Rchr
J-GLOBAL ID:201501005870459996   Update date: Nov. 03, 2019

Kazumi Takakuwa

タカクワ カズミ | Kazumi Takakuwa
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://www17.plala.or.jp/kazumitakakuwa/http://www17.plala.or.jp/kazumitakakuwa/
Papers (65):
  • TAKAKUWA KAZUMI. Guerre civile au Japon: Les actualités vues par un traducteur. 慶應義塾大学日吉紀要フランス語フランス文学. 2018. 66. 129-144
  • TAKAKUWA KAZUMI. はじめに 性の手ほどきを大学で. 性 生命の教養学11. 2015. i-vii
  • Kazumi Takakuwa. アガンベンとイメージ 編訳者あとがきに代えて. ジョルジョ・アガンベン ニンファ その他のイメージ論. 2015. 213-250
  • TAKAKUWA KAZUMI. はじめに 「あらたま」を探し求めて. 新生 生命の教養学X. 2014. i-xi
  • TAKAKUWA KAZUMI. はじめに 成長のホログラフィ. 成長 生命の教養学IX. 2013. i-xii
more...
MISC (6):
  • TAKAKUWA KAZUMI. 報告. REPRE. 2017. 31
  • TAKAKUWA KAZUMI. 軍学共同を止める. 出版ニュース. 2017. 2440. 50
  • TAKAKUWA KAZUMI. 執筆ノート『アガンベンの名を借りて』. 三田評論. 2016. 1202. 96
  • TAKAKUWA KAZUMI. 2016年5月の2ヶ月後は7月です 『アガンベンの名を借りて』(と『スタシス』) を刊行する理由」. 青弓社. 2016
  • TAKAKUWA KAZUMI. この立法プロセス自体が、透明なインクで書かれた全権委任法です. IWJ(Internet Web Journal). 2015
more...
Books (85):
  • デリダと死刑を考える
    白水社 2018 ISBN:9784560096710
  • J・デリダ 死刑[I]
    白水社 2017 ISBN:9784560098035
  • G・アガンベン「イメージ、夢、目醒め」、港千尋編『夢みる人のクロスロード』
    平凡社 2016 ISBN:9784582206869
  • G・アガンベン スタシス
    青土社 2016 ISBN:9784791769216
  • アガンベンの名を借りて
    青弓社 2016 ISBN:9784787210524
more...
Lectures and oral presentations  (8):
  • 慶應義塾における軍学共同の現在
    (慶應義塾大学軍学共同問題研究会「慶應で軍学共同問題を考える ペンは剣より強いのか」 2017)
  • はじめに
    (アガンベンのアクチュアリティ 2016)
  • ミニ・スピーチ
    (アーカイヴの形態学研究会「政治をデザインする 安保法制・公共性・立憲主義」 2016)
  • ミニ・スピーチ
    (慶應義塾有志の会シンポジウム 安全保障関連法案と《学問の自由》をめぐって 2015)
  • コメント
    (Workshop ジャック・デリダ『獣と主権者[I]』を読む 2015)
more...
Works (2):
  • Introduction
    TAKAKUWA KAZUMI 2006 - 現在
  • Michel Foucault, mode d'emploi
    TAKAKUWA KAZUMI 2006 - 現在
Education (1):
  • - 2002 The University of Tokyo Area Studies
Work history (8):
  • 2008/04 - 現在 准教授
  • 2017/09 - 2018/03 東京大学教養学部非常勤講師
  • 2007/04 - 2017/09 教養研究センター「生命の教養学」コーディネーター
  • 2016/09 - 2017/03 東京大学教養学部非常勤講師
  • 2015/09 - 2016/03 東京大学教養学部非常勤講師
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page