Rchr
J-GLOBAL ID:201501058691145852   Update date: Jun. 08, 2021

Maeda Yuji

マエダ ユウジ | Maeda Yuji
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Money and finance
Research keywords  (5): 保険 ,  リスクの計量化 ,  Risk Financing ,  Risk Management ,  Corporate Finance
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2016 - 2019 リスクマネジャーとしての近江商人の研究
  • 2016 - 2019 リスクマネジャーとしての近江商人の研究
  • 2012 - 2015 日本企業のリスクファイナンスとキャプティブの研究
Papers (18):
  • Yuji Maeda. Present and Future of Captive Market - A Risk Financing Tool for Self-Insurance. Journal of Insurance Science. 2020. 651. 265-282
  • Yuji Maeda. Sustainability and Risk Management: From the Viewpoint of Management Studies. Japanese Journal of Risk Analysis. 2020. 29. 3. 203-204
  • Yuji Maeda. How does Corporate Risk Management differ between Japan and U.S.?. Journal of Insurance Science. 2020. 648. 165-182
  • Yuji Maeda. Resilience to Risk - Corporate Risk Management and the Limitation of Insurance as a method for Risk Management. The Journal of Economics of Kwansei Gakuin University. 2019. 73. 3. 85-104
  • Yuji Maeda. Tax Impact on the Value of Captive Insurers. ビジネス&アカウンティングレビュー. 2015. 16. 1-15
more...
MISC (12):
  • 前田 祐治. 新聞掲載論文:日本企業とキャプティブ:リスクファイナンスの理論と実践:キャプティブ・プログラムをめぐる論点と実務に関する補足「キャプティブとリスクコントロール」. 保険毎日新聞2013年(平成25年)1月11日. 2013
  • 前田 祐治. 新聞掲載論文:日本企業とキャプティブ:リスクファイナンスの理論と実践:キャプティブ・プログラムの設立過程「ビジネスプラン」. 保険毎日新聞2012年(平成24年)10月19日. 2012
  • 前田 祐治. 新聞掲載論文:日本企業とキャプティブ:リスクファイナンスの理論と実践:キャプティブ・プログラムの設立過程「リスク診断とサーベイ報告書」. 保険毎日新聞2012年(平成24年)9月28日. 2012
  • 前田 祐治. 新聞掲載論文:日本企業とキャプティブ:リスクファイナンスの理論と実践:キャプティブ・プログラムの設立過程「見込み財務諸表の作成概要」. 保険毎日新聞2012年(平成24年)9月21日. 2012
  • 前田 祐治. 新聞掲載論文:日本企業とキャプティブ:リスクファイナンスの理論と実践:キャプティブ・プログラムの設立過程「損害予想」. 保険毎日新聞2012年(平成24年)9月14日. 2012
more...
Books (3):
  • 企業のリスクマネジメントとキャプティブの役割
    関西学院出版会 2015 ISBN:9784862831897
  • ビジネス統計学 Excelで学ぶ実践活用テクニック
    丸善出版 2014 ISBN:9784621088913
  • キャプティブと日本企業 リスク・マネジメントの強化にむけて
    保険毎日新聞社 2013 ISBN:9784892931154
Lectures and oral presentations  (16):
  • Financial Stability and Risk of Small Amount Short-Term Insurance Companies
    (the 75th Annual Meeting of the Japanese Society of Insurance Science 2015)
  • リスクマネジメントの変遷と展開-経営戦略及び経営組織を中心に-
    (日本リスク学会、第26回年次大会、中央大学 2013)
  • Sustainability of a Small Amount and Short Term Insurance Company
    (日本リスク学会、第26回年次大会、中央大学 2013)
  • On feasibility of a risk retention group in Japan
    (The 17th Annual Conference of Asia-pacific Risk and Insurance Association at St. John's University 2013)
  • Fuji Xerox and Corporate Social Responsibility
    (ABEST21 The Chiang Mai Conference 2013 at Chiang Mai University 2013)
more...
Education (4):
  • - 2006 Shiga University
  • - 2006 Shiga University
  • 1994 - 1996 Indiana University Finance
  • - 1988 Doshisha University
Professional career (4):
  • 博士(経営学) (滋賀大学)
  • 経営学修士号 (インディアナ大学)
  • PhD (Business Administration) (Shiga University)
  • MBA (Indiana University)
Work history (10):
  • 2015/04/01 - 現在 Kwansei Gakuin University Institute of Business and Accounting Business School Institute of Business and Accounting Professor
  • 2015/04/01 - 現在 Kwansei Gakuin University Institute of Business and Accounting Business School Institute of Business and Accounting Professor
  • 2011/04/01 - 2015/03/31 Kwansei Gakuin University Institute of Business and Accounting Business School Associate Professor
  • 2011/04/01 - 2015/03/31 Kwansei Gakuin University Institute of Business and Accounting Business School Associate Professor
  • 2009/04/01 - 2011/03/31 Kwansei Gakuin University Institute of Business and Accounting Business School Associate Professor
Show all
Committee career (3):
  • 2020/10/17 - 2022/10/17 保険学会 日本保険学会評議員
  • 2012/11 - 日本リスク学会 日本リスク学会第25回大会(11月9日から11月11日)の実行委員
  • 2010/08 - 2010/11 日本リスク学会 2010年度第23回年次大会(11月26日から28日)のプログラム運営委員
Awards (1):
  • 2008/10 - 地域学会 地域学会 田中啓一賞(博士論文賞)受賞
Association Membership(s) (4):
日本リスク学会 ,  地域学会 ,  The Japanese Society of Insurance Science ,  Asia Pacific Risk and Insurance Association
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page