Rchr
J-GLOBAL ID:201501093086780287   Update date: Nov. 27, 2019

Tamura Yuji

タムラ ユウジ | Tamura Yuji
Affiliation and department:
Research field  (1): Sports science
Research keywords  (4): Approach run ,  Pole Vault ,  Track & Field, Athletics ,  Sports biomechanics
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2017 - 2019 コーディネーショントレーニングが大学生女子アスリートの疾走動作に及ぼす影響
  • 2017 - 2019 棒高跳の助走におけるストライド調整メカニズムの解明
Papers (13):
more...
Books (12):
  • 月刊陸上競技 2018.2月号
    講談社,陸上競技社 2018
  • 月刊陸上競技 2017.12月号
    講談社,陸上競技社 2017
  • 月刊陸上競技 2017.10月号
    講談社,陸上競技社 2017
  • 月刊陸上競技 2017.8月号
    講談社,陸上競技社 2017
  • 月刊陸上競技 2017.6月号
    講談社,陸上競技社 2017
more...
Lectures and oral presentations  (23):
  • ADJUSTMENTS IN GAIT CHARACTERISTICS DURING FINAL APPROACH PHASE IN POLE VAULT
    (12th International Sports Science Conference 2019)
  • The effect of foot contact angle on performance of middle-long distance race in track and field
    (12th International Sports Science Conference 2019)
  • HOW LOWER BODY SEGMENT ROTATIONS CONTRIBUTE TO THE UPWARD FOOT VELOCITY IN SOCCER VOLLEY KICKING.
    (36th International Society of Biomechanics in Sports Conference 2018)
  • サッカーボレーキックにおける蹴り脚足部重心速度に対する骨盤及び蹴り脚の貢献
    (第25回日本バイオメカニクス学会 2018)
  • 棒高跳における踏切動作がポールの湾曲率に及ぼす影響-異なる跳躍スタイルの踏切動作比較から-
    (第25回日本バイオメカニクス学会 2018)
more...
Education (2):
  • 2010 - 2014 Hiroshima University 総合科学専攻
  • 2008 - 2010 Chukyo University 体育学専攻
Professional career (2):
  • 修士(体育学) (中京大学)
  • 博士(学術) (広島大学)
Awards (2):
  • 2017/12/07 - Best Poster Presenter Malaysia
  • 2013/11/09 - 広島体育学会 奨励賞 棒高跳びの助走におけるストライド調整様式-ストライド調整開始位置に着目して-.
Association Membership(s) (4):
日本体育学会 ,  日本バイオメカニクス学会 ,  日本陸上競技学会 ,  日本スプリント学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page