Rchr
J-GLOBAL ID:201501029651993605   Update date: Jun. 08, 2022

SATO Yuya

サトウ ユウヤ | SATO Yuya
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Homepage URL  (1): http://civil.toyota-ct.ac.jp/
Research field  (1): Architectural and city planning
Research keywords  (1): 都市計画
Research theme for competitive and other funds  (23):
  • 2019 - 2023 持続可能なコンパクトシティを実現するための自治体の空間計画のあり方に関する研究
  • 2021 - 2022 テレワーク促進を念頭に置いた地域住民参画型ワークショップによる中心市街地再生策の検討
  • 2021 - 2022 SDGs達成を志向する持続可能な都市構築を目指した再生可能エネルギー導入に対する地域課題把握のための都市計画・歴史地理学からのアプローチによる検討
  • 2020 - 2022 条例のよる都市計画区域外住宅地の土地利用管理に関する研究
  • 2020 - 2021 まちづくりワークショップを通した技科大・高専・地域連携型PBL教育モデルの世界対応国際化
Show all
Papers (40):
  • Yuya Sato, Hiroko Yamamoto, Shirou Tsuboi. Study on the Situation of Subsidy of Regional Revitalization Base Construction from the viewpoint of Rural Area Base Formation. Journal of the City Planning Institute of Japan. 2021. 56. 3. 719-726
  • Haruya Ishizaki, Yuya Sato, Shirou Tsuboi. Study on Land Use Management Methods applied Out of City Planning Area. Journal of the City Planning Institute of Japan. 2021. 56. 3. 1327-1334
  • 清水千江, 佐藤雄哉, 坪井志朗. 昭和期に公的主体が開発した住宅団地内にある複合公共施設の実態と変遷に関する研究. 都市計画報告集. 2021. 20. 2. 167-174
  • 中川 稜太, 佐藤 雄哉. 都市計画区域外で実施されている小さな拠点形成のための事業に関する研究. 日本建築学会東海支部研究報告集. 2021. 59. 601-604
  • 牧原 翔馬, 佐藤 雄哉. 都市計画区域外に生活拠点を有する都市の居住誘導区域設定基準の特性に関する研究. 日本建築学会東海支部研究報告集. 2021. 59. 597-600
more...
MISC (13):
more...
Books (1):
  • 変革社会に対応する新しい都市計画像 : 動き始めた「コンパクト・プラス・ネットワーク」型都市への取り組み
    中日出版 2020 ISBN:9784908454363
Lectures and oral presentations  (51):
  • Study on Factors for Choosing Residence and Residents Consciousness Changes with COVID-19
    (The 6th International Conference of “Science of Technology Innovation”2021 2021)
  • Current Situations and Issues of Hydrogen Stations
    (The 6th International Conference of “Science of Technology Innovation”2021 2021)
  • Study on Bases for Induce Residence Out of City Planning Area
    (The 6th International Conference of “Science of Technology Innovation”2021 2021)
  • 都市計画区域外で活用されている地方創生拠点整備交付金に関する一考察
    (日本建築学会大会学術講演梗概集 2021)
  • Study on factor analysis of the farmland conversion in Urbanization control area: A Case Study of Toyota City
    (Computational Urban Planning and Urban Management(CUPUM)2021 2021)
more...
Education (4):
  • 2011 - 2015 Nagaoka University of Technology Energy and Environment Science Program
  • 2009 - 2011 Nagaoka University of Technology
  • 2007 - 2009 Nagaoka University of Technology Environmental Systems Engineering Course
  • 2002 - 2007 National Institute of Technology, Nara College
Professional career (1):
  • 博士(工学) (長岡技術科学大学)
Work history (3):
  • 2019/04 - 現在 National Institute of Technology, Toyota College Department of Civil Engineering
  • 2017/04 - 2019/03 National Institute of Technology, Toyota College Department of Civil Engineering
  • 2015/04 - 2017/03 National Institute of Technology, Toyota College Department of Civil Engineering
Committee career (20):
  • 2021/12 - 現在 蒲郡市 都市計画マスタープラン策定委員会 委員
  • 2021/10 - 現在 新城市 立地適正化計画有識者会議 委員
  • 2021/04 - 現在 日本都市計画学会中部支部 地域再生まちづくり小委員会 委員
  • 2020/04 - 現在 日本都市計画学会中部支部 情報管理委員会 委員長
  • 2020/04 - 現在 日本都市計画学会中部支部 企画総務委員会 委員
Show all
Awards (7):
  • 2018/02 - 豊田工業高等専門学校 平成29年度教員顕彰
  • 2018/01 - 日本都市計画学会中部支部 優秀講演者表彰 中山間地における交流活動への参加者小学生が家族へ与える影響に関する一考察
  • 2016/05 - 公益社団法人日本都市計画学会 論文奨励賞 都市計画制度の限界を補完する土地利用に関わる法制度に関する研究
  • 2016/05 - 公益社団法人日本都市計画学会 2015年年間優秀論文賞 人口減少フレーム下での区域区分定期見直しの実態とあり方に関する研究
  • 2013/06 - 2013 IGCN Steering Commitee Best Poster Presentation Award A Tentative Plan Including the Viewpoint of Safety in the Land Use Plan in Japan
Show all
Association Membership(s) (4):
JAPANESE SOCIETY FOR ENGINEERING EDUCATION ,  JAPAN SOCIETY OF CIVIL ENGINEERS ,  ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN ,  THE CITY PLANNING INSTITUTE OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page