Rchr
J-GLOBAL ID:201501021227590940   Update date: Jan. 05, 2022

Saito Shin

サイトウ シン | Saito Shin
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://ycu-obgyn.jp/
Research field  (1): Obstetrics and gynecology
Research keywords  (6): 骨粗鬆症 ,  女性ヘルスケア ,  子宮鏡 ,  腹腔鏡 ,  内分泌 ,  産婦人科
Papers (64):
more...
MISC (46):
  • 齊藤 真, 古賀 絵理, 大沼 えみ, 粒来 拓, 最上 多恵, 岡田 有紀子, 善方 裕美, 宮城 悦子, 榊原 秀也. 日本人Turner症候群女性におけるホルモン補充療法の開始年齢が骨強度に及ぼす影響(骨密度と骨質の評価による横断・縦断研究). 日本産科婦人科学会雑誌. 2021. 73. 臨増. S-271
  • 齊藤 真, 古賀 絵理, 岡田 有紀子, 粒来 拓, 善方 裕美, 宮城 悦子, 榊原 秀也. Turner症候群のHRT開始年齢が骨強度に与える影響 骨密度とTrabecular bone score(TBS)による横断研究. 日本女性医学学会雑誌. 2019. 27. 1. 123-123
  • 渕向 なつみ, 北川 雅一, 眞鍋 静恵, 堀内 順子, 橋本 彩紗, 古賀 絵理, 齊藤 真, 岡田 有紀子, 榊原 秀也, 宮城 悦子. 帝王切開術後に生じた腹壁子宮内膜症の1例. 神奈川産科婦人科学会誌. 2019. 56. 1. 78-79
  • 齊藤 真, 松永 竜也, 紙谷 菜津子, 太田 幸秀, 鈴木 幸雄, 浅野 涼子, 今井 雄一, ルイズ横田 奈朋, 中村 朋美, 宮城 悦子. 当院における全腹腔鏡下準広汎子宮全摘術の安全性の評価と標準化に向けた今後の課題. 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌. 2019. 35. Suppl.I. 89-89
  • 岡田 有紀子, 北川 雅一, 橋本 彩紗, 古賀 絵理, 齊藤 真, 宮城 悦子, 榊原 秀也. 子宮頸部円錐切除後、中期流産既往のある高度頸管短縮症例に対して、腹腔鏡下頸管縫縮術を施行した一例. 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌. 2019. 35. Suppl.I. 229-229
more...
Books (7):
  • 思春期学基本用語集
    講談社 2021 ISBN:9784065246979
  • 臨床婦人科産科 2020年 4月号増大号 特集 産婦人科処方のすべて2020 症例に応じた実践マニュアル
    医学書院 2020
  • 日常診療に活かす 診療ガイドライン Up To Date 2020-2021
    メディカルレビュー社 2020
  • 思春期学
    思春期学会 2019
  • 別冊日本臨牀 内分泌症候群(第3版)
    日本臨牀社 2019
more...
Professional career (4):
  • 博士(医学) (横浜市立大学)
  • 学士(医学) (信州大学)
  • 修士(農学) (九州大学)
  • 学士(農学) (九州大学)
Work history (2):
  • 2018/04 - 現在 Yokohama city university medical center
  • 2015/04 - 2018/03 Yokohama City University School of Medicine Medical Course Obsterics and Gynecology
Committee career (2):
  • 2021/09 - 現在 関東乳腺医学会 幹事
  • 2020/09 - 現在 日本思春期学会 代議員、庶務幹事
Awards (2):
  • 2019/11 - 日本女性医学学会 優秀演題賞
  • 2019/09 - 日本産科婦人科内視鏡学会 学会賞(論文部門)
Association Membership(s) (8):
日本生殖医学会 ,  日本骨粗鬆症学会 ,  日本内分泌学会 ,  日本思春期学会 ,  日本内視鏡外科学会 ,  日本産科婦人科内視鏡学会 ,  日本女性医学学会 ,  日本産科婦人科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page