Rchr
J-GLOBAL ID:201501044509310087   Update date: Aug. 07, 2019

Nonoue Keisuke

ノノウエ ケイスケ | Nonoue Keisuke
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Civil law
Papers (6):
  • 野々上敬介. 登記手続をめぐる遺言執行者の権利義務に関する一考察-登記請求権を中心に-. 静岡大学法政研究. 2016. 20. 3. 1-37
  • 野々上敬介. 財産管理人による行為の効果帰属の法理--間接代理人の行為を中心として. 私法. 2015. 77. 158-164
  • 野々上敬介. 代理における顕名の意義--民法100条本文を手がかりに. 静岡大学法政研究. 2014. 18. 3=4. 63-117
  • 野々上敬介. 財産管理人による行為の効果帰属の法理--間接代理人の行為を中心として(三・完). 法学論叢. 2014. 175. 3. 30-51
  • 野々上敬介. 財産管理人による行為の効果帰属の法理--間接代理人の行為を中心として(二). 法学論叢. 2013. 174. 3. 75-95
more...
Books (6):
  • 沖野眞已=窪田充見=佐久間毅編著『民法演習サブノート210問』
    弘文堂 2018
  • 千葉恵美子=潮見佳男=片山直也編『Law Practice 民法I【総則・物権編】〔第4版〕』
    商事法務 2018
  • 潮見佳男・道垣内弘人編『民法判例百選I 総則・物権[第8版]』
    有斐閣 2018
  • 千葉恵美子=潮見佳男=片山直也編『Law Practice 民法I【総則・物権編】〔第3版〕』
    商事法務 2017
  • 棚村政行=水野紀子=潮見佳男編『Law Practice 民法III【親族・相続編】』
    商事法務 2015
more...
Lectures and oral presentations  (1):
  • 財産管理人による行為の効果帰属の法理--間接代理人の行為を中心として--
    (日本私法学会 2014)
Professional career (3):
  • 学士(法学) (京都大学)
  • 法務博士(専門職) (京都大学)
  • 博士(法学) (京都大学)
Association Membership(s) (1):
日本私法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page