Rchr
J-GLOBAL ID:201501008997233791   Update date: Sep. 24, 2015

satomi mukai

satomi mukai
Affiliation and department:
Lectures and oral presentations  (29):
  • シクロホスファミドが使用不可であった多発血管炎性肉芽腫症に対してリツキシ マブが奏功した一例
    (第25回中部リウマチ学会 2013)
  • 腸腰筋膿瘍及び非結核性抗酸菌性人工股関節感染症をきたしたSLEの 1 例
    (第25回中部リウマチ学会 2013)
  • 強皮症 強皮症患者のPH早期診断における運動負荷心エコー検査の有用性に関する検討
    (第57回日本リウマチ学会総会・学術総会 2013)
  • RA特殊病態 免疫抑制療法実施中に悪性リンパ腫を合併し、免疫抑制療法の中止にて改善を認めているRAの1例
    (第57回日本リウマチ学会総会・学術総会 2013)
  • 感染症と自己免疫疾患 リウマチ膠原病領域における感染症誘発因子の検討
    (第57回日本リウマチ学会総会・学術総会 2013)
more...
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page