Rchr
J-GLOBAL ID:201501055145817948   Update date: Oct. 05, 2021

Takashi Yamasaki

Takashi Yamasaki
Affiliation and department:
Research keywords  (2): スポーツ社会学 ,  障害者スポーツ
Papers (10):
  • 山崎 貴史. パラリンピックと開催都市のバリアフリー化-パラリンピックは都市をどのように変えるのかー. 都市問題. 2021. 112. 10. 32-37
  • 山崎貴史, 植田俊. 障害者スポーツ・ボランティアに関する社会学的研究-スポーツ実践者とボランティアの関わりに着目して-. 北海道大学大学院教育学研究院紀要. 2021. 138. 427-440
  • 植田俊, 山崎貴史. ブラインドマラソンの社会学的研究(その2)-ブラインドランナーの〈視覚〉の社会的構成ー. 北海道大学大学院教育学研究院紀要. 2021. 138. 407-426
  • 植田俊・山﨑貴史. ブラインドマラソンの社会学的研究(その1)-伴走者からみたスポーツ実践の「意味」-. 東海大学国際文化学部紀要. 2020. 12. 47-65
  • 山﨑貴史. 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催と公園の再整備. 北海道大学教育学研究院紀要. 2019. 135. 113-128
more...
MISC (10):
  • 山﨑 貴史. 障害者スポーツの世界とできない身体の創造性. 2019年度北海道大学公開講座全学企画テキスト. 2019. 27-30
  • 山﨑 貴史. 障害者と健常者の協同的スポーツ活動に関する研究. 日本スポーツ社会学会第27回大会抄録集. 2018. 40-41
  • 山﨑 貴史. 福祉・教育としてのスポーツの可能性. 全国障害者福祉センター編 戸山サンライズ. 2015. 268. 10-12
  • 山﨑 貴史. 研究委員会企画学生会員フォーラム報告. 日本スポーツ社会学会会報. 2013. 57. 32-34
  • 渡 正, 川西正博, 山﨑, 貴史, 黒須, 朱莉, 鈴木楓太. 「障害者スポーツ」の社会学に向けて-スポーツ/日常における「障害」をめぐって. 日本スポーツ社会学会第22回福山大会. 2013
more...
Books (1):
  • ともに生きるための教育学へのレッスン40-明日を切り開く教養
    明石書店 2019
Lectures and oral presentations  (20):
  • ランナーと伴走者によるブラインドマラソンにおける「面白さ」の相互行為的構築ー「空間の固有性」への協働的対処に着目してー
    (第71回日本体育・スポーツ・健康学会 2021)
  • he processes of becoming a guide runner in a blind marathon club as a community of practice
    (International Symposium of Adapted Physical Activity 2021)
  • パラリンピックによる開催都市のバリアフリー化とそのジレンマ
    (日本スポーツ社会学会第30回大会 2021)
  • 障害者スポーツにおける〈支援〉の生成ーブラインドマラソンにおけるランナーー伴走者関係を事例として
    (日本スポーツ社会学会第30回大会 2021)
  • ブラインドマラソンランナーにおける〈視覚〉の構築プロセス
    (第25回日本アダプテッド体育・スポーツ学会 2020)
more...
Professional career (1):
  • 博士(学術) (筑波大学)
Committee career (2):
  • 2019/04 - 現在 日本スポーツ社会学会 電子ジャーナル委員
  • 2017/04 - 2019/03 日本スポーツ社会学会 電子ジャーナル委員
Awards (1):
  • 2017/01 - 北海道大学 北海道大学教育総長賞奨励賞
Association Membership(s) (2):
国際スポーツ史学会 ,  JAPAN SOCIETY OF SPORT SOCIOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page