Cities?: Residents and Transients
    (2021)
  • 地元と感性:親しみの経験について
    (太田市美術館開館3周年記念展覧会「HOME/TOWN」展関連イベント 2021)
  • 観光者の環境美学ーー環境活動の構造からみる環境の美的鑑賞
    (武庫川女子大学生活美学研究所 生活美学基礎理論研究会 2020)
  • 環境を批評するーー芸術家とフレーミング
    (ART RESEARCH ONLINE 2020)
  • 過去志向・未来志向のフレーミングーー居住環境における親しみの美的経験について
    (哲学オンラインセミナー 2020)
more...
Education (5):
  • 2014 - 2017 東京大学大学院 美学芸術学 博士課程
  • 2012 - 2014 東京大学大学院 美学芸術学 修士課程
  • 2010 - 2012 The University of Tokyo Philosophy and Religion
  • 2008 - 2010 The University of Tokyo
  • 2005 - 2008 フェリス女学院高等学校
Professional career (1):
  • 博士(文学) (東京大学)
Work history (10):
  • 2021/04 - 現在 Rikkyo University College of Social Relations
  • 2020/04 - 現在 Meiji University
  • 2019/04 - 現在 Meiji Gakuin University Faculty of Letters
  • 2018/04 - 現在 日本学術振興会 特別研究員 PD/成城大学
  • 2018/04 - 2021/03 J. F. Oberlin University College of Performing and Visual Arts
Show all
Committee career (4):
  • 2020/06 - 現在 応用哲学会 理事
  • 2020/05 - 現在 哲学オンラインセミナー 企画協力
  • 2018 - 現在 『フィルカル』編集委員
  • 2014/09 - 2016/09 哲学若手研究者フォーラム 運営委員
Association Membership(s) (4):
ASLE-Japan ,  Japanese Association for the Contemporary and Applied Philosophy ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR AESTHETICS ,  成城美学美術史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page