Rchr
J-GLOBAL ID:201501035972303716   Update date: Sep. 13, 2021

MAEDA Keiichi

マエダ ケイイチ | MAEDA Keiichi
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (1): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/70734911.ja.html
Research field  (1): Literature - European
Research keywords  (2): オーストリア文学 ,  ドイツ文学
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2025 戦後オーストリアにおける冷戦と文学の関係についての研究
  • 2018 - 2021 第二次世界大戦後オーストリアの「文化国家」形成における文学の機能についての研究
  • 2019 - 固有名の詩学(法政大学出版局)
  • 2015 - 2018 文学作品における固有名の機能とその受容についての研究-ドイツ語文学の場合
Papers (18):
  • Das beschädigte Erzählen. Gerhard Ftitschs Poetologie der Fragmentarität. 2020. 88. 87-99
  • 前田佳一. インゲボルク・バッハマンのオーストリア表象ー『湖への三つの道』を中心に. 日本独文学会研究叢書. 2020. 141. 60-73
  • Keiichi MAEDA. Autorschaft einer jungen Dichterin - Ingeborg Bachmann und die Literaturszene im Wien der Nachkriegszeit. Beiträge zur Österreichischen Literatur. 2020. 36. 1-12
  • 前田佳一. オーストリア文学の過去と未来の間ーマックス・メルとイルゼ・アイヒンガーを例に. 人文科学研究. 2019. 15. 173-185
  • 前田佳一. 固有名と虚構性をめぐる諸問題. 日本独文学会研究叢書. 2018. 130. 2-8
more...
MISC (3):
  • 前田佳一. オーストリア文学の故郷表象をめぐる序論. 日本独文学会研究叢書. 2020. 141. 2-5
  • 前田佳一. 「オーストリア文学」というファントム(書評:W. クリークレーダー『オーストリア文学の社会史 かつての大国の文化』斎藤成夫訳、法政大学出版局). 図書新聞(11月9日). 2019. 3422. 6
  • Keiichi MAEDA. Einführung-Probleme der österreichischen Nachkriegsliteratur. Das Symposion "unter Mördern und Irren" oder die Tiefe der österreichischen Nachkriegsliteratur. 2017. 126. 2-9
Books (2):
  • 固有名の詩学
    法政大学出版局 2019
  • Nachleben der Toten - Autofiktion
    iudicium 2017
Lectures and oral presentations  (14):
  • 空虚な中心ーゲアハルト・フリッチュにおける「オーストリア的なるもの」の言説
    (戦後オーストリア文学研究会第3回コロキウム(Zoomによるオンライン開催) 2021)
  • 1945年以後のオーストリア文学における「オーストリア的なるもの」の象徴化と神話化
    (戦後オーストリア文学研究会第1回コロキウム (Zoomによるオンライン開催) 2020)
  • 「ウィーンは燃えている」ーインゲボルク・バッハマンのオーストリア表象と脱魔術化
    (シンポジウム「天国への階段」ーオーストリア文学における故郷表象の虚構性(日本独文学会研究発表会、於・成城大学) 2019)
  • 損傷した物語ーゲアハルト・フリッチュ『ファッシング』における断片性の詩学
    (シンポジウム「フラグメントの諸相ー文化的実践としての」(日本独文学会研究発表会,於・学習院大学) 2019)
  • Autorschaft einer jungen Dichterin. Ingeborg Bachmann und die Literaturszene im Wien der Nachkriegszeit.
    (Internationales Kolloquium. Autorschaft und Autorkonzept. (University of Tokyo) 2019)
more...
Education (5):
  • 2008 - 2013 東京大学大学院
  • 2010 - 2012 パリス・ロドロン大学(ザルツブルク) ドイツ語ドイツ文学科
  • 2006 - 2008 東京大学大学院
  • 2004 - 2006 The University of Tokyo Language and Culture
  • 2002 - 2004 The University of Tokyo
Professional career (1):
  • 博士(文学) (東京大学大学院人文社会系研究科)
Work history (8):
  • 2020/04 - 現在 お茶の水女子大学 基幹研究院人文科学系 准教授
  • 2017/10 - 2020/09 Chuo University Faculty of Letters
  • 2016/04 - 2020/03 Ochanomizu University
  • 2015/04 - 2016/03 Tokyo Metropolitan University
  • 2014/04 - 2016/03 Teikyo University Faculty of Language Studies
Show all
Committee career (3):
  • 2017/05 - 2021/07 日本独文学会関東支部 幹事
  • 2019/06 - 2021/06 日本独文学会 理事
  • 2013/05 - 2014/04 日本独文学会 庶務委員
Association Membership(s) (3):
日本独文学会関東支部 ,  GESELLSCHAFT FÜR ÖSTERREICHISCHE LITERATUR IN JAPAN ,  JAPANISCHE GESELLSCHAFT FUER GERMANISTIK
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page