Rchr
J-GLOBAL ID:201501004763990801   Update date: Sep. 01, 2020

Haga Sanae

ハガ サナエ | Haga Sanae
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/60706505.ja.html
Research field  (6): General surgery, pediatric surgery ,  Pharmacology ,  Digestive surgery ,  Chemical biology ,  Home economics, lifestyle science ,  Clinical nursing
Research keywords  (23): 生体イメージング ,  光プローブ ,  NF-kappa B ,  細胞死 ,  分子デザイン ,  ストレス ,  肝糖脂質代謝 ,  浸潤 ,  抗癌剤 ,  細胞情報伝達 ,  食生活 ,  腫瘍モニタリング ,  分泌型ルシフェラーゼ ,  小胞体ストレス ,  pH ,  バイオイメージング ,  マウス ,  光イメージング ,  創薬 ,  絶食 ,  腹腔内転移 ,  癌細胞機能解析 ,  DTCM-glutarimide
Research theme for competitive and other funds  (34):
  • 2019 - 2023 ランタニド・ナノ粒子(LNP)を利用した癌細胞特異的光治療法の開発
  • 2019 - 2023 肝虚血・再灌流傷害における多段階多元的傷害進展のメカニズム解析
  • 2016 - 2019 生体細胞内分子の時空間的ダイナミズム解析のためのイメージング技術開発
  • 2015 - 2019 分子標的治療薬の非侵襲的・時空間的モニタリングに向けた革新的イメージング技術開発
  • 2014 - 2019 分子イメージングを基軸とする生細胞内分子計測・光操作法の開発
Show all
Papers (39):
more...
MISC (30):
more...
Lectures and oral presentations  (33):
  • Analysis of programmed cell death in hepatocytes induced by Fas ligand and oxidative stress
    (2019)
  • 脂肪肝における易傷害性メカニズム解析の基礎的研究
    (第26回肝細胞研究会 2019)
  • Relevance of FXR-p62/SQSTM1 pathway for survival and protection of mouse hepatocytes and liver with steatosis.
    (IBD and Liver: East Meets West 2018)
  • 「発光プローブによるプログラム細胞死(アポトーシス、ネクロプトーシス)動的解析の試み」
    (第27回日本Cell Death学会 2018)
  • 「光による細胞生存能(Akt/PKB分子)制御に関する研究」
    (第91回日本生化学会 2018)
more...
Education (1):
  • 2005 - 2009 北海道大学大学院 医学研究科高次診断治療学専攻
Professional career (1):
  • 博士(医学) (北海道大学)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page