Rchr
J-GLOBAL ID:201501087644032900   Update date: Aug. 10, 2021

takashi kurimoto

クリモト タカシ | takashi kurimoto
Affiliation and department:
Research field  (1): Information networks
Research keywords  (2): flow control ,  switch architecture
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2019 - 2021 エッジとクラウドの連携によるリアルタイム映像処理基盤の実現
  • 2005 - 2010 次世代バックボーンに関する研究開発
Papers (74):
  • Assessing service survivability under failure conditions in reliable multipath network testbed. 2021. 10. 8. 422-427
  • Kohei Shiomoto, Takashi Kurimoto. Policy Gradient-based Deep Reinforcement Learning for Deadline-aware Transfer over Wide Area Networks. 2021 IEEE 7th International Conference on Network Softwarization (NetSoft). 2021
  • OSPF Extension for Expected Capacity Guaranteed Routing with Multipath Transmission Based on Long-term Failure Prediction. 2020
  • Ryota Kawase, Taichi Okumura, Masaki Murakami, Yoshihiko Uematsu, Takashi Kurimoto, Satoru Okamoto, Naoaki Yamanaka. Experimentation of service provisioning in reliable multipath network testbed. ICETC2020. 2020
  • Takehiro Sato, Takashi Kurimoto, Shigeo Urushidaniy, Eiji Oki. Virtualized Network Graph Design and Embedding Model. International Conference on Cloud Networking 2020. 2020
more...
MISC (23):
Patents (128):
more...
Books (1):
  • 時代を映すインフラ-ネットと未来ー
    丸善ライブラリー 2016
Lectures and oral presentations  (166):
  • μs オーダー遅延揺らぎ実現を目指したパケット制御技術の検討
    (電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会, Vol. 120, No. 388, PN2020-54, pp. 70-75 2021)
  • URLLCの実現を目指したパケット制御技術の検討
    (電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会学生ワークショップ 2021)
  • 広域データセンター間通信における深層強化学習を適用したPolicy Gradientによるデッドラインアウェアなデータ転送
    (フォトニックネットワーク研究会(PN) 2020)
  • 広域データセンタ間通信における深層学習を適用したPolicy Gradientによるデッドラインアウェアなデータ転送
    (B-12-1、フォトニックネットワーク、電子情報通信学会総合大会 2020)
  • 広域データセンター間通信のトラフィック特性を考慮したジョブスケジューリング法の検討
    (電子情報通信学会 信学技報PN2019-61 2020)
more...
Professional career (1):
  • 博士(工学) (慶応大学)
Work history (4):
  • 2015/04 - 現在 NII
  • 2009/10 - 2015/03 日本電信電話株式会社 ネットワークサービスシステム研究所
  • 2005/04 - 2009/09 東日本電信電話株式会社 ネットワーク事業本部設備部
  • 1994/04 - 2005/03 NTT Network service system laboratory
Committee career (16):
  • 2020/05 - 現在 IEICE technical committee on communication quality
  • 2019/11 - 現在 電子情報通信学会 APNOMS2020 Innovation session co-chair
  • 2019/05 - 現在 電子情報通信学会 DP研究会 専門委員
  • 2019/05 - 現在 IEICE IEICE Transactions on Communications editor
  • 2019/01 - 現在 電子情報通信学会 APNOMS tutorial co-chair
Show all
Awards (6):
  • 2021/04 - 電子情報通信学会 第16回電子情報通信学会通信ソサイエティ論文賞(Best Paper Award) Efficient Reliability Evaluation of Multi-Domain Networks with Secure Intra-Domain Privacy」 Vol.E103-B, No.4, pp.440-451.
  • 2013 - 日本電信電話株式会社 H25年度発明審査会実施実績2級
  • 2012 - 日本電信電話株式会社 H24年度発明審査会実施実績3級
  • 2010 - 日本電信電話株式会社 情報流通基盤総合研究所 総研所長表彰 業績賞
  • 2002 - 日本電信電話株式会社 ネットワークサービスシステム研究所 研究所長表彰実用化開発賞
Show all
Association Membership(s) (2):
IEEE ,  THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page