Rchr
J-GLOBAL ID:201501016547661060   Update date: Apr. 03, 2021

Yamamoto Michiyo

ヤマモト ミチヨ | Yamamoto Michiyo
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/00269515.ja.html
Research field  (2): Clinical nursing ,  Lifelong developmental nursing
Research keywords  (11): 危機的状況 ,  小児看護 ,  きょうだい ,  重症心身障害者 ,  発達障害 ,  障害児看護 ,  災害 ,  災害対策 ,  重症心身障害児 ,  家族 ,  家族支援
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2019 - 2023 重症心身障害者の成人医療移行時の問題および家族の心理的プロセス
  • 2018 - 2021 障害児者にとっての避難所,福祉避難所問題-東日本大震災を事例にー
  • 2015 - 2019 在宅障碍児者が不測の事態に備える教育プログラムの開発とその効果に関する研究
  • 2012 - 2015 災害時における在宅障碍児者の直面する問題とその防止に関する研究
  • 2005 - 2007 障害児の家族の危機的状況の把握・介入方法に関する研究
Papers (16):
more...
Books (6):
  • 在宅で生活する重症児(者)と家族にとっての災害対策
    こどもと家族のケア15(4),54-60 2020
  • 討論 「意味」のある質的心理学のために
    質的心理学フォーラム,10号,48-53 2018
  • インタビュー第9回 パイオニアに聞く「質的心理学のいま」
    質的心理学フォーラム9,79-86 2017
  • 「うまくいかない」語りの意味,看護師が難しいと感じる障害児の家族とのかかわり
    医学書院 看護研究 47(7) 623-632 2014
  • 心のことば,身体のことば-障害児の家族の気持ちが語られるコミュニケーション-
    日本保健科学学会誌15(1) 2012
more...
Lectures and oral presentations  (10):
  • きょうだい特有の体験(経験)
    (全国病弱教育研究会主催 オンライン学習会 2020)
  • なし
    (2019)
  • なし
    (2019)
  • なし
    (2019)
  • 質的心理学フォーラム 編集委員会企画シンポジウム 質的心理学と意味、質的心理学の意味
    (日本質的心理学会 第15回大会 2018)
more...
Work history (1):
  • 2015 - Tokyo Metropolitan University
Committee career (2):
  • 2016/04 - 2019/09 日本質的心理学会 質的心理学フォーラム編集委員
  • 2013/10 - 2017/06 一般社団法人 日本小児看護学会 学術・研究推進委員会委員
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page