Rchr
J-GLOBAL ID:201501009008337554   Update date: Mar. 20, 2019

Date Fumiharu

Date Fumiharu
Affiliation and department:
Research field  (1): Primary/secondary education and curricula
Research keywords  (1): 数学教育学
Papers (23):
  • 伊達文治. 中等教育におけるユークリッド幾何学の受容 -明治前期の代表的な幾何学教科書に着目して-. 上越数学教育研究. 2019. 34. 13-22
  • 伊達 文治. 人間がつくった最初の数 : 分数の起こりを考える数学的活動をつくる. 上越数学教育研究. 2018. 33. 11-20
  • 伊達文治. 幾何や代数の区別のない数学の始原のところ-掛け算九九の指計算の方法と仕組みを探る-. 上越数学教育研究. 2017. 32. 11-18
  • 伊達文治. 円周率教材のルーツ-アルキメデス『円の計測』に学ぶために-. 上越数学教育研究. 2016. 31. 13-18
  • 伊達文治. 三角法と対数の教材に関する史的考察. 上越数学教育研究. 2015. 30. 13-22
more...
MISC (5):
  • 高橋 敦, 伊達 文治. 円周率に関わる教材研究 : 限りなくπに近い値を求めて(第22分科会 学習指導法,I 幼稚園・小学校部会,第92回全国算数・数学教育研究(新潟)大会 第59回北陸四県数学教育研究(新潟)大会 平成22年度新潟県高等学校教育研究会数学部会 日本数学教育学会第92回総会). 日本数学教育学会誌. 臨時増刊, 総会特集号. 2010. 92
  • 原田 望, 伊達 文治. 10進位取り記数法のよさを見直す指導 : 珠並べそろばんを通して(第22分科会 学習指導法,I 幼稚園・小学校部会,第92回全国算数・数学教育研究(新潟)大会 第59回北陸四県数学教育研究(新潟)大会 平成22年度新潟県高等学校教育研究会数学部会 日本数学教育学会第92回総会). 日本数学教育学会誌. 臨時増刊, 総会特集号. 2010. 92
  • 伊達 文治. 4A-2 ユークリッド「原論」第1巻の構造 : 「数学基礎」への教材化を志向して(4数学基礎,高等学校,日本数学教育学会第84回総会 全国算数・数学教育研究(兵庫)大会). 日本数学教育学会誌. 臨時増刊, 総会特集号. 2002. 84
  • 伊達 文治. 3-4 「思考の主体性」育成の取り組み : -学力差の激しい実態での高校数学導入時の学習指導法の模索-. 日本数学教育学会誌. 臨時増刊, 総会特集号. 1988. 70
  • 伊達 文治. 7-7 算数につまずきを持つ高校生の基礎計算-指導法. 日本数学教育学会誌. 臨時増刊, 総会特集号. 1988. 70
Books (3):
  • 日本数学教育の形成
    溪水社 2013 ISBN:9784863272101
  • アルキメデスの数学 : 静力学的な考え方による求積法
    森北出版, ブッキング 2009 ISBN:9784627015494
  • アルキメデスの数学 : 静力学的な考え方による求積法
    森北出版 1993 ISBN:4627015402
Lectures and oral presentations  (2):
  • ユークリッド幾何学受容の系譜
    (全国数学教育学会第40回研究発表会 2014)
  • 対数そのものを考える数学的活動
    (東北数学教育学会第19回初夏研究会 2014)
Professional career (2):
  • 博士(教育学) (広島大学)
  • 教育学修士 (兵庫教育大学)
Association Membership(s) (7):
東北数学教育学会 ,  日本数学教育史学会 ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY ,  JAPAN CURRICULUM RESEARCH AND DEVELOPMENT ASSOCIATION ,  JAPAN SOCIETY FOR SCIENCE EDUCATION ,  JAPAN ACADEMIC SOCIETY OF MATHEMATICS EDUCATION ,  JAPAN SOCIETY OF MATHEMATICAL EDUCATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page