Rchr
J-GLOBAL ID:201501037246489668   Update date: May. 03, 2020

Muta Satoko

ムタ サトコ | Muta Satoko
Affiliation and department:
Job title: Research Assistant
Research field  (1): Architectural and city planning
Papers (9):
  • 牟田 聡子, 八藤後 猛, 植田 瑞昌. 妊娠期から育児期における生活実態と妊娠期の事故実態に関する研究 妊娠期から育児期における環境整備に関する基礎研究 その1. 学術講演梗概集. 2016. 2016. 1009-1010
  • 植田 瑞昌, 牟田 聡子, 八藤後 猛. 妊娠期の日常生活動作の困難度と事故実態に関する研究 妊娠期から育児期における環境整備に関する基礎研究 その2. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2016. 2016. 1010-1011
  • 八藤後 猛, 牟田 聡子, 植田 瑞昌. 妊娠期の住環境と日常生活動作の困難度及び事故実態に関する研究 妊娠期から育児期における環境整備に関する基礎研究 その3. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2016. 2016. 1012-1013
  • Dan Nakada, Satoko Muta, Takeshi Yatogo. 宿泊施設の建物種別の違いによるバリアフリー化に関する考察 宿泊施設におけるバリアフリー化に関する研究 その2. 日本建築学会計画系論文集. 2016. 724. 1251
  • 牟田 聡子, 中田 弾, 八藤後 猛. 車いす使用者用客室に関する実地調査およびヒアリング調査からの考察 : 宿泊施設におけるバリアフリー化に関する研究 その1. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2015. 2015. 669-670
more...
MISC (5):
  • 北村駿季, 牟田聡子, 八藤後猛. 内部評価による事業分野別継続性 地域活性化事業における、住民参加に関する研究 その 1. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2019
  • 牟田聡子, 八藤後猛. 妊娠期の身体変化と住宅内外で発生する事故の関連 妊娠期から育児期における環境整備に関する基礎研究 その4. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2018
  • 牟田聡子, 八藤後猛. 妊娠期における身体変化と日常生活動作の困難レベルが住宅内外の事故発生に及ぼす影響 妊娠期から乳幼児期の環境変化に着目した整備に関する研究 その1. 日本建築学会計画系 論文集. 2017. 742. 3051-3060
  • 清水舞子, 桑田貴一, 八藤後猛, 牟田聡子. 鉄道駅における手作りサインから見るサイン計画の問題点. 日本福祉のまちづくり学会大会梗概集. 2017
  • 蓑輪裕子, 植田瑞昌, 八藤後猛, 山崎晋, 長谷川万由美, 牟田聡子. 体験型子育てバリアフリー教室に関する研究-ベビーカー利用者によるバス乗車体験等を通じて-. 日本福祉のまちづくり学会梗概集. 2017
Education (1):
  • 日本大学 建築学専攻
Professional career (1):
  • 修士(工学) (日本大学)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page