Rchr
J-GLOBAL ID:201501010098023101   Update date: Jun. 09, 2020

Koizumi Itaru

コイズミ イタル | Koizumi Itaru
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/20029721.ja.html
Research field  (3): Local studies ,  Biogeoscience ,  Environmental impact assessment
Research keywords  (18): 完新世 ,  100-1000年スケールの海水温(Td ́)変動 ,  ハインリッヒ・イベント ,  ダンスガード・オシュガー(D-O)サイクル ,  気候変動と文明の盛衰 ,  ウェブレット変換解析 ,  気候のテレコネクション ,  鮮新世温暖期 ,  気候変動の予測 ,  進化古生物学 ,  マット(ラミナ)状珪藻軟泥 ,  地球軌道要素 ,  ボンドイベント ,  1500年周期 ,  古海洋学(古環境復元) ,  珪藻温度指数(Td ́) ,  日本海学 ,  深海掘削計画
Research theme for competitive and other funds  (21):
  • 2014 - 2014 鮮新世から更新世の古海洋学-珪藻化石から読み解く環境変動
  • 2005 - 2006 最終氷期最寒時以降における日本海の環境変動に関する高分解能研究(2)
  • 2004 - 2005 最終氷期最寒時以降における日本海の環境変動に関する高分解能研究(1)
  • 1999 - 2005 黒潮続流域における古環境変遷の解明
  • 2000 - 2001 札幌キャンパスの自然と文化史
Show all
Papers (131):
MISC (39):
  • 小泉 格. 微化石による気候変動と未来予測. 學士會会報. 2017. 923. 78-84
  • The Hokkaido, University Museum. Where northern land and ocean meet- Island Arc-Rocks, Minerals, Ore Deposits, Fossils, Strata, and Their History. Exhibition of Academic Specimens-Earth Science-. 2004. 1-46
  • 小泉 格. 近況4題. 日本学術会議 北海道地区会議ニュース. 2002. 35. 4-5
  • 小泉 格. 第7回国際古海洋学会議(ICP7)-日本学術会議が札幌メディアパークでの開催を主催-. 日本学術会議 北海道地区会議ニュース. 2001. 34. 7-8
  • 小泉 格. 科研費(特定領域),自然環境班「自然と文化的古環境」,4年間の成果報告. 日本人と日本文化-その起源をさぐる,ニュースレター. 2001. 16. 4-4
more...
Books (56):
  • 56. Horizons in Earth Science Research, Volume 15
    New York:Nova Science Publishers 2017 ISBN:9781634856966
  • Paleoceanography of the Pliocene to Pleistocene Epochs-Diatoms Tell the Story of Environmental Changes
    University Tokyo Press 2014 ISBN:9784130667111
  • Diatoms
    New York: Nova Science Publishers 2013 ISBN:9781629482101
  • Encyclopedia of Quaternary Science
    Amsterdam: Elsevier 2013 ISBN:9780444536433
  • Diatom Paleoceanography-Environmental Changes in the Holocene Epoch
    University of Tokyo Press 2011 ISBN:9784130607582
more...
Lectures and oral presentations  (104):
  • 特別講演2 津軽海峡の形成と環境変動
    (第3回JAMSTEC 海洋と地球の学校 海峡を越えてみらいへ橋渡し-本州最北端から地球の環境と未来を探る- 2009)
  • 海洋堆積物中の微化石に基づく古環境・古気候変動-日本周辺の最終間氷期を例として-
    (日本地質学会第114年学術大会シンポジュム「最終間氷期の環境変動-日本列島陸域と周辺海域の比較と統合-」 2007)
  • 「日本海学」からみた富山湾研究の重要性
    (日本海洋学会春季大会シンポジュム「キトキト富山湾研究の最前線から」 2007)
  • 古海洋学の基礎
    (第5回地球システム・地球進化ニューイヤースクール,パイオニアから学ぼう地球科学の基礎と未来-レクチャーノート 2007)
  • パネルディスカッション「日本海を介した人びとの共存共栄」
    (日本海学シンポジュム 海との共生 2005)
more...
Education (3):
  • 1965 - 1968 東北大学大学院 地学専攻
  • 1963 - 1965 東北大学大学院 地学専攻
  • 1960 - 1963 Tohoku University
Professional career (1):
  • 理学博士 (東北大学)
Work history (38):
  • 2002/04 - 現在 Hokkaido University
  • 2001/04 - 2005/09 Hokkaido University School of Science
  • 2000/04 - 2001/03 Hokkaido University
  • 2000/04 - 2001/03 海洋技術センター 客員研究員
  • 2000/04 - 2001/03 Yamagata University Faculty of Science
Show all
Committee career (41):
  • 2009/02 - 現在 とやま国際センター 日本海学推進機構顧問
  • 2005/06 - 2010/03 地球科学技術総合推進機構 IODP国内科学計画委員会委員長
  • 2009/05 - 2009/06 日本海学推進機構 日本海学研究グループ支援事業審査会委員
  • 2005/06 - 2009/05 日本海学推進機構 日本海学研究グループ支援事業審査会委員
  • 2003/02 - 2009/02 とやま国際センター 日本海学推進機構運営委員
Show all
Awards (3):
  • 2017/04 - Japan Geoscience Union Most Accessed Paper Award 2017 The Pliocene to recent history of the Kuroshio and Tsushima Currents: a multi-proxy approachi
  • 1984/01 - 朝日新聞社 学術奨励賞(共同受賞) 最終氷期以降の日本海の環境変遷に関する研究
  • 1981/01 - 日本古生物学会 学術賞 上部新生界の珪藻化石による生層序学的研究
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page