Rchr
J-GLOBAL ID:201601000315235271   Update date: Nov. 06, 2020

TAKAHASHI Aiko

タカハシ アイコ | TAKAHASHI Aiko
Affiliation and department:
Job title: -
Other affiliations (2):
Research field  (1): Politics
Research keywords  (2): ヘルマン・ヘラー ,  政治権力の合法性と正当性、政治的責任、国家理性、非常事態、カール・シュミット、丸山眞男
Papers (8):
  • 高橋愛子. 「プロイセン対ライヒ」裁判での「弁論」の背景をなす議論連環-シュミットの「独立した権限規範」とヘラーの「政治的意図」をめぐって. 『聖学院大学総合研究所紀要』. 2018. 第64号. 81-242
  • 高橋愛子. 「『プロイセン対ライヒ』裁判におけるカール・シュミットとヘルマン・ヘラー -法廷での対決をめぐって-」. 『聖学院大学総合研究所紀要』. 2017. 第63号. 99-243
  • 高橋愛子. 「<合法性>の空洞化-1920年代のドイツにおける経済の独占化過程と議会外立法様式-」. 『聖学院大学総合研究所紀要』. 2015. 第60号. 32-78
  • 高橋愛子. 「〈合法性〉と〈状況適合的擬似合法性〉の間 - 『パーペン・クーデター』事件から『国事裁判』へ-」. 『聖学院大学総合研究所紀要』. 2010. 第47号. 291-350
  • 高橋 愛子. 「<合法性>をめぐる二つの次元-法と政治の間についての一試論-」. 『聖学院大学総合研究所紀要』. 2007. 第39号. 290-316
more...
MISC (4):
  • 髙橋愛子. 巻頭言:「ことば」からの逃亡(フライト)か、「ことば」の獲得か. 聖学院大学総合研究所 Newsletter. 2018. 第28巻. 第1号
  • 髙橋愛子. 時代に抗する力. 『緑信叢書37:上にあるものを求めて』. 2008. 48-52
  • 髙橋愛子. もっとも小さい者のひとりに. 『緑信叢書34:共におられる神』. 2006. 51-55
  • 髙橋愛子. 学生たち共に学ぶ「アイヌ文化振興法」. 聖学院大学総合研究所 Newsletter. 2004. 第14巻. 第2号. 11-13
Books (7):
  • 『逆光の政治哲学-不正義からの問い返し』
    法律文化社 2016
  • 『創造するリベラル』
    新泉社 2008
  • Liberal Nationalism
    Princeton University Press 2006
  • The Challenge of Carl Schmitt
    2006
  • 『カール・シュミット時事論文集-ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議』
    風行社 2000
more...
Lectures and oral presentations  (1):
  • 「<合法性>と<状況適合的擬似合法性>の間-ワイマール期を手がかりとして-」
    (聖学院大学「キリスト教と諸学」 2009)
Education (4):
  • 1993 - 2002 International Christian University
  • 1990 - 1993 International Christian University
  • 1991 - 1992 Westfalian Wilhelms-University Muenster
  • 1979 - 1983 Seikei University Department of Political Science
Professional career (1):
  • Ph.D. (国際基督教大学)
Work history (14):
  • 2020/09 - 2021/03 聖学院大学 政治経済学部政治経済学科 学科長
  • 2018/04 - 2020/03 聖学院大学 学長特別補佐(国際交流・留学生教育)
  • 2018/04 - 聖学院大学大学院 政治政策学研究科 研究科長
  • 2018/04 - 聖学院大学 政治経済学部 学部長
  • 2014/04 - 2015/03 聖学院大学 副学長
Show all
Committee career (1):
  • 2017/07 - 学校法人 恵泉女学園 評議員
Association Membership(s) (1):
日本政治思想学会、日本政治学会、日本法哲学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page