Rchr
J-GLOBAL ID:201501009412126754   Update date: Oct. 22, 2021

NAOKO MORIMURA

モリムラ ナオコ | NAOKO MORIMURA
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
Research field  (6): Cell biology ,  Molecular biology ,  Neuroscience - general ,  Neuroscience - general ,  Neuroscience - general ,  Basic brain sciences
Research keywords  (1): 分子神経科学、シナプス形成、シナプスオーガナイザー、記憶・学習、 精神神経疾患
Papers (34):
more...
MISC (14):
  • 横川 拓海, 守村 直子, 高坂 和芳, 木戸 康平, 秦 侑希, 山本 かえで, 菅 唯志, 田中 秀和, 三品 昌美, 林 達也, et al. 加齢マウスにおける不安行動の増大および海馬のシナプス分子の減少. 生命科学系学会合同年次大会. 2017. 2017年度. [1LBA-088]
  • 市瀬実里, 片山圭一, 佐郡和人, 守村直子, 小田川摩耶, 富岡直子, 山田一之, 畑山実, 有賀純. 探索行動を制御する神経膜タンパク質Lrtm2の分子機能. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2014. 37th. 3P-0674 (WEB ONLY)
  • 守村 直子. 【シナプスをめぐるシグナリング】 受容体 AMPA受容体の発現調節. 生体の科学. 2010. 61. 5. 380-381
  • 守村直子, 山口和彦, 安田浩樹, 片山圭一, 原直子, 太田摩耶, 神谷明子, 有賀純. LRR膜貫通分子Lrfn2/SALM1は海馬興奮性シナプスの形態や機能調節および可塑性に関与する. 生化学. 2008. 2T16-9
  • 守村直子, 太田摩耶, 山田一之, 原直子, 片山圭一, 有賀純. シナプス接着分子Lrfn2/SALM1ノックアウトマウスにみられた統合失調症様行動異常. 生化学. 2008. 3T16-11
more...
Education (3):
  • 1999 - 2002 Tokyo University of Science
  • 1997 - 1999 東京理科大学 大学院
  • 1988 - 1992 東京理科大学
Work history (6):
  • 2016/07 - 現在 Shiga University of Medical Science
  • 2012/10 - 2016/06 Ritsumeikan University Research Organization of Science and Technology
  • 2004/06 - 2012/09 理化学研究所 脳科学総合研究センター 行動発達障害研究チーム 研究員
  • 2002/04 - 2004/05 Showa University School of Dentistry, Oral Biochemistry
  • 1999/04 - 2002/03 日本学術振興会特別研究員DC1
Show all
Association Membership(s) (3):
日本分子生物学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本神経化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page