Rchr
J-GLOBAL ID:201501056725317981   Update date: Aug. 05, 2021

Takeyasu Hajime

タケヤス ハジメ | Takeyasu Hajime
Affiliation and department:
Research field  (4): Experimental psychology ,  English linguistics ,  Japanese linguistics ,  Linguistics
Research keywords  (3): 音声知覚 ,  音韻論 ,  音声学
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2019 - 2023 鹿児島方言の音節の時間制御に関する実験音声学的研究
  • 2013 - 2016 A study on the perception of moraic consonants and vowels in Japanese: effects of prosodic information and their acquisition process
  • 2011 - 2013 Experimental phonetic study on the perception of Japanese vowel length: effects of prosodic information
Papers (30):
  • 神谷祥之介, 竹安大, 窪薗晴夫. 日本語母語話者による英語の語末曖昧母音の知覚:アメリカ英語とイギリス英語の比較. 音韻研究. 2019. 22. 35-42
  • 神谷祥之介, 佐藤正直, 竹内美樹, 竹安大. 日本語母語話者による英語の語末子音連続/ks/および/sk/の知覚:子音の順序と促音の知覚の関係. 福岡大学研究部論集A:人文科学編. 2019. 19. 1. 45-52
  • 竹安大, 小林祐貴. 鹿児島方言における韻律体系の変化:若年層に対する予備調査結果. 福岡大学研究部論集A:人文科学編. 2019. 19. 1. 53-64
  • 石橋頌仁, 竹安大. 長音と促音の知覚における同化効果と対比効果の妥当性の検証:個人差に関する分析. 福岡大学研究部論集A:人文科学編. 2019. 19. 1. 65-72
  • 竹安 大. 母音長・子音長の知覚とF0変動の影響:これまでと今後の展望. 現代音韻論の動向:日本音韻論学会20周年記念論文集. 2016. 128-131
more...
MISC (3):
  • Yoshiko Mieno, Hajime Takeyasu, Kazuya Uchiyama, Saoko Funada, Chihiro Fujimori, Mika Matsuda. 別府大学教養英語共通テストの解答傾向分析. 第64回九州地区大学教育研究協議会議事録. 2016. 87-92
  • Hajime Takeyasu, Yoshiko Mieno, Machiko Higashi, Kazuya Uchiyama, Mika Matsuda. 学生のレベルに合わせたプレイスメントテスト構築とその運用. 第62回九州地区大学一般教育研究協議会議事録. 2014. 65-70
  • Hajime Takeyasu. 音声学・音韻論の知見を活かした英語教育:事例報告. 第61回九州地区大学一般教育研究協議会議事録. 2013. 49-56
Books (3):
  • The Phonetics and Phonology of Geminate Consonants (Edited by Haruo Kubozono)
    Oxford University Press 2017 ISBN:9780198754930
  • 音韻研究の新展開:窪薗晴夫教授還暦記念論文集
    開拓社 2017 ISBN:9784758922371
  • Online Proceedings of GLOW in Asia Workshop for Young Scholars 2011
    The GLOW-in-Asia at Mie Local Organizing Committee 2012
Lectures and oral presentations  (40):
  • 日本語母語話者の英語語末子音連続における促音知覚 -子音の順序と調音法の影響-
    (Prosody and Grammar Festa 5 2021)
  • Exploring invariant durational structure for voiceless and voiced stop quantity distinction in Kagoshima Japanese
    (Acoustics Virtually Everywhere (The 179th Meeting of the Acoustical Society of America) 2020)
  • 日本語母語話者による英語語末子音連続の促音知覚--子音の順序と無音区間の影響
    (日本英文学会九州支部第73回大会 2020)
  • 鹿児島方言における言語変化:韻律体系と音節の時間制御の観点から
    (日本方言研究会第111回研究発表会 2020)
  • 長音と促音の知覚における隣接要素の持続時間及び音韻長の影響:発話速度の観点から
    (日本言語学会第160回大会 2020)
more...
Education (5):
  • 2006 - 2009 Kobe University 社会文化専攻
  • 2006 - 2009 Kobe University 社会文化専攻
  • 2004 - 2006 Kobe University 英米文学(言語学)専攻
  • 2004 - 2006 Kobe University 英米文学(言語学)専攻
  • 2000 - 2004 Nanzan University アジア学科
Professional career (2):
  • 修士(文学) (神戸大学)
  • 博士(学術) (神戸大学)
Work history (3):
  • 2015/04/01 - Fukuoka University 人文学部 英語学科 講師
  • 2012/04/01 - 2015/03/31 Beppu University 文学部 史学・文化財学科 講師
  • 2010/04/01 - 2012/03/31 Mie University 共通教育センター 特任講師
Committee career (3):
  • 2017/04/01 - 2021/03/31 日本音韻論学会 理事
  • 2017/04/01 - 2019/03/31 日本英文学会九州支部 書記
  • 2016/04/01 - 福岡言語学会(FLC) 事務局長
Association Membership(s) (4):
日本音韻論学会 ,  日本言語学会 ,  日本音声学会 ,  Acoustical Society of America
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page