Rchr
J-GLOBAL ID:201501062523499174   Update date: Jul. 15, 2020

Kurihara Ken'ichi

クリハラ ケンイチ | Kurihara Ken'ichi
Affiliation and department:
Job title: 客員研究員
Homepage URL  (1): http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/
Research field  (4): Science education ,  Museology ,  Cultural properties ,  Biogeoscience
Research keywords  (4): サイエンスコミュニケーション ,  層位・古生物学 ,  博物館学 ,  ジオパーク
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2018 - 2022 博物館資料の収集と利活用を促進させるサイクルの構築:北海道産アンモナイトを事例に
  • 2006 - 2007 貧酸素環境下におけるアンモナイト類の適応形態
  • 2004 - 2005 白亜紀中期海洋無酸素事変に対する生物相の反応
  • 2003 - 2004 北西太平洋地域におけるセノマニアン/チューロニアン期境界前後の軟体動物相
Papers (27):
  • 大谷茂之, 栗原憲一. 北海道博物館協会学芸職員部会によるスキルアッププログラム. 2018. 53. 10. 10-13
  • Tanaka, T, Kobayashi, Y, Kurihara, K, Fiorillo, A.R, Kano, M. The oldest Asian hesperornithiform from the Upper Cretaceous of Japan, and the phylogenetic reassessment of Hesperornithiformes. Journal of Systematic Palaeontology. 2018. 16. 8. 689-709
  • 栗原憲一, 池田貴夫, 堀繁久. 来館者調査からみる北海道博物館の総合展示室およびはっけん広場の現状と課題. 北海道博物館研究紀要. 2018. 3. 201-218
  • Geological Age of the Quaternary Deposites Observed in Nishinosato District, Kitahiroshima City, Hokkaido, Japan. 2018. 3. 3. 143-161
  • Sedimentary Facies and Paleocurrents of Sandridge Deposits Observed in Nishinosato District, Kitahiroshima City, Hokkaido, Japan. 2018. 3. 3. 133-141
more...
MISC (3):
  • 清家一馬, 川辺文久, 栗原憲一, 守屋和佳, 和仁良二. 故平野弘道教授の業績概要および平野研究室化石コレクションの移管について. 早稲田大学教育・総合科学学術院学術研究(自然科学編). 2015. 63. 13-30
  • 栗原憲一. なぜ,アンモナイトは世界中から産出するのか. 理科教室. 2014. 5月号. 70-71
  • 栗原憲一, 吉岡由紀. 第6回国際頭足類シンポジウム(アメリカ)参加報告. 化石. 2005. 77. 57-59
Books (13):
  • 古生物食堂
    技術評論社 2019 ISBN:9784297108199
  • 北の学芸員とっておきの<お宝ばなし>
    寿郎社 2016
  • 化石ウォーキングガイド 全国版 日本各地に眠る古生物の痕跡探し27地点
    丸善出版 2016
  • シリーズ大地の公園 北海道・東北のジオパーク
    古今書院 2015
  • 洋泉社MOOK「地球と人類の46億年史」
    洋泉社 2013
more...
Lectures and oral presentations  (34):
  • 数理・科学チャレンジ サマーキャンプ2018(地学 発展コース)
    (立命館慶祥中学校・高等学校SSH 2018)
  • ジオパークにおける産業遺産の活用と博物館の役割
    (小樽市総合博物館 博物館ゼミナール 2018)
  • 北海道博物館における来館者参加型展示・ヒグマアンケートについて
    (北海道自然史研究会2017年度大会 2018)
  • 地質学会が選定する北海道の化石「アンモナイト」について
    (日本地質学会北海道支部平成29年度例会 2017)
  • 情報発信と環境教育
    (ジオパーク研修会(中級編) 2017)
more...
Education (3):
  • 2003 - 2006 Waseda University
  • 2001 - 2003 Waseda University
  • 1997 - 2001 Waseda University
Professional career (1):
  • 博士(理学) (早稲田大学)
Work history (6):
  • 2016/04 - 現在 Hokkai-Gakuen University
  • 2018/04 - 2019/03 北海道博物館 研究部 学芸主査
  • 2015/04 - 2018/03 北海道博物館 研究部 学芸員
  • 2011/09 - 2015/03 三笠市立博物館 主任研究員・学芸員
  • 2006/04 - 2011/08 三笠市立博物館 主任研究員
Show all
Committee career (5):
  • 2014/04 - 現在 日本ジオパークネットワーク運営会議委員
  • 2014/02 - 現在 地質の日事業推進委員
  • 2013/02 - 現在 北海道自然史研究会理事
  • 2016/04 - 2018/03 三笠ジオパークESD推進協議会委員
  • 2014/10 - 2015/03 幾春別川ダム環境会議委員
Association Membership(s) (5):
Japanese Association for Science Communication ,  THE MUSEOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN ,  THE JAPAN SOCIETY OF EXHIBITION STUDIES ,  JAPAN GEOSCIENCE UNION ,  PALAEONTOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page