Rchr
J-GLOBAL ID:201601000428032598   Update date: Mar. 29, 2021

Kobayashi Yuriko

コバヤシ ユリコ | Kobayashi Yuriko
Affiliation and department:
Other affiliations (2):
  • 応用生物科学研究科  准教授
  • 連合農学研究科  准教授
Homepage URL  (1): http://www.abios.gifu-u.ac.jp/koyama/
Research field  (1): Plant nutrition, soil science
Research keywords  (12): 重金属 ,  トランスクリプトーム ,  GWAS ,  環境ストレス ,  シロイヌナズナ ,  ポリジーン系 ,  SNP ,  ナチュラルバリエーション ,  アルミニウムストレス ,  ゲノムワイド関連解析 ,  酸ストレス ,  酸性土壌耐性
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2016 - 2018 ケミカルジェネティクスに基づく酸およびアルミニウムシグナル伝達の解明
  • 2014 - 2016 ゲノムワイド関連解析に基づく酸性土壌耐性の分子的理解
  • 2012 - 2016 ゲノムワイド関連解析に基づく酸性土壌耐性の分子的理解
  • 2012 - 2015 ゲノムワイド関連解析に基づく酸性土壌耐性の分子的理解
  • 2012 - 2015 ゲノムワイド関連解析に基づく酸性土壌耐性の分子的理解
Show all
Papers (76):
  • Mutsutomo Tokizawa, Takuo Enomoto, Hiroki Ito, Liujie Wu, Yuriko Kobayashi, Javier Mora-Macías, Dagoberto Armenta-Medina, Satoshi Iuchi, Masatomo Kobayashi, Mika Nomoto, et al. High affinity promoter binding of STOP1 is essential for the early aluminum-inducible expression of novel Al resistance genes GDH1 and GDH2 in Arabidopsis. Journal of experimental botany. 2021
  • Ayan Sadhukhan, Raj Kishan Agrahari, Liujie Wu, Toshihiro Watanabe, Yuki Nakano, Sanjib Kumar Panda, Hiroyuki Koyama, Yuriko Kobayashi. Expression genome-wide association study identifies that phosphatidylinositol-derived signalling regulates ALUMINIUM SENSITIVE3 expression under aluminium stress in the shoots of Arabidopsis thaliana. Plant Science. 2021. 302
  • Jay Prakash Awasthi, Kazutaka Kusunoki, Bedabrata Saha, Yuriko Kobayashi, Hiroyuki Koyama, Sanjib Kumar Panda. Comparative RNA-Seq analysis of the root revealed transcriptional regulation system for aluminum tolerance in contrasting indica rice of North East India. Protoplasma. 2020
  • Raj Kishan Agrahari, Yuriko Kobayashi, Pankaj Borgohain, Sanjib Kumar Panda, Hiroyuki Koyama. Aluminum-Specific Upregulation of GmALS3 in the Shoots of Soybeans: A Potential Biomarker for Managing Soybean Production in Acidic Soil Regions. Agronomy. 2020. 10. 9. 1228-1228
  • Yuki Nakano, Kazutaka Kusunoki, Haruka Maruyama, Takuo Enomoto, Mutsutomo Tokizawa, Satoshi Iuchi, Masatomo Kobayashi, Leon V. Kochian, Hiroyuki Koyama, Yuriko Kobayashi. A single-population GWAS identified AtMATE expression level polymorphism caused by promoter variants is associated with variation in aluminum tolerance in a local Arabidopsis population. Plant Direct. 2020. 4. 8
more...
MISC (5):
Books (1):
  • The Molecular Physiology and Regulation of Aluminum Resistance in Higher Plants.
    2015
Lectures and oral presentations  (12):
  • ゲノム・トランスクリプトーム解析から見えた根の酸化ストレス応答とその多様性
    (日本土壌肥料学会2018年度神奈川大会 2018)
  • ゲノムワイド関連解析によってNIP1;1がH2O2感受性バリエーションに関与することが明らかになった
    (日本土壌肥料学会2017年度仙台大会 2017)
  • シロイヌナズナにおけるイオンストレス耐性の自然変異とトランスポーター遺伝子の関連
    (第12回トランスポーター研究会年会 2017)
  • 植物の環境適応戦略と微生物生存戦略の共進化
    (日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会 2015)
  • ゲノムワイド関連解析によるシロイヌナズナの根の成長維持のための塩耐性に重要な遺伝子座の特定
    (日本土壌肥料学会 2015)
more...
Education (2):
  • 2003 - 2006 Gifu University The United Graduate School of Agricultural Science
  • 2001 - 2003 Gifu University The Graduate School of Agriculture
Professional career (1):
  • 博士(農学) (岐阜大学)
Work history (3):
  • 2012 - 2015 Gifu University Faculty of Applied Biological Sciences
  • 2008/04/01 - 2011/03/31 日本学術振興会特別研究員(PD)独立行政法人理化学研究所バイオリソースセンター
  • 2007/04/01 - 2008/03/31 王子製紙株式会社森林資源研究所
Awards (9):
  • 2018/08 - 日本土壌肥料学会2018年度神奈川大会 優秀ポスター賞 AtALMT1 のアルミニウム誘導を制御する転写因子STOP1 内部の調節領域に関する研究
  • 2015/09 - 日本土壌肥料学会2015年度京都大会 優秀ポスター賞 シロイヌナズナのアルミニウム応答する根からのリンゴ酸放出と代謝の関連性に関する研究
  • 2014/09 - 日本土壌肥料学会2014年度東京大会 優秀ポスター賞 シロイヌナズナにおけるアルミニウム及び低pH耐性のゲノムワイド関連解析
  • 2013/09 - 日本土壌肥料学会 2013年名古屋大会 優秀ポスター賞 アルミニウム応答性リンゴ酸トランスポーターALMT1遺伝子の転写制御機構の解析.
  • 2013/05 - 日本光合成学会2013年度大会 優秀ポスター賞 光防御関連遺伝子ELIP2プロモーターに含まれる, 強光, UV-B,低温ストレス応答を統合する制御配列
Show all
Association Membership(s) (3):
JAGLG ,  JSPP ,  JSSSPN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page