Rchr
J-GLOBAL ID:201501020069306095   Update date: Sep. 08, 2021

Hana Taijun

ハナ タイジュン | Hana Taijun
Affiliation and department:
Research field  (6): Tumor biology ,  Tumor biology ,  Genomics ,  Tumor diagnostics and therapeutics ,  Neurosurgery ,  Emergency medicine
Papers (27):
  • Taijun Hana, Hideki Ogiwara, Ohsuke Migita, Kazuhiko Nakabayashi, Kenichiro Hata, Nobuhito Morota. Deleterious fibronectin type III-related gene variants may induce a spinal extradural arachnoid cyst: an exome sequencing study of identical twin cases. Child's nervous system : ChNS : official journal of the International Society for Pediatric Neurosurgery. 2021
  • 花 大洵, 齊藤 延人. 【脳神経外科学の可能性】黎明期から現在に至る脳神経外科学研究の動向. 脳神経外科ジャーナル. 2020. 29. 11. 784-792
  • 山澤 恵理香, 田中 將太, 永江 玄太, 目黒 裕子, 梅田 高呂, 花 大洵, 高見 俊宏, 中西 勇太, 谷口 真, 高井 敬介, et al. 脊髄上衣腫のエピゲノム解析. 日本癌学会総会記事. 2020. 79回. OE9-3
  • 真野 絢子, 林 健一郎, 足立 夏帆, 五十嵐 瑞穂, 森口 駿, 西木 拓己, 大橋 瑛梨, 高橋 千恵, 大和田 啓峰, 梶保 祐子, et al. 超音波検査で膿瘍化を疑い、穿刺ドレナージに至った感染性頭血腫の1例. 日本小児科学会雑誌. 2020. 124. 3. 584-584
  • Satoshi Takahashi, Wataru Takahashi, Shota Tanaka, Akihiro Haga, Takahiro Nakamoto, Yuichi Suzuki, Akitake Mukasa, Shunsaku Takayanagi, Yosuke Kitagawa, Taijun Hana, et al. Radiomics Analysis for Glioma Malignancy Evaluation Using Diffusion Kurtosis and Tensor Imaging. International journal of radiation oncology, biology, physics. 2019. 105. 4. 784-791
more...
MISC (3):
  • 花 大洵. 厳海に祈る~東日本大震災DMAT緊急派遣から6年を迎えて~. 脳神経外科速報. 2017. 27. 3. 301-304
  • 花 大洵. 葛根湯は万能薬!?. 市報ふちゅう-府中地区医師会健康コラム. 2014. 1194
  • 花 大洵. 変換間違いと、この星の未来. てらおか井戸端情報 第87回. 2014
Lectures and oral presentations  (35):
  • Elucidation of the role of Mucosal-Associated Invariant T (MAIT) cells in glioma immunity
    (NIH/FDA_Immunology Interest Group Workshop , Bethesda, Maryland, USA 2021)
  • NIH_Scientific Session Chair of Session#41 (座長)
    (NIH_Summer Internship Presentation Week 2021, Bethesda, Maryland, USA 2021)
  • Elucidation of the role of Mucosal-Associated Invariant T (MAIT) cells in the tumor immunity against glioma
    (NIH_Neuro-Oncology Branch Poster Days 2021, Bethesda, Maryland, USA 2021)
  • 特定遺伝子群の能動的脱メチル化がglioma悪性転化の一因となる(Scintillating Poster, 追加口演)
    (日本脳腫瘍学会(七尾) 2019)
  • 特定遺伝子群の能動的脱メチル化がglioma悪性転化の一因となる
    (日本脳腫瘍学会(七尾) 2019)
more...
Education (7):
  • 2020 - 現在 アメリカ国立がん研究所 神経腫瘍学研究部 基礎免疫セクション 博士研究員
  • 2016 - 2020 The University of Tokyo Neuroscience
  • 2003 - 2009 Okayama University Faculty of Medicine
  • 2008 - 2008 大阪府千里救命救急センター救急専従実習(岡山大学救急医学教室より学生派遣)
  • 2008 - 2008 米国ダナ・ファーバー癌研究所病院 チーム医療研修
Show all
Professional career (1):
  • 医学博士 (東京大学)
Work history (11):
  • 2020/06 - 現在 アメリカ国立がん研究所 神経腫瘍学研究部基礎免疫セクション 博士研究員
  • 2017/10 - 2020/03 The University of Tokyo Research Center for Advanced Science and Technology
  • 2016/04 - 2020/03 The University of Tokyo Graduate School of Medicine
  • 2015/04 - 2017/03 埼玉医科大学総合医療センター 脳神経外科
  • 2014/05 - 2015/03 陽正会 寺岡記念病院 脳神経外科
Show all
Committee career (8):
  • 2021/04 - 現在 アメリカ国立がん研究所 神経腫瘍学研究部 TCGAゲノムデータ解析 分担研究者 (#28406)
  • 2020/11 - 現在 アメリカ国立がん研究所 神経腫瘍学研究部 動物手術チーム
  • 2017/04 - 現在 東京大学臨床研究「脳腫瘍のゲノム・遺伝子解析とその臨床病理学的意義の解明」分担研究者
  • 2021/06 - 2021/08 アメリカ国立がん研究所-神経腫瘍学研究部SummerIntern(Post-Bac)指導担当者
  • 2018/12 - 2019/12 埼玉医科大学臨床研究「小児頭部外傷の受傷部位に関する、位置情報データの蓄積と解析」 研究実施者
Show all
Awards (4):
  • 2019/12 - 第37回日本脳腫瘍学会_Scintillating Poster選出
  • 2019/08 - 東京消防庁 救急業務協力者表彰(帰宅途中に遭遇したJR管内鉄道事故における救命救急処置に対する)
  • 2016/12 - 東京大学脳神経外科同門会賞 (World Neurosurg. 2015; 84(6):2078)
  • 2016/07 - Simultaneous Interpreters Group in Neurosurgery(SIGNS) Ken's Award (The best simultaneous interpreter)
Association Membership(s) (8):
日本神経内視鏡学会 ,  日本救急医学会 ,  日本小児神経外科学会 ,  日本脳卒中学会 ,  日本脳神経外科学会 ,  アメリカ癌学会(AACR) ,  アメリカ神経腫瘍学会(SNO) ,  日本脳腫瘍学会(JSNO)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page